--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.29

育ちゆく頭髪報告。

最後のドセタキセル+ハーセプチン(8月1日)から間もなく3ヶ月。

FEC4クール→ドセ+ハーセプチン4クール行う中で、前半のFECが終わってから髪が育ち始め、後半のドセタキセルも脱毛の副作用があるにもかかわらず、どうやらそれ程抜けなかったように感じます。

順調に育ち続けた現在の髪の様子が

201310282257078d0.jpg

約1ヶ月前      
image_20130923232620c38.jpg

約3ヶ月前      
image94.jpg

だいぶ黒くなりました。


後ろからの眺めは

20131028225706c02.jpg現在

image_20130923232622090.jpg約1ヵ月前

image_20130726230819.jpg約3ヶ月前


眉毛も、書かなくてもそんなに気にならないくらいになりました。
「青白い」感じから「青黒い」感じ。
まつげも復活。

とんぼだってオケラだって、
あちこちの毛だって、みんな生きてるんだな~と。


長女はぁちゃんは、伸び始めの頃のわたしの頭をなでながら、
「は~~、きもちいぃ~~一日一回は触ろう」
とか言っていました。
そういえば、はぁちゃんは小さい頃から毛足の短い毛布やぬいぐるみを撫でるのが好きで、赤ちゃんの時はわたしの眉毛をナデナデしながら寝ていました
最近はわたしのアタマを「なんかあんまり気持ちよくなくなってきたーー。ずっとあのままならいいのに~」と言っています。
・・・本気かっ!?


今日はイベントDAY。
次女きぃちゃんはお芋ほり遠足なので、外で簡単に食べやすいようなお弁当を作ったのですが・・・
201310290923432c1.jpg
雨がちょっと降っている・・・
中止かもしれませんね~。最後のお芋掘り、楽しみにしていたのだけど・・・


わたしはいよいよオフ会です。
楽しみです♪
後日ご報告します


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
Comment:8  Trackback:0
2013
10.26

ハーセプチン単独2回目とおまけのエコー

10月24日(木)、ハーセプチン単独投与2回目でした。

予約は11時~12時。
でも、先日、心臓のエコーを撮りそびれた(その時の記事はこちら)ので、10時から超音波の予約が入っていました。

10時前に受付を済ませ、すぐに超音波室へ。
前回、無駄足をさせたので、ということと、このあとハーセプチンの予約が入っているので、一番に呼んでくれました。
エコーはさくさくっと終わって、10時30分位に腫瘍内科の診察室の前へ移動。
そしてここで長い長い長い待ち時間を過ごすこととなるのです

わたしはこの病気の検査や治療、手術のために、系列の病院3ヶ所行っていますが、どこの病院もなかなかシステマチックで、トントン進む印象で、待ち時間はそれほど長く感じません。
まあ、もともとのんべんだらりのんびり屋だと思うし、スマホ一台あれば結構時間がつぶせます。
多少の待ち時間は気になりません。

しかーーし!この日は12時を過ぎても呼ばれません。
繰り返しになりますが、11~12時の予約。
エコーがあったから、10時前には受付を済ませています。
それにハーセプチン単独なので、血液検査もありません。
だから、11時台の患者の中でははじめの方で呼んでもらえると思っていたのに・・・

しかも、ケモ室も大混雑しているようで、ソファーやベッドが空いておらず、1時間くらい待たされる患者さんが続々と外出しています。
なんだなんだ、この混みっぷり。

12時30分くらいにようやく呼ばれ、診察室に入るとおなじみお目々クリクリのクリクリ先生が
「お待たせしちゃってすみません」と。
とにかく最近木曜日が混んでいる。
更にこの日は学会があって、医師が不足している。
とのことでした。

前回もケモ室が満員で30分~1時間待ちでした。
ケモは、3週間ごとの患者さんが多いので、この周期が混んでいるなら、ハーセプチン単独だし、一週ずらします。と、提案しました。
次回(3週後)は、乳腺外科の診察が入っているので、そのままにしますが、その先、同じように混んでいたらずらしましょう、ということになりました。


その後のケモ室は、タイミングが良かったのか、10~15分くらいの待ち時間で受けられました。


前回5万円超えで腰を抜かしたお会計。(記事はこちら
今回は3万円台・・・と思いきや、おっと、エコーがあったので、結局43,350円

ほんと、お金かかりますね~


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:2  Trackback:0
2013
10.24

うれし楽しランチオフ☆

Category: オフ会
先日、ブロ友のhikari。さん、ちゅらりん☆さんとランチしました~

ちゅらりん☆さん、初めましてでしたが、もうずっとブログを通してコミュニケーションを取ってきていたので、ようやくお会いできることが嬉しくて。

そんなわたしをもっと嬉しくさせたのは、ちゅらりん☆さんから頂いたフラワーアレンジ

201310241135510ca.jpg
ステキっ♪
手術が終わったお祝いにって、プレゼントしてくださったのですが。
すごいのは、これ、ちゅらりん☆さんのおうちのお庭に育ってるハーブやお花で作ってきて下さったってこと。
お庭のものをチョチョっと摘んでチャチャっとアレンジしちゃう、なんという女子力
すばらしいです~~~☆
ハーブがいろいろ入っているので、香りもすてき。癒されます。


hikari。さんとは手術前にお会いして、エールを送り合って以来の再会です。
わたしの手術の一週間後にhikari。さんの手術でした。
お互いに、手術、退院、病理報告・・・ひとつひとつ、励まし合って歩んできた気がします。
わたしにとって、大切な、大好きなともだち。
そんなhikari。ちゃんから元気になるプレゼント。

20131024113550f3c.jpg

馬蹄をモチーフにしたアクセサリで、好きなところにくっつけられるようになっています。
画像ではちょっとボケちゃったけど、「馬蹄」は力のシンボルなんだと書いた紙が入ってました。
おしゃれ!
何に付けようかな~。やっぱりスマホとか?
ただいま考え中。

お二人とも、手ブラなわたしに素敵なプレゼントを下さって、申し訳ないけど、すっごく嬉しかったです。

本当に本当にありがとうございます。


しかも今回のランチ、わたしの地元で集合。
これまた恐縮です。

いただいたのはこちらのランチ
201310241135535d0.jpg

エビとアボカドとクレソンのポップオーバーサンド・セット

【スープ+エビとアボカドとクレソンのポップオーバーサンド+デザート】
絶対においしい組み合わせにクレソンをプラス。
野菜たっぷりのヘルシーサンドです。
980円

これにドリンクバーも付いてます。

ナイスCP!

写真ではボリュームたっぷりに見えますが、バンズの部分がポップオーバーというシュークリームの皮みたいな軽い生地なので、重たくなくイケます。
ちなみにお料理の写真の奥の方に写っているのは、ちゅらりん☆さんご注文の「マヒマヒ(お魚)のロコモコ」これも美味しそうでした~


いっぱいドリンクをおかわりして、いろんないろんなお話をして。
楽しい時間はあっという間。

また深まる、お仲間とのつながり。

かけがいがない。

またお会いしましょうね。


オフ会記事up、またしてもわたしがビリでした~~
やっぱりね。


2013102411354983d.jpg

hikari。ちゃん、放射線、がんばろうね!
ちゅらりん☆さん、術前治療、うまくいきますように!応援しています。
また来週!楽しみにしています!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:6  Trackback:0
2013
10.22

家族の反対を振り切って。

先日、25年くらい付き合いのある友人の結婚式でした。

そこで、せっかくのハゲ(?この表現は正しいのかな?)なので、ここはひとつ、普段できない髪型のウィッグなどかぶって行ってやろうと思いまして。
生まれて今までやったことのないスタイルのウィッグをポチッと購入してみました。

こちら。
20131020002550a5a.jpg

ちなみにいつも使っているウィッグはコレ

image4.jpg


ところがこのNEWウィッグが家族にすこぶる不評でした。

はぁちゃん→「なんか・・・女装みたい。」
きぃちゃん→「ぎゃあああ、おネエみたい!!」
だんな→→「コントっぽい。」


言いたい放題の家族の言い草ではありますが、確かに自分で見てもなんか不自然。
・・・なんで??なんでそういう感じになっちゃうんだ???


医療用のウィッグじゃないし、それほど高価じゃないけど、せっかく買ったので、意地でも使ってやる。

「えー、そのヅラで行くの?
「いつものヅラでいいじゃん」
「もう女装にしか見えない」・・・


浴びせられる非情な言葉
完全にアウェイな家庭内の空気の中、少しでも自然に見えるよう前髪を調整してみたり、かぶる深さを調節したり・・・
そして、化粧して、まつげつけて、ドレスを着たら、辛うじてちゃんと女性になりました。
たぶん間違いなく。
かぞくも、最終的に「まぁ、いいんじゃない?」くらいのリアクションになりました。


中学、高校、大学と、腐れ縁。弟みたいな存在のともだち。
奥さん、とても可愛くて素敵な人です。それもそのはず、名前がわたしと同じ。(関係ないか。)
よい人に出会えて、よかったね。
うれしいね。おめでとう。

結婚式、元気に出席できてよかった
ヅラだけど。

幸せな気持ちになりました。
どうもありがと

20131022004355d91.jpg


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:10  Trackback:0
2013
10.22

オフ会参加予定の皆さまへ(追記あり)

Category: オフ会
追記:昨日10月24日までに、参加予定の皆さま全員から連絡を受け取りました。
皆さんご協力ありがとうございます。後日、最終のご連絡をメールで送らせていただきます。
皆さんにお会いできるのをこころから楽しみにしています♡


先日お知らせいたしました10月29日(火)のオフ会参加希望して下さった皆さま。

先週末、詳細のお知らせをメールにてさせていただいております。

内容をご確認の上、メニューのご希望をあさって10月24日までにご返信でお知らせくださいませ~

また、ご不明な点、お気づきの点などありましたら、いつでもご連絡ください。

よろしくお願いいたします☆


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:5  Trackback:0
2013
10.20

この秋の空の下。

Category: 日記
わたしの住んでいる地区は、昨日の土曜日、すご〜く寒かったです。
お日様もほとんど顔を出さないどんより空の下、長女はぁちゃんの小学校で運動会が行われました。
20131020002550a0f.jpg

PTA役員のワタクシ、前日も当日もお手伝いでした。
当日は受付担当だったのですが、この受付の場所がびゅーびゅー風が吹き抜けまくる所で、すっごく寒い。
底冷え。(それは大げさ)

前の週の土曜日は、次女きぃちゃんの幼稚園の運動会だったのですが、その日は何かの陰謀かと思うほどの記録的な暑さでした。
観測史上最も遅い夏日だったとか・・・。

ほどほど陽気の爽やかな秋の運動会をやりたいもんです。
( ̄◇ ̄;)

でも、はぁちゃんの組体操はなんだかじぃ~んとしちゃいました。
この組体操の練習が始まった頃、わたしはまだ術前治療中でした。
その頃は、抗がん剤治療と、毎日をなんとか過ごしていくことに精一杯で、こんなふうに、手術を終えて、暑いだの寒いだのつべこべ言いながら娘たちの運動会をお気楽に眺める日をイメージする余裕はありませんでした。

来年は、はぁちゃんの小学校最後の運動会。
そして、きぃちゃんの小学校最初の運動会。
今は1年後のその日をイメージできます。

運動会の最後はいきものがかりの「いつだって僕らは」という曲に合わせて全校運動。

僕らいつだって目指す場所があんだよ
壊れない「今」をまた踏み出すんだよ そうして僕らはまだ行く




願わくば、来年は爽やかな秋らしい陽気の運動会を希望


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:10  Trackback:0
2013
10.18

しょぼーんに次ぐしょぼーん。

Category: 日記
昨日はなんだかしょぼしょぼな日でした。

まず初めのしょぼんは、
10日後に予定しているオフ会のお店探し。
ここ何日かPCでお店をあちこち検索に次ぐケンサク・・・

人数、時間、駅からの距離、金額などなど・・・条件の合いそうなところに電話していろいろ問い合せたり。
そして、「ここだっ!」ってとこが決まり、いざ予約の電話をかけました。

すると、「1時間ならお取りできます。」だって。

「1時間~~~?
遠方からはるばる来るのに(わたしは全然遠方じゃないけど・・・
病をおしてくるのに(わたしは一応もう病気じゃないけど・・・
そんな私たちが掻き込むように一時間でランチを食べる?
(ヾノ・∀・`)ムリムリ。

てことで、仕方なく諦めて、別のお店に。

それにしても、「その日は先約があって、取れません」の方がすっきりします。
「1時間なら」ってとこがしょぼしょぼ感をUPさせるのです。

ま、ともあれ第一希望じゃないけれど、お店はどうにかこうにか決まりました。

(参加予定の皆様、近日ご案内いたします~


二つ目のしょぼしょぼは
一昨日から我が家で行われている「工事」
わたしの手術の直前、8月の下旬。
購入してまだ1年も経たないのに洗濯機が壊れました。←これもしょぼんですが。
水漏れしまして、保証期間内だったので、無償修理してもらったのですが、漏れた水が、床にしみて、少しボコボコというかベコベコというか、そういう状態になってしまったので、これも洗濯機のメーカーが保証してくれることになりました。
そこで、床の張替えの工事をしたわけです。

もちろん洗濯機やその隣に置いてあった洗面台も移動して結構大かがり。

たった2日とはいえ、
たまる洗濯物。使えない洗面台。入れないお風呂。(脱衣所を工事したので。)
案外ストレス。

昨日で工事完了ということで、すっきり!と思ったのですが。

工事の人が帰って、出かける準備をする為、洗面所の蛇口をひねろうとすると、めっちゃ固く締まっています。
力技でなんとか水を出し、歯磨きして蛇口をしめると・・・
水がちゃんと止まりません。ぎゅ~~~っとまた力技で締めると。
なんとか止まりました・・・と思ったら、蛇口を締めすぎて手がヒリヒリしてるわたしをあざ笑うかの如く
ぽたっぽたっぽたっ・・・と出続けてるのでした

しかも、床も踏むと「ギシギシ」鳴る箇所があるのです。

施工会社に連絡すると、今日見に来てくれることになりましたが。
床のギシギシはもう一回工事し直しかも。
せっかく終わったのに・・・またやるのか~~~?


そして、この日一番のしょぼしょぼは病院で。
昨日は心臓のエコーの予約が入っていました。
15:30~です。
予約を取るとき、腫瘍内科の先生に「時間かかりますか?」と聞きました。
17時に次女きぃちゃんを幼稚園にお迎えに行かなければならないからです。
「15分くらい」と言われたので、多少時間が延びても大丈夫かな。と思い、お願いしました。

ところが、15:30の予約なのに、超音波室に呼ばれたの16:05。
しかも、見習いなのか、若い技師さんが、年上の技師さんから指導を受けながらたどたどしく準備しています。
しかもしかも、モニターが何かの手違いでなんかよくわからないけど設定し直してるみたいな・・・
なかなか検査が始まらないので。

ぽ:「どのくらい時間かかりますか?」
技師:「検査が始まってから30分くらいです。」

(* ̄□ ̄*;・・・
お迎え・・・間に合わん。

ぽ:「5時に幼稚園に迎えに行かないといけないんです」
年上の技師:「(見習いに向かって)じゃ、わたしがやろうか?」

いやいや、そういう問題じゃなく!

ぽ:「もう、いま時点でギリギリなんです・・・

というわけで、検査着に着替えて、超音波室のベッドに寝転んだだけで、なんの検査もせずに帰ってきてしましました。

わたし、何しに行ったのでしょか?
無駄に車で往復約1時間30分。
無駄にガソリンと、駐車場代。

技師さんは申し訳なさそうに何度も謝ってくれたけど・・・
仕方ないですね。

なんだか開き直りました。

こういう日もあるよね~って気持ちになりました。


そして最後のしょぼんは、ここまでして急いで帰ったのに、
幼稚園のお迎えに間に合わなかったことでした・・・


今日はいいことありますように


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





Comment:12  Trackback:0
2013
10.15

感謝して。

前回の記事で、父のガン転移の経過を書かせていただきました。

本当に多くの仲間から、ご自身の経験や、父のことへのアドバイスなど、メッセージをいただいました。
励ましや、いたわりの言葉で溢れたコメントに胸がいっぱいで、涙が出ました。

本当にありがとうございます。


私ぐらいの年齢になると、親が病気だという話はよくあります。
親が亡くなっている、ということも珍しくありません。

そんな中で、わたしの父(72歳)が多発転移の末期ガンということも、受け入れています。


でも、何かというと「じいちゃんの家に行く」と言って、わたしの実家にいそいそと電話して、迎えに来てもらう娘たち。
そんなじいちゃんが、あと数年で死んでしまうかもしれないんだよ。

いっぱい一緒にお風呂に入ったし、一緒に畑に行って野菜も採ったし、プールにも行ったし・・・
そんなじいちゃんは、あと何年かでいなくなるかもしれないんだって。

孫たちを愛おしそうに見る父を思うと、そんな父を頼っているムスメ達を思うと、

・・・なんだか切なくなるのです。

父の病気のことは子ども達には言えないでいます。


苦しいのは、寂しいのは、悲しいのは、残される者なのです。
無念なのは、辛いのは、残し、逝かなくてはならない者なのです。

どちらの苦しさも、少しでも少なくなればいい。



自分が病気になったことで、父の病気や気持ちへの理解も深くなったと思います。

うまく言えないけれど、自分が病気になって、いろんな事を知って、良かったと思います。
そう言う意味でも、わたしは自分が病気になってよかったと思います。

そして、温かい、力強い励ましの言葉をかけてくれる仲間の存在。
これも病気のおかげ。
リア友に、なんの脈絡もなく
「実は父のガンがあっちこっちに転移してさ~」なんて、世間話普通にできないし。
ここに、自分の気持ちの記録として残すことで、みなさんから励みになるアドバイスや経験を聞くことができます。支えてくれる言葉をもらうことができます。


自分のいのちに感謝して。
病気や治療を経験している今に感謝して。
そして、
支えてくれるすべての人たちに感謝して。

父の病気や自分の治療にがっちりしっかり向き合っていきます。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:7  Trackback:0
2013
10.13

父の転移のこと。

Category: 家族のこと。
先日、実家の父にガンの肝臓転移があるらしい、ということが分かりました。
詳しくは→こちら

10月10日、父の診察時に一緒に行きました。
父は総合病院の外科やら内科やらにかかっているのですが、この日は外科だったらしい。

わたしと父、母の3人が診察室に入ると、ここにもいたか、の目が合わない的な30代後半から40代前半くらいの医師がいました。

Dr.:「えーっと、胃ガンが、いろんなところに転移してるんですよ」
ん?いろんなところ?

6年近く前に手術した胃ガンが、肝臓だけでなく、腹膜、リンパ節にも転移しているそうです。

ぽ:「(母からの)今までの話では、腫瘍マーカーなどにこれまで異常はなかったと聞いていたのですが、急にこんなにたくさん出てくることはあるんですか?」

Dr.:「ま、そうですね、腫瘍マーカーは必ずしもアテにならないですから」
そうなのかっ!
腫瘍マーカーで一喜一憂してはいけないのですか!

父は既往症も多いし、多発転移だし、手術は無理です。
選択肢は、抗がん剤か、無治療。

父:「抗がん剤はあんまりやりたくねぇんだよなぁ~」と
なんだかおっさんが近所の飲み屋で愚痴るみたいに言ってました。

医師によると、
健康なら抗がん剤をフルに使えるけれど、父の場合は肝硬変があり、弱い薬しか使えない。
弱い薬だと効かないで副作用だけ強い可能性がある。

Dr.:「薬で(ガンを)消すことはほぼ出来ないですから。奇跡に近いことでも起きない限り。薬は(ガンの進行を)コントロールするだけです。」

母:「薬が効いているかどうかっていうのは検査すればわかるんですか?」

Dr.:「それは評価は難しいでしょうね。副作用が無ければ続けるということしかありません。ただ、肝臓が悪いので、薬の量とか、なかなか難しいところがありますね。肝性脳症も何度も起きてるし、そういう人が薬をやるかっていうのも難しいですね」

肝臓が悪い父は、抗がん剤を服用することで、かえって死期を早めることもあるということらしいです。
医師は、今、元気で過ごせているなら何もしない(無治療)というのも一つの手だというようなことを言っていました。

副作用がなければ、もしくは少なければ、治療して欲しいというのが家族の思いでもありますが、
先生の言うこともそうかもしれないな、と思いました。
本人次第ですが。。。


最後に「先生から見て、今の父の状態は月単位でどうこうという状態ではありませんか?」と聞きました。

Dr.:「月単位ではないけど、1、2年でしょうね。」


1、2年・・・長いのかな、短いのかな?
そういっても、もっと長く生きられるかもしれないし、明日まさかの事故で死んじゃうかもしれない。

みんな同じなんですよね。

医師が言いました。
「人間・・・人間誰でも死ぬんですよ。僕だって死ぬし、あなただって(わたしを指して)死ぬんですよ。
どう死ぬか、なんですよ。」
まったくその通りです

でも、両親と病院で別れてひとりで帰る車の中で、
「1、2年か~」と、ふと考えたら、涙が出ました。


今度、肝臓を見てくれている先生の診察があるそうで、その先生は緩和ケアもやっているそうです。
その診察時も、わたしの都合が合えば一緒に行こうと思っています。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村







Comment:7  Trackback:0
2013
10.12

ランチオフ会 参加希望締め切ります。

Category: オフ会
先日お知らせいたしました10月29日(火)のランチオフ会について、参加希望いただきました皆様。
どうもありがとうございます(^-^)

大変勝手ながら、本日現時点で参加希望を締め切らせていただきます。

思った以上の方にご連絡いただき、わたしもまっちゃんも驚きとともに嬉しい気持ちです。

本当にありがとうございます。


参加希望くださった方々、当日お会いできるのを楽しみにしております。
また、残念ながら今回はご都合がつかなかった方々、またいつかきっと・・・♡



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





Comment:3  Trackback:0
2013
10.11

2013年9月の医療費

Category: 医療費
9月はかなりあっさりの医療費です~。


9月1~2日
入院
20,890円

9月25日
主治医診察 病理結果
1,040円

9月の合計 21,930円
これまでの合計 720,159円



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:2  Trackback:0
2013
10.09

ハーセプチンの会計に腰が抜ける・・・

前回の記事の続きです。

初回ハーセプチンの日、看護師さんの問診で、下着について質問。
今のゆる~いブラであと2ヶ月以上も気ままに放置したらわたしの胸はもう普通のブラ環境に戻れないかも、と思い、放射線が始まるまで、普通のブラの使用OKをいただいたわたし。

次はハーセプチンのお金の話。

ぽ:「ハーセプチン単独になると金額はどのくらいですか?」と聞くと、看護師さんが抗がん剤の料金表みたいなものを出してきてくれました。
それによると、ハーセプチン初回は47,930円。2回目以降は薬の量が減るので、33,600円。
Ns.:「(術前に4回やっているので)今日は、これ(33,600円)に再診料くらいですね。ハーセプチン高いのでね~・・・」
ぽ:「そうなんですよっ!しかもわたし術後の病理でHER2陰性なんですよっ!!でも、しょうがないですけど~~~ぉぉぉ
Ns.:「あ~、そうですよね・・・・陰性になっちゃったですよね・・・

ハーセプチンは高いだけでなく、回数が多いのも負担です。
術前4回、術後14回。
ε=(・д・`*)ハァ…
しかも病理でHER2陰性。。。。(←しつこい)

ま、仕方ないか、とお次はハーセプチン投与で化学療法室。
ところが放射線のみならず、現在、抗がん剤も混んでるようで、ソファーが空くまで1時間ほど待ち、30分間投与して終了。

さて会計です。
出てきた請求額に目がパチパチなりました
¥50,500
あれ?3万台じゃないんですか??
会計の事務の人に薬のことはわからないだろうと思いつつ
「ま、ま、毎回こんなにかかるんですか?」
と聞くと、
「はい、そうですね。」って。
「さ、33,000円位って聞いたんですけど・・・」と言うと
「33,000円・・?そういうのは見たことないです」

5万円を14回。
70万。
えーーーっつ!33,600円じゃないのぉぉぉぉ?

支払いのあと、受付のソファーにヘタリ込みましたよ・・・
領収書とカードの明細をじっと見つめて動けませんでしたよ・・


帰宅後、どうしても腑に落ちず、診療明細書をよく見てみると。
ハーセプチンの量が初回投与量になっている!!
???なぜ??
術前から数えると5回目なのに。

翌日病院に電話で確認したところ、術前のハーセプチンから日が経っているので、今回は初回と同じ量なのだとか。
だから、次回からは減るそうです。

事務の人もあっさり「そうですね」って・・・
わからないならそう言ってくれるか、確認してくれればいいのに・・・
小心者のわたしは翌日まで気になって仕方なかったですよぅ
(>_<)

14回受けるハーセプチンが約1万5千円/回も値段が高くなると思ったらなかなか夜も眠れなかった庶民なわたし。
ほっとしました~~~。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:14  Trackback:0
2013
10.08

術後初回ハーセプチンを受けに行く!!

10月3日(木)
術後初の単独ハーセプチンでした。

ハーセプチン単独投与になると、ドセタキセル+ハーセプチンの時と違い、血液検査はありません。
お久しぶりの腫瘍内科の先生とご対面です。

術前化学療法の時お世話になったかわいいクリクリ目のクリクリ先生が
「お久しぶりです~、手術おつかれさまでした~」と迎えてくれました。

またこれから長いハーセプチンの投与、お世話になります。

ハーセプチンに大きな副作用はありません。
ただ、少し心臓に負担がかかるので、本格投与を始める前に心臓のエコーを撮っておくことになります。
今後、術後14回のハーセプチン投与の間に「息切れ」や「動悸」などの症状が出たときに、現在の心臓のエコーと比較するために検査しておくそうです。
この検査は10月17日にすることになりました。


腫瘍内科の先生の受診が終わると、看護師さんの問診がありました。
術後のこと。
下着(ブラ)のことを聞いてみました。
術後、次の診察までは授乳用の柔らかくて締め付けのないもの
こういうもの
image_20130826220531e25.jpg
を使うように言われました。

放射線治療の間も、皮膚に負担をかけないよう、また、マーキングのインクが付いてもいいように、同様のブラを使うとよいと言われました。

しかし!術後の受診も終わり、放射線治療まではまだ1ヵ月くらいあります。
いくら術後とはいえ、ず~~~っとこのままゆる~い下着でいいのかっ!?
と不安になりました。
放射線治療が始まるまで、もうそろそろ「キリッ」とさせておいた方がよいのではないかと。

ぽ:「もう普通の下着をつけてもいいんですか?」
Ns.:「通常放射線が終わるまでは胸帯にしてください、と言ってるんですが・・・放射線まで時間が空きますもんね~。胸帯では違和感がありますか?」
ぽ:「いえ、違和感はないんですけど・・・・このまま胸をゆる~く野放しにするのはどうかと思いまして・・・」
Ns.:「あはははははは・・そうですね~、傷が痛んだりしなければ放射線が始まるまで普通の下着を使ってもいいですよ」

というわけで、ゆるゆるな胸部環境をちょっと通常に戻してみようと思います。


術後ハーセプチンのお話、長くなりそうなので、続きます~~~すみません

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2013
10.07

いきなりランチオフ会企画のご案内。(追記あり)

Category: オフ会
追記:こちらのランチオフ会の参加希望は締め切らせていただきました。
ありがとうございました。




今日、ブロ友のまっちゃんからお電話をいただきまっした。

わたしの術前抗がん剤が始まる前から、
術前化学療法中、手術時、
いつもコメントや拍手、メール、電話で明るく「応援してるよ」と声をかけてくれたブロ友さんです。

わたしの放射線治療のことや術後の状態を気にかけてお電話くれました。

そこで、わたしの手術も終わったし、一度会いたいねってことになりました。
これまで、コメントや電話などでコンタクトをとっていましたが、まっちゃんとお会いするのは初めて!

そして、せっかく新幹線でやってきてくれるまっちゃん。
もっとたくさんの仲間に会えたら嬉しいね、ってことになりました。

で、いきなりランチオフ会企画です。

予定は来る10月29日(火)
新横浜駅周辺 11:30ごろ集合
となっています。

お馴染みの方も、初めましての方も。
人見知りの方も、人懐っこい方も。

気が向いたら鍵コメかメールフォームにご連絡いただければこれ幸い

まっちゃんのこちらの記事でもご案内していますので、まっちゃんの方に連絡してくださっても(・∀・)オッケー!です。

よかったらお会いして、ごはん食べましょう~♪

それにしても・・今日はかけてきてくれた電話に
ついつい楽しくて、長話してしまって、ごめんね、まっちゃん


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:13  Trackback:0
2013
10.04

放射線治療!が、始まらない。

Category: 放射線治療
去る10月1日(火)、乳腺のクリニックが付属している大学病院の放射線科を受診しました。
手術後、早いもので、もう1ヶ月が過ぎました。いよいよ次の治療です!

受付をすると、放射線科に案内され、名前を呼ばれて診察室に入ると、女性の先生が座っていました。
これまたキレイかわいい先生です。

わたしが主に治療、診察を受けているクリニック、手術した病院、放射線を受ける病院。全部違う病院ですが、全部系列病院です。
それぞれの病院で、たまたま女性の担当医がいます。
腫瘍内科、手術の時、そして今回の放射線科。
それがどの先生をとってもキレイ、かわいい。。
この系列病院の女医の採用には写真審査があるのか。
しかもハキハキして優しく好印象。

その分、男性医師達はツッコミどころ満載ですが、これまでも度々触れてきたので、ここではそっとしておきましょう

放射線科の先生は達筆な字で、放射線治療の目的や合併症、副作用について紙に書いて話してくれました。
目的は、当然「乳がんの再発予防」です。
温存術後、放射線を照射しない場合の5年再発率は20~30%。
照射した場合は2~10%なのだそうです。

わたしの照射回数は25回の予定。

合併症はなんといっても必発の「皮膚炎」日焼けのようなもの。
あとは稀に放射性肺炎。重篤なものは1~2%。咳、息切れ、熱、呼吸苦などが見られるとのこと。
厄介なのは、照射期間中ではなく、治療後数ヶ月~半年後くらいに起きるということだそうです。
普通の風邪と間違えちゃいそうですね。
そのほか、肋骨が折れやすくなる、とか疲労や眠気などが出る場合もありますよ。ということらしいです。

でも、わたしは合併症より毎日通うってことが今はちょっと心配~



そして、さあいよいよ「治療計画日」(マーキングやCT,レントゲンを行う日)を決めて、照射開始しようじゃありませんかっ!!

Dr.:「治療計画日ですが、一番早くて10月31日になります。」
ぽ:「・・・・
今日は10月1日です。
一番早くて30日後・・・・うーーん。
世の中放射線浴びる患者さん、多いんですね。
混んでいるようだとは聞いていましたが・・・。
放射線治療をやってる病院自体も少ないのですかね。

ここで、「早くやらせてくれっ!」と駄々をこねてもしょうがないので、待ちますけどね。
照射開始は11月5日~ということになりました。

なんだか「放射線をやる気」の着地点が見つからないまま、病院を後にしました。

10月は毎日通院忙しいぞぅ、がんばるぞぅ、と思っていたので、しゅるるっる~~という感じです。

そしてお会計、「210円」。
カードで払う気だったわたしは、またしゅるるる~。まあ、高いより有難いのですけれど。
さすがに現金で払いました。
駐車場代(300円)の方が高かったです

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:8  Trackback:0
2013
10.03

手術、行ってらっしゃい!ランチオフ。

Category: オフ会
昨日、手術を受けたブロ友なろんちゃん。

先週、手術の前に「がんばれ!いってらっしゃ!」の気持ちを伝えようと、オフランチしてきました。

術前化学療法がよく効いて、画像では殆どガンが見えなくなっているというなろんちゃん。
手術を前にしてもとても明るく、お茶目な様子で安心しました~。
術前に食べたいものを食べて元気出していこう!ってことで、行ったお店はこちら

ハンバーグジューシーでした!アボカドディップにレッドペッパーがきいてて大人のハンバーグでした♪
20131003095241e5e.jpg

わたしの病理結果を喜んでくれて、手術前のなろんちゃんなのに、わたしの方が励まされました。

ランチのあとはウィンドーショッピングしながらいろんなお話をして、
お茶でもしよう、となったのですが、週末昼下がりの渋谷のカフェはいたるところ大混雑・・・
どこに行っても並んでました
「カフェ難民だわ~。」

難民2人、しばしさまよい、たどり着いたお店でルイボスティーでほっこり。
2013100309524303c.jpg


おみやげにもらったクッキー、はぁちゃんがぺろっと食べちゃった。
20131003095244863.jpg

病気の話、手術の話、病気の話じゃない話・・・明るいトークに明るい笑顔。
前向きななろんちゃん。
わたしの手術の前にも、たくさん元気をくれました。
この日も父のガンの転移を知って、少しブルーなわたしだったけれど、またまた元気をもらいました。
ありがとうなろんちゃん☆

昨日の手術、メガトン級の元気玉送っときました。

今頃、悪いモノ取って休んでいるかな。
痛みは、どうかな?
さっきなろんちゃんのブログをのぞいたら、手術終了の報告記事がUPされてました。
なろんちゃんらしい明るい調子で。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2013
10.01

転移の知らせ*2

Category: 家族のこと。
前回の記事の続きになります。


わたしのガンの病理結果を知らせる実家への電話で、実父のガンの転移を知りました。

父の胃にガンが見つかったのは5年半くらい前です。
胃の2/3を切除する手術を受けました。

父は還暦を迎える頃から、ぼちぼちといろんなところに体の不具合がありました。

十二指腸にたくさんの腫瘍が見つかり(良性ですが)、取る手術をしたり。
胆石で胆のうを取る手術をしたり。
肝硬変で肝臓の機能はだいぶ下がっています。
ちょっとした体調の悪さやちょっとした入院もしょっちゅうありました。
胆のうの手術をした後には、「肝性脳症」という意識障害を起こし、
病院で「認知症」とすっとこどっこいな誤診をされ、わたしも母も、父本人もうろたえまくるという、てんやわんやもありました。


そんなこんなで、定期的にいろんな検査を欠かせない父です。
わたしの温存手術の前日、「CTの検査がある」と言っていました。

その検査で、どうやら肝臓に胃ガンの転移がある様だとの所見があったのです。

でも、わたしの病理結果が出るまで、わたしには伝えないでおこうと考えていたようです。

この歳になっても親に気を遣わせてる。なんだか辛い気持ちになりました。

母の気持ちを考えると、本当に胸が痛くなります。

わたしは自分の病気がわかった時、思った以上に冷静で、ショックも少なかった気がします。
同時に、自分で良かった、とも思いました。
家族がガンになるより、自分で良かった、と。

母は、娘を失っています。わたしの妹です。(妹についてはこちらの記事
夫であるわたしの父も病気が絶えず、いつも気を配っています。

わたしは、そんな母にとって頼れる存在でいたかったのです。
なのに、わたしまで病気になってしまって、母は、自分が病気になるよりずっと辛いのだろうと思います。

父の胃がんが術後5年を過ぎ、少し安心していた矢先に転移が見つかりました。

わたしが両親に出来ることはなんだろう・・・

自分の病気が分かってからは、正直、わたしは自分とダンナとムスメ達のことでいっぱいいっぱいでした。

まだ治療は続くけれど、わたしのガンはもう取ってしまったわけだし。
これからの父の治療はどうなるか、主治医との次の診察で相談するようです。

これから母のちからになっていきたいと思います。
父の元気になっていきたいと思います。


歳を重ねると、体に不具合が出ることは多くあります。
支えられる家族でありたいと思います。

***********************************

明日は、ブロ友のなろんちゃんの手術です。

なろんちゃん、いっぱいがんばったもんね。
術前化学療法でガンも消えているんだから。
明日は目一杯の元気玉、送ります。

きっと大丈夫。
いってらっしゃい!!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:8  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。