--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.03

ドセ+ハーセプチン 最終回!(4クール目)

ついにたどり着きました~(T^T)

一昨日8月1日、ドセ+ハーセプチン4クール目、抗がん剤ラストです!

採血
 ↓
看護師の問診
 ↓
腫瘍内科Dr.の問診・診察
 ↓
化学療法


といういつものスケジュールですが、最後って事でなんとなく気分がちがう~
8月、夏休みだからか、いつもより空いていたみたいです。
待ち時間がちょっと少なく、スムーズでした。

看護師さんも、腫瘍内科のDr.も
終始
いやあ、最後ですね~、今日でおしまいですね~
というモードでした。

副作用のことも、「副作用チェックシート」に記入してあることを一通り話しても、
「ま、あと一回だからね~」みたいな空気で問診室はゆる~りとしています。

看護師さんとの問診時に手術後の放射線や残りのハーセプチン投与のスケジュールについて聞いてみると、
術後3週間程で出される病理の結果が出てからぼちぼち始まるらしいです。


腫瘍内科Dr.の問診。
今日も白血球は5500と問題なっしー
幸い8回の抗がん剤投与、一度も延期することなく投与することができました。

Dr.:「術後、残りのハーセプチンがありますので、まだしばらくお付き合い願いますが、とりあえず一旦ひと区切り、ということで」

はい。ではでは、また。(o・・o)/~
という感じで問診終了。


すぐに化学療法が始まりました。

ドセタキセルの副作用か、浮腫みが出ていて、血管が探しづらくなっているようで、看護師さん、針をさした後で、グリグリと血管を探り出す・・・

そして、
Ns.:「一度抜きますね。」とあっさり。
抜くってことはもう一回刺すんでしょ~、やだな~。と思いつつ
「はい。」と素直に返事してみます。

で、2回目は手首の辺りに
「ここで取りますね」・・・
わたし、FECの最終回の時も手首にルート取ろうとして、やっぱりグリグリ刺してる最中ズキズキしてきて、刺し直した過去があり、ちょっとトラウマなのです。
でも、まあ、その時の看護師さんと違うし、他に刺せるとこがないなら仕方ないか。と思い、されるがままに身を任せていると・・・・

Ns.:「ちょっとチクッとしますね」
はいはい。
チクっ

それで終わったと思ったら・・・
ビリビリビリビリぃいいいいーーー
と手の方にものすごい痛みとシビレがっ!!!
超電流か、スタンガンかって具合です。

「イッターーーーイっ!!」
自分でもびっくりするくらいの絶叫でした~(^_^;)

化学療法室に響き渡り、別の看護師さんがすっ飛んできました

痛みには比較的強いほうだと思うのですが、いや~、今回のは参りました。

看護師さんによると、
手首はいろんな神経や健が通っていて、そこに触れたんだと思います、と。
ぽ:「こんなにビリビリするんですね?」
Ns.:「ヒジとかを強くぶつけると痺れたようにビリビリしたりしますよね?そういう感じです」
なるほど・・・・って、
どこにもぶつけてないのにビリビリの仕打ちを受けたくなかったです

Ns.:「すぐ抜いたので、大丈夫だと思います」って。
いやいや、深~く爪痕を残しましたよ~わたしの中にっ(笑)

本当にびっくりしました

手術が右胸で、術後、右腕に点滴できないので、今まで採血や検査の時も右に針を刺し、術後使う左腕の血管は温存してきたのですが、この日は仕方ないので、左にルート取りました・・・

最後にひと波乱ありましたが、どうにか抗がん剤、終了です!!!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
Comment:6  Trackback:0
2013
07.31

ドセ+ハーセプチン・3クール目まとめ

ドセ+ハーセプチン3クール目投与後3週間。

まとめます。

1週目(7/11~7/17)
関節痛+(7/13.15)→カロナール2錠×1回
関節痛++(7/14)→カロナール2錠×2回
微熱(7/14)37.5°夜には下がる。

2週目(7/18~7/24)
口内炎、左奥の歯茎の腫れ(7/21~22)→口内炎の塗り薬を塗布
手指の皮の乾燥、皮むけ(7/23~)
微熱(7/24)37.2°

3週目(7/25~7/31)
特記するような事はありませんが、疲れやすさが強い。


嘔吐とか、高熱とか、派手な副作用はないのですが、
関節痛とか、皮むけとか、倦怠感とか、地味~な、外見ではわからない、あんまりいたわってもらえない副作用が多数・・・(-。-;ま、いいんですけど。

それにしても、倦怠感というか、疲れやすさがハンパなし。
わたしはいつからこんなに虚弱になっちゃったのかっ!!と情けなくなるくらい、ちょっと動くとシュルシュル~~~とチカラがなくなってしまいます。


ドセ+ハーセプチンが始まってからペリペリむけ始めた足の裏の皮。
一通りむけまして、ツルッとしてます(^-^)
はぁちゃんが「キレ~イ」というくらいツルッとしてきました。

でも、足の甲は色素沈着・・・
そして、最近、浮腫みもかなり気になってきました・・・


と、いう、3クール目でした。
明日はいよいよ最後のドセ+ハーセプチン

最後です。

行ってきます( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:8  Trackback:0
2013
07.25

爪の状況。

昨日から次女きぃちゃんが幼稚園のお泊まり保育で不在です。

大好きなお友達と一緒に寝る約束をしたり、「スイカ割りするんだよ。」「カレーたべるー!!」とすごくウキウキで楽しみにしていました。
昨日の朝、出発する頃には少し雨が降り出していて、お天気はあまり良くないけど・・・
楽しんで帰ってきてくれるといいな。
今日の夕方帰ってきます。


最近の爪の様子です。
image_20130725112244.jpg

image93.jpg

黒と白の縦シマシマ。
横のデコボコのシマシマ。
とにかくシマシマの爪なのです。

どちらのシマシマも右手より左手の爪の方が顕著です。
黒ずみは左手中指がはっきりと2色に分かれています。
写真ではわかりにくいのですが、左手の人差し指の爪が等間隔に凸凹しています。

この凸凹、気づくと触ってしまうのです。
つるつるデコボコが気持ちいい。

今回の爪の副作用で、自分がつるつる凸凹フェチだってことに気づいたのでした~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:4  Trackback:0
2013
07.14

ドセ+ハーセプチン 3クール目。

昨日、7/11、3回目のドセ+ハーセプチン。

 採血
  ↓
看護師の問診
  ↓
乳腺外科主治医の診察
  ↓
腫瘍内科医の問診、診察
  ↓
化学療法

というスケジュール。

採血、看護師さんの問診、といつもどおり進み、
特記するようなこともなく・・・

副作用もなんとかお薬でコントロールするようにってことで。

「あともう少しですね」って言われると、なんだか少し嬉しいです。

その後、主治医の診察へ~
Dr.:「え~っと、あと一回ね。」
ぽ:「はいー。」
Dr.:「MRI、見直してみましたけどね、だいぶ小さくなってたんでね、もっとちっちゃくなってるんじゃないかと期待してます」
と、主治医のメガネがキラっと光りました。(...ような気がした。

あと、少し前から気になっていたことを聞いてみました。
右胸の外側上のしこりがあるところが、ツーンと痛むことがあるのですが、同じような痛みが胸の内側の方にも感じられる時があります。
何かあるのでしょうか??と。

Dr.は画像を見ながら、見る限り何もないですね、というか、内側の方はもう殆ど乳腺がないんです。
神経とかそういったものだと思います。とのこと。
問題なさそうというのは安心なんですが・・・・

「もう乳腺がない」っていうのは女子力がない、っと言われたみたいなモヤっとしたガッカリ感を感じる・・
乙女なワタシ。

あとは今後の予定をいろいろと・・・手術のオリエンテーションや事前の検査などの予定の話を聞きました。

8月30日手術予定は変更なし。
ぽ:「入院は一週間くらいですか?」
Dr.:「そうですね、リンパに転移がなければ、もっと早いですよ。あとは術後の感染症、出血とか肺炎起こしちゃうとか、そういった大きな問題がなければ9月の3日か4日くらいにはもう退院だと思います。」

手術の病理の詳しい結果は術後3週間で出るとのこと。

じゃあ、がんばりましょう、みたいな、いつになくポジティブな空気で主治医の診察を終えました。
これまで殆ど視線が合ったことのない主治医S先生。
今回はなぜかバチバチ目が合って、S先生よほど機嫌が良かったのかな~


次は腫瘍内科の先生の診察です。
Dr.:「副作用は・・ちょこちょこ出てますね~。」

一通りの副作用についての話をして、痛み止めのカロナールを、痛みが出そうになったら早めに服用しているけれど、頻繁に飲んで、効きにくくなるようなことはあるかと聞いてみました。
カロナールはそういうタイプの薬ではないから大丈夫とのことです。(下剤などはそういうタイプのお薬なのだとか)

今日の白血球は6300.他も問題ないので、予定通り投与しましょう。
あとは、次回、最後の抗がん剤なので、それを終えてから主治医の手術オリエンテーションを受けるまでの間にCTとMRIをもう一度撮りましょうということで、その予約を取りました。

先の乳腺外科の医師との話もあわせて、術前のいろいろな検査等の予定がたくさん入ったので、そのへんのスケジュールは次回まとめて記事にしておこうと思います。

腫瘍内科の先生にも
「ぽめさん、あともうちょっとですからね」っと言われました。
そうそう、もうちょっと、もうちょっと

さて、やっと化学療法に辿り着きました。
ここまでで約2時間半。

抗がん剤投与の時の様子は前回の記事にも書きましたが。。。

この日のドセタキセルの時、初回の時のような胸の辺りがキューっと締まるような感じがあって、
またアレルギー反応かっ?!(* ̄□ ̄*;
と、思ったのですが、しばらくするとおさまりました。


全部の過程が終わると16:45ごろ。

またしても幼稚園のお迎えの時間(17:00)に間に合いませんでした・・・・

でも、あともう少しっ!!
がんばれ、わたし。
ごめんなさい、幼稚園の先生方


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:4  Trackback:0
2013
07.11

ドセ+ハーセプチン・2クール目まとめ

ドセ+ハーセプチン2クール目まとめます!

1週目(6/20~6/26)
関節痛、筋肉痛様の痛み(6/23~ 23.24.25はカロナール2錠×1回づつ服用)
手指のこわばり、痒み(6/25~)
胃部不快感・倦怠感(6/26)

2週目(6/27~7/3)
腰・ひざ・ひじ関節・太ももなどの痛み強(6/28→カロナール2錠×1回)
関節痛(6/29→カロナール2錠×2回朝晩)
微熱37.2°(6/29)
倦怠感強く出る。
手指の痒み、荒れ、乾燥、皮むけ。

3週目(7/4~7/10)
倦怠感、手指の痒み、関節・筋肉痛等軽減。


2週目までが痛みや手指の痒み、そして、ずど~んな倦怠感が見られましたが、3週目になると驚きの快調さ。
2週目は手指がかっさかさで、これまでの人生で最高の保湿クリーム使用料。
それが、3週目には人並みレベルの潤いを取り戻し、2週目の皮のむけっぷりの豪快さも影を潜めました。

ただ、1クール目の途中で足の指や裏の皮がむけてきたのですが、今も盛んに脱皮していて、サンダルの季節にはちょっとつらい
痛くも痒くもないのですが、日焼けのあとみたいに皮がむけてます。
水虫と間違われませんよーに

**********************************

昨日、夕方、はぁちゃん無事に宿泊学習から帰ってきました。
飯ごう炊さんのご飯は「かっちかちでありゃご飯じゃないね」だったそうですが、楽しかったと言っています。
よかったよかった。

今日の登校は10:30なのだそうで・・・
わたしと同じくらいの時間に出発するみたいです。

はぁちゃんは学校。
わたしは病院~。

3クール目、行ってきます!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。