--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
11.30

放射線15~19回・治療後が不安?

Category: 放射線治療
放射線治療も半分を過ぎ、今週は19回まで終わりました。

滞りなく、進んでいます。

18回目の治療を受けた11月28日(木)、週に1度の診察の日でした。

放射線科のお嬢先生、
「18回ってことで、あと7回、カウントダウンに入ってきましたね。」


そうか~あと7回か~・・・
なんだかまだピンと来ない回数だなっていうのが。

もうすぐ終わるって感じもしないけど、遠く感じる回数でもないですね。



Dr.:「肌のかゆみとか痛みはどうですか?」
ぽ:「時折ピリピリ感じることもありますが、気になるほどではありません」
Dr.:「治療が終わって、一週間や10日くらい経つと炎症が起きたり、日焼けの後みたいにポロポロ皮がむけてきたりすることが出てくるんです。」
ぽ:「えっ?治療中より終わったあとの方が副作用が出るんですか?」
Dr.:「そうですね、治療が終わってから肌のトラブルが出る方は多いです」

え~~~、そうなの!?
治療中の今、あまり皮膚トラブルもなくて、安心していたのですが、治療後に出てくるものなのかな~??

ちょっと心配です。



今週の治療室のBGMはこれまでと違ったパターンでした。
月、火は全部福山雅治の曲でした。
おや?福山特集か!?と思ったら、
水、木、金はなんとオフコース大特集。

いったいどんなシステムで流れているんだろうか?

来週もがんばって放射線行きま~す。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
11.28

父、終活か?

Category: 家族のこと。
前回の記事で父の胃がん転移の経過を書かせていただきました。

ついでと言ってはナンですが、父のことを記しておきたいと思います。


父は、いわゆる「職人」です。
自営業で、わたしが小さい頃は自宅とは別に工場を借りて仕事をしていたのですが、小学校高学年になる頃、引っ越して、自宅に工場がくっつきました。

とにかく職人気質で、口下手で、営業なんて出来ない父ですが、当時の上り調子の景気や口コミで、仕事は途切れることなく入っていたようです。

個人経営の小さな工場ですが、父にとっては大事な場所だったと思います。


数年前から入退院を繰り返すようになり、受注した仕事がうまくこなせなくなる事が多くなりました。

工場は開店休業状態になりました。


母は工場を閉めて、リフォームしたい、とこぼしていました。

でも、父はなかなか首を縦にはふらず、工場で木を削って(木を扱う仕事なので)、わたしにまな板を作って来たり、木製ベンチを作ってきたりしていました


そんな父が、先月のガン転移の告知後、重い腰を上げ、工場を整理し始めました。
仕事の道具は知人や親戚にゆずり、工場の機械類はすべて処分したようです。

これといった趣味もない父にとって、仕事場がいちばん落ち着く場所だったのではないかと思います。

小さな工場ですが、片付いてガランとするとなんだか随分広く、寒く感じます。
この光景が父の目にはどう映るのか。
何十年もそこでモノを作り、過ごしてきた父にしか分かりません。

この寒い空間を、落ち着ける暖かな場所に変えて、これからの日々を過ごして欲しいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:4  Trackback:0
2013
11.26

父、内科へ行く。穏やかに叱られる。

Category: 家族のこと。
胃がんの多発転移が見つかった父。
少し記録しておこうと思います。

先月、外科の医師の診察に付き添いましたが、(その時の記事はこちら)同じ月の末、内科の医師の診察があり、その時にも一緒に行きました。この日は時間が遅かったので、きぃちゃんも一緒でした。

えらく待ち時間の長い先生だとのことだったのですが、その前評判に違わず、16:30~17:00という予約が、診察室に呼ばれたのは18:15くらいでした。

診察室の前には「肝臓内科」と書いてあります。
肝臓内科という診療科目があるんですね。初めて見ました。

中に入ると、診察の前に行った血液検査の結果を見ながら、ドクターが
「ちょっと黄疸の値が高いんですよね」と穏やかに言いました。
GOT、GPTの値も高いと出ています。
肝臓の状態があまり良くないようです。

ぽ:「(お酒)飲みました?」と、父に聞く。

父は昔からお酒が大好き。毎晩晩酌する派でした。

肝臓が悪くなって、母もチクチク釘を刺していましたが、なかなか止めませんでしたが。
さすがに毎晩晩酌から休肝日をとるようになり、最近は殆ど飲まなくなったようですが、週末や、外食時は飲んじゃってるみたいでした。

Dr.:「アルコール、飲みました?」
父:「いや・・」
母:「土曜日に、ちょっと飲みました」(この日は火曜日)
父:「あー、ビール一本くらい~飲んだかな」
こらこら。

Dr.:「そういうことすると~、なりますね。もう飲めませんからね。飲むとね~、死んじゃいますよ。やめた方がいいですよ~」と、穏やかに諭す穏やか先生。
父:「あら~~
あら~じゃないでしょ。

なんだか会話の中身と、やりとりの軽さのアンバランスさに笑ってしましそうでした。

ここでわたしのスマホをいじっていたきぃちゃんが、
「今、死んじゃうって聞いてびっくりしたっ」と会話に乱入。

母:「聞いてないようで聞いてんだね」
きぃ:「もちろん。耳もあるし。」
そういうこと?
Dr.:「そうだよね~、ちゃんと聴いてるよね。今度おじいちゃんにちゃんと言ってね~、お酒飲んだら死んじゃうからダメだよって。」先生穏やかに言いました。
きぃ:「はぁい。」と良いお返事。

その後、横になってお腹などを診てもらい、とにかく肝臓に関する値以外は以前と比べて大きく変わっていません。と、変わらぬ穏やかさで先生は言いました。


ぽ:「以前の胃がんの転移が、肝臓やリンパ、腹膜にあるようなのですが、今後どうでしょう?」
Dr.:「転移がある・・・あ~、あるのか~。どっちみちね、こういう(状態の悪い)肝臓でね、手術はできないし、抗がん剤もね、使えば肝臓が潰れてしまうから。様子見るしかしょうがないです。」
検査で経過を見ていくしかないのだけれど、検査して大きさを見たところでどうすることも出来ないのです。
と、いうことを穏やかに言ってました。

穏やか先生は「なんというか~・・」と、少し言葉を選びながら、
「今は、普通に生活していくのが精一杯という状況でね、手術とかは無理があります。
抗がん剤もね、やればたちどころに効く、とかならいいのだけど、そういうシロモノでもないんだよね。ちょっと小さくなったかどうか、というところなんです。抗がん剤がよく効く病気もあるんだけど(・・・はい、よく知ってます・・・)胃がんとかお腹のガンって効きづらいんだよね。」

ぽ:「無治療というのが一番の選択肢なのでしょうかね」
Dr.:「そうだね、わたしは今のぽめ父さんの状態だったら、日々の生活をなるべく普通に送れるようにするってことの方が大事だと思います。どっちかっていうとアンモニアを上げないことのほうが大事ですね。これが上がってしまうと、また具合が悪くなってしまって、生活が成り立たなくなってしまいますからね。」

「アンモニア」とは「血中アンモニア」のことで、父は過去にこれが高くなって、何度か意識障害などをおこし、家族みんなエライ目に合っています。


そんなわけで、どうにもこうにも「手の打ちようがない」というところのようです。

肝臓がやられちゃってるのは本人の不摂生によるところも多分にあるので、仕方ないのですよ。
若い頃は「酒で死ぬなら本望だっ」って豪語していたらしいし

今後は孫にあまり心配をかけないように過ごして欲しいものです・・・
(`・ω・´)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:6  Trackback:0
2013
11.24

放射線13・14回目・折り返し!

Category: 放射線治療
11月21日(木)放射線13回目。

全25回の予定の放射線治療も折り返しです。
「半分を過ぎたので、確認のためのレントゲンをとります」ということで、照射の後、そのままの姿勢で、レントゲンを撮りました。

この日のBGMはまさかの今週2度目となる「空も飛べるはず」byスピッツ。


11月22日(金)放射線14回目

翌週の予約取りでした。今回も希望通り予約が取れました。

照射が終わると、週に一度の放射線科医師の診察がありました。

おなじみお嬢先生。今日も品が良い。
Dr.:「半分過ぎましたけど、肌の状態はどうですか?」
ぽ:「特に気になることはありません。」

本当にわたしのお肌、がんばっています。
もともと肌が弱くて、冬になると手指や足のかかとがCMでよく見る、絵に書いたような「パックリ割れ」に襲われるわたし。
ズボラな性格とは打って変わってデリケートなお肌の持ち主・・・と思っていたのですが。
放射線のダメージもすぐ出てくるのではないかと構えていたのですが、今のところ目立ったダメージはなく、痒みや痛みもそれ程ありません。
4門照射効果もあるのかもしれませんね~。

でも、ドクターに見せると、「やっぱり少し色が(健側と)違いますね」と言っていました。
そう言われてみれば、少し黒っぽくなってるかな~という感じです。

照射部分が乾燥してくると、「ヒルドイドソフト」という軟膏が処方されるそうです。
この軟膏、ワタクシとても馴染みがあります。
手荒れのため皮膚科を受診するたびに処方されているので、常に家にあります。
Dr.:「じゃあ、もしカサカサしてきたりしたら、それを使ってください。線(マーキング)が消えないように線を避けて塗ってくださいね。難しいかもしれないですけど


ともあれあと半分。
来週もがんばっていきましょ~。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:8  Trackback:0
2013
11.21

放射線10・11・12回目

Category: 放射線治療
11月18日(月)放射線10回目。

そろそろ皮膚にダメージが!?の10回目ですが、特に目に見える変化はありません。
時折「ピリピリ」するような感覚が脇の下あたりに感じるのは、放射線の影響かどうかはわかりません。

この日の放射線治療室のBGMは
スピッツ「空も飛べるはず」。

わたしは、スピッツが好きです。
何年も前から「死ぬ前に一度はライブに行きたい」と、本気と冗談を半分ずつな感じで言っていました。

病気になった時にはいよいよライブ行かなければ、と思ったりしました。
ちゃんちゃら可笑しいわ(by 鈴鹿ひろ美)

空も飛べるはず。
「白線流し」が懐かしいです。
酒井○紀さんのセーラー服姿がめちゃめちゃ可愛かったです。

なんだかひとりでいろんな想いにふけった月曜日の治療でしたが、
会計のとき、現実に戻されました~~~

通っている病院はATMみたいな機械で自分で会計するのですが、いつものようにクレジットカードを入れると
「このカードは利用できません」みたいなメッセージ。

ついに限度額を超えたようです・・・
(と、言っても、元々の限度額がイチバン低くしてあるのですが。)

今月はハーセプチンもあったし、初回の放射線の時は数万円かかってるし。

ホントに治療費容赦なし。

この日から別のクレジットカードを使っています。

元来クレジットカードはあまり好きじゃなかったのですが、こうなると、2~3枚作っておいてよかったと思うようになりました。


11月19日(火)
この日のBGMは
スキマスイッチ「藍」
これまであまり気にしなかったけど、いい曲だな~と思いました。

なんだか、いろんな葛藤もあるし、投げやりややさぐれた気持ちになったって、やっぱり前へ行きたいって思う、
それが人間なんじゃん?
て、思わされる曲でした。

11月20日(水)
この日はなんだか位置決めがうまくいかず、
技師さんが「ちょっと、一度仕切り直しましょう」と、一度起き上がったりカラダをずらしたりして結構時間がかかりました。

で、BGMは、
ポルノグラフィティ「愛が呼ぶほうへ」

こうなってくると、治療室のBGMに「男性ユニット」「男性バンド」の楽曲が多いことが気になってきたワタシ。

個人的には好きな感じの曲が多いので、基本的に嬉しいです。
そして毎日楽しみです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:6  Trackback:0
2013
11.19

すぐそばに。

先週のことですが。

次女きぃちゃんの幼稚園の保護者会がありました。

その時、きぃちゃんとは違うクラスのあるお友達のママに声をかけられました。

「あのさ、ぽめさんが体調悪いのって、わたしと同じ病気かな?」と。


実はわたしもそう思っていました。

彼女のお子さんときぃちゃんは、年少の時同じクラスでした。
年中になって別のクラスになり、親子遠足や参観などに、ママの姿がなく、「入院しているらしい」と聞いていました。

数ヵ月後、彼女はまた幼稚園行事に参加する姿が見られるようになりました。
わたしが見かけるのはいつもマスクに帽子をかぶったショートカットの姿でした。
その時期は冬だったので、マスクも帽子も不自然ではなかったのですが、以前はいつも可愛らしいおダンゴヘアが印象的なママだったので、「あれあれ??」となんとなく気になっていました。

その後、気になる様子を見かけながらも、「やっぱりどこか具合が悪いのかな」と思う程度で、あいさつを交わすくらいのお付き合いが続きました。



でも、わたしは自分が病気になってから、気になっていた彼女の色々な様子に
「ああ、もしかしたら、そうだったのかも。」と、
一気に合点がいったというか・・・

それからというもの、彼女のマスク姿も当然、と思うようになり、ベリーショートにヘアバンド、というスタイルに変わったときは、脱ヅラか~と思ったり。
ずっと気になっていました。


そんな彼女から
「同じ病気?」と声をかけられました。

「そうかな?って、わたしは思ってるんだけど。」と返すと、
「連絡先教えて~、ゆっくり話そう。」と言ってくれました。
彼女とは、部位は違いましたが、同じような病気でした。


何度かメールを交わす中で、彼女もわたしのことを気にかけていてくれたこと、そのきっかけは他のママ達から
「ぽめさん、顔色悪くて、調子悪いみたいだ」と聞いていたからだということを知りました。

ほんと、自分では普段と変わらないつもりだったのですが・・・様子の変化に気づいているママ達もたくさんいるんだな~。
まだまだ修行が足りませんね~~~

彼女の方が患者として先輩で、
「もっと早く連絡取り合えればよかった」「話を聞いてあげられると思っていた」とメールをくれました。
彼女とは今度初めてランチしようと約束しました。

すぐそばに、仲間がいました。

病気の性質上、なんだかお互い探り探りひょっとして、もしかして、がんですか~~~??って感じで近づいて行き、かなり遠回りになっちゃうのが、もどかしいような、笑っちゃうような。


彼女とのランチの際には脱ヅラのタイミングについてご意見を求めよう!!と思います。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:6  Trackback:0
2013
11.18

休日のはじめましてランチオフ♪

Category: オフ会
放射線治療の合間の休日。

会いたかったブロ友さんとはじめましてランチ♪
6_augさんと待ち合わせ。

はじめましてのオフ会は、やっぱりいつもドキドキしますね。

ただいま術前化学療法真っ盛りの6_augさん、体調はどうかな~と心配でしたが、明るい笑顔でご挨拶。
血管痛が辛いみたいでしたが、今のところ順調に治療が進んでいるようです。

治療をがんばっている6_augさん、何が食べたい??と聞いてみると、わたしの先日のオフ会の記事を読んでいて、その時のお店に行ってみたいって言ってくれました。

その時わたしが頂いたランチコースを6_augさんがチョイス。
わたしは別のメニューにしました。
三浦産のゴロゴロ野菜いっぱいのグラタン、ナスや人参さつまいも、とっても甘くて美味しかったです

20131118203735510.jpg

ランチの時間に行ったのに、お店を出たのは夕日が沈む頃でした。

6_augさんは3人のお子さんのママです。
まだ小さなお子さんたちの話にとてもとてもほっこりしました。
お子さん達の為にも、がんばって、元気になりましょうね

とても楽しくてお茶目な6_augさんといっぱいお話して、いっぱい笑って、免疫UPしました!どうもありがとう


6_augさんは、随分以前から日常を綴ったブログをお持ちだったようです。
わたしは病気になってからの記事で拝見するようになり、コメントをやり取りさせていただき、出会うことができました。
病気になっていなかったら、それまでいかなるブログにもノータッチだったわたしは6_augさんのブログに出会うことはなかったでしょう。
本当に、ご縁ってすごいな~、と思います。


ご近所の商店街で見つけたからと、めずらしいかりんとうをいただきました。
20131118203735567.jpg
お芋の焼きかりんとう。油で揚げていないし、一口サイズで食べやすいので、止まらなくなります
おいしかったです!ごちそうさまでした~♪

日曜日に、長~い時間、楽しい時をありがとうございました!
またお会いしましょうね


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2013
11.17

放射線9回目・同士のみなさんこんにちは。

Category: 放射線治療
11月15日(金)、恒例、翌週の放射線予約を入れる日。

前の週の金曜日より病院到着が遅くなってしまい、「希望の時間に予約が取れないかも~~~」と思いましたが、すべて希望通り

そういえば、最近、放射線の待ちスペース、少し空いてきたような気がします。
ラッキー

この日、同じ日に手術を受けたお仲間2人に時間差でお会いしました。
同じ病院、同じ主治医でも、案外通院のタイミングが合わなかったり、曜日が違ったりして会わないものです。
でも、お二人のうち、一人の方は放射線の予約時間が殆ど同じで、放射線が始まってからはよくお会いするようになりました。
この方は、とてもデリケートな方で、「ストレスを感じやすい」タイプなのだそうです。
そのせいで、術後も、放射線治療が不安で十二指腸潰瘍になられたとか・・・
何かとお気楽なわたしの気質をちょっとお分けしたい。

もうひとりの方は放射線でお会いするのは初めて。
とてもお元気そうでしたが、彼女はHER2陰性でハーセプチンをやっていないので、主治医から「ホルモンGO!」が出たらしく、すでにホルモン治療を始めていました。

「ホトフラっぽい感じがあるし、なんだか肌もカサカサ、髪もパサパサになった気がするわ~~~」と元気に言っていました

今度みんなでランチでもしたいね、と言って別れました。


みんな、それぞれ、がんばっています


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:2  Trackback:0
2013
11.16

ハーセプチン単独3回目&放射線8回目

一昨日、11月14日(木)は午前中ハーセプチン単独3回目(通算7回目)の投与、午後は放射線8回目でした。

わたしは、乳腺外科の受診と抗がん剤は元々かかっているクリニックで受けます。
放射線は系列の大学病院で受けています。

そんなわけで、一昨日は2ヶ所の病院をはしごする日でした。

ハーセプチンを受けに行ったクリニックでは、入口を入るといきなり
こんなどーーん!

201311152206542b2.jpg

いや~、年末ですね~、もうすぐ師走ですね~、クリスマスですね~
今年、新年の訪れとともに始まったわたしの闘病。
いや~、濃密な2013年。
そんなわたしのセンチメンタルにもお構いなしに去年と同じように11月が来て、12月が来て、クリスマスが来るのです。


さて、クリスマスはともかく、とりあえず目の前の治療に進みます。
この日は、
腫瘍内科のDr.の診察
 ↓
乳腺外科のDr.の診察
 ↓
ハーセプチン投与
でした。


乳腺外科の先生は、術後病理の結果を伝えられた9月25日に、11月14日には既に放射線治療が終わっていると見越して、受診予約を入れていたようですが・・・
Dr.:「あー、まだ放射線終わってないんだよね~??まだ始まって何回か、って感じだよね?」
ぽ:「そーです、はい。そーなんです。1ヶ月待たされましたっ・゜・(ノД`)・゜・」
Dr.:「じゃあ、来月、放射線が終わってからホルモン治療の話をしましょう。今はハーセプチンもやっているし、あれもこれもっていうのも大変だからね。」
ぽ:「ホルモンの受容が90%あるし、やはりホルモン治療はやった方がいいんですよね?」
この期に及んでまだちょっと潔くないワタシ
Dr.:「そうだね、ホルモンが効くタイプのガンが残っていたからね。ホルモン療法はやった方がいいでしょうね。」
そうですよね~、そうだよな~。

わたしが受けたのは温存手術なので、放射線は必須として。
どうも、「もう体から取り去ってしまったモノ」の結果で、なが~いなが~いホルモン治療とか、術後病理でHER2陰性なのに高~い高~いハーセプチンを何度も点滴する、という不条理感が如何ともし難いのです。
納得していないわけじゃないのですが・・・・
ちょっと、複雑です。
40を過ぎて惑ってばかりの今日この頃
ま、いっか。(と、結局またテキトーさでカバーするのでした。

乳腺外科の診察が終わると、今日は待つことなく、すぐにハーセプチンが始まりました。
点滴は30分で終了。

思いの外早く終わり、午後の放射線までだいぶ時間が空いてしまいました~。


この日の放射線治療室のBGMは
山崎まさよしの「One more time, One more chance」
この曲は地元の地名が入っていて、なんとな~く親しみを感じちゃう。
それに、この曲って、わたしの中では景色は冬、クリスマス前後のイメージなので、個人的にいい感じです。
(あくまでも個人的な主観~~)。

そして放射線治療後、、この日は、放射線科のお嬢先生の診察もありました。
まあ、まだ目立った変化もなかったので、特別な話はありませんでしたが・・・

それにしても、この日は腫瘍内科、乳腺外科、放射線科・・と、ドクターにいっぱい会った一日でした。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村







Comment:6  Trackback:0
2013
11.14

放射線7回目・冷えますね。

Category: 放射線治療
昨日の治療室のBGMはクリスマスソングメドレーみたいなのが流れていました。

英語なのですが、日本人が歌ってるっぽかったです。


昨日は日差しは明るかったけれど、風が冷たくて「師走の寒さ」だったらしいです。
先月後半くらいから、おハゲが寒いです。
夏はどうにもヅラどころかケア帽子だけでも暑くて耐えられなかったものですが、今は家でヅラを外すと即座に帽子を探します。
アタマが寒い。

「男の人ってこんなにアタマ寒いんだね」とダンナに言うと、
「男に言わせれば、女の人の冬のスカートの方がよっぽど寒い」とダンナが言ってました。
・・・なるほど。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:14  Trackback:0
2013
11.13

放射線5&6回目・のしかかる300円・・・

Category: 放射線治療
治療室のBGMは中山美穂&WANDS「世界中の誰よりきっと」古いっ!
週明けの月曜日。
マーキングは案外無事でした。
薄いところは線を書き足しました。

火曜日は放射線治療6回目にして初めて線を書き足さなかったです。
BGMは福山雅治の曲だったけれど、タイトルはわからなかったです。


わたしが放射線を受けに通っている大学病院の駐車場は、駐車料金3時間まで300円。
たかが300円、されど300円。
何だかんだと30回くらい通うと、駐車料金だけで、一万円くらいかかります
かと言って、とても自転車で通える距離じゃないし。

乳腺外科のクリニックは駐車場がなく、すぐ近くのコインパーキングに止めるのですが、病院に割引サービスはなく、薬局で少し安くチケットが買えるのですが、それでも一回500円かかります。

治療費以外にもいろいろお金かかりまね~。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





Comment:2  Trackback:0
2013
11.11

何ブレインか?

次女きぃちゃんが以前から観たがっていた女の子TVアニメの映画がありました。

でも、映画って大人料金結構高いですよね~。きぃちゃんのお付き合いで観る映画に支払うにはちょっと躊躇しちゃうんですよね~・・・。
そんな折、昨日、ハタと思い出しました。
「あ!そういえば、今日は近所の映画館のサービスディだ!」
日曜日でちょうどダンナも休みだし、きぃちゃんの映画付き添いダンナに行ってもらっちゃおう

PCで映画館の座席予約してあげるからね~、とうちゃんと行っておいで~。
ポチッと映画の席が取れちゃうなんて、便利な世の中だね~。
ポチッと決済完了~~。

お、購入完了の確認メールが来ましたね。
どれどれ・・・
「あ``ぁぁぁぁーー(゚ロ゚)」

わたしの悲鳴に競馬新聞に見入っていたダンナがビクっとしてました。
「な、なにっ??」

確認メールをよーく見ると、わたしが予約した映画館は車で10分の近所の劇場ではなく車で高速使って1時間くらいかかる場所にある映画館・・・
バカっ!わたしのバカっ!なんで最後のポチの前にちゃんと確認しなかったんだあああああぁぁぁ

決済後はキャンセルできません・・・て書いてあったのに、あったのに・・・

仕方ないので急いで準備して一家で車に乗りこんで、行きました。
遥々・・高速を乗り継ぎ、一時間かけて・・・。

サービスディだからと思ったのに。
逆にお金かかっちゃいました。
近所ならダンナときぃちゃんだけで行ってもらおうと思っていたけれど、思わぬ遠出で、長女はぁちゃんも同行。
きぃちゃん達が映画を観ている間にはぁちゃんは「クレープ食べたい」とか言うし。

このアンポンタンな失敗。
「ハーセプチンにもケモブレインあるのかな~、それとも3ヶ月前までやってた抗がん剤の副作用かな~」
と、あくまでも抗がん剤のせいにするこのワタシ。
「でもまあ、一時間くらいで行かれる場所でよかった。飛行機乗っていかなきゃいけないところとかだったらさすがに無理だもんね。」
と、あくまで都合よく解釈しようとするこのワタシ。

はぁ~・・・。

映画の後、まあ、せっかく家族で来たし、ドライブついでにちょっと足を伸ばそうと、もうちょっとドライブしました。
海沿いにある名物プリンのお店に行って、カフェタイム~。
20131110235202d42.jpg

わたしのおバカブレインの失敗に巻き込まれたダンナ、はぁちゃん、きぃちゃんには申し訳ないけれど、なんだか思いがけず、リフレッシュできた気がしました。

海の風はちょっと冷たかったけれど、気持ちよかったです。
抹茶プリンも美味しかったです。

また週明けから放射線通院、パリッとがんばるぞーっ


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:12  Trackback:0
2013
11.10

原っぱの小道。

長女はぁちゃんが少し前にわたしのアタマを見て
「(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、がある!!」と言いました。

まだまだ生え始めのわたしの髪ですが・・・



分け目ってこんなに短くてもあるものなのですね・・
「自然な分け目」というもの?
我ながら、分け目の主張も強い気がして、なんだか笑っちゃいました。

201311100115387b4.jpg

坊主に近い少年には分け目はないのかな?

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





Comment:8  Trackback:0
2013
11.09

放射線4回目・来週の予約と気になるBGM

Category: 放射線治療
さて、いよいよ金曜日。
決戦は金曜日。・・・・byドリカム。懐かしいです。

来週一週間分の放射線の予約を取る日です。

早く起きなきゃ、と思って早めに寝たのに、たかが予約で緊張して、予約の夢まで見て、夜中の3時に目が覚めて、寝られなくなりました(アホ
手術の前日も爆睡だったのに。


予約のために、今日は一番早い時間に治療を入れていました。
必要以上に早起きしたので、お弁当作りもバッチリ。
次女きいちゃんの幼稚園バスへの送りをダンナに任せて病院へ出発。
本当はもっと早く到着する予定だったのですが、いつもと違う時間で、渋滞があったり、アベノミクス効果なのか、最近、工事が多くて思ったより時間がかかっちゃいました。

さて、肝心の来週の予約ですが、さすがに早めの時間に行ったので、ほぼ希望通りの時間をGET
(^-^)/
ただ、イチバン重要な来週の金曜日は、今日と同じ時間は取れませんでした。

あ~、どうしようかな~。
来週も早く行かないと希望の時間取れないかもしれないけれど、治療の予約までの時間が空いちゃいます・・・。

まあ、来週考えることにしましょう。


さて、今日は、4回目の照射です。
今のところ特に照射部分に変化はありません。
今日も無事に終わりました。

治療中、気になることがあります。
治療室内に流れる音楽。(そこ?)

マーキングの時は違う部屋だったけれど、オルゴールの癒し系MUSICがかかっていて、子守唄の
「ゆりかご」とかがなっていて寝そうになりました。

治療が始まると、こちらの部屋では、いつもJ-POPがかかってます。
はじめの日はゆずの「栄光の架橋」
次の日はレミオロメンの「粉雪」
なるほど。(何が?って?いや、なんとなく雰囲気に一貫性が・・)
その次はELTの「Time goes by」
なんだか急に古くなったな、と思ってたら、
井上陽水の「Make-up shadow」…
もはや知らない人もいるのでは?!

有線かな?

来週は何が飛び出すか、ちょっと楽しみです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
Comment:4  Trackback:0
2013
11.07

放射線3回目・乳は4門なり。

Category: 放射線治療
今日は朝から雨降り。
こんな日はなんだか静かに一日が始まる感じがします。

昨日風邪気味だったわたし。今日もちょっと鼻と喉の調子は今一歩。
でも、パリパリ動けるので、問題なっしー

一番調子悪そうなのはダンナです。
いつもは24時過ぎに帰宅するダンナが昨夜は22時位に帰ってきました。。
何かのサプライズかと思いましたよ
風邪気味だから早く帰ってきたそうです。

そんなダンナですが、今日もわたしが病院へ出発した後、洗濯物を干してから出勤してくれたみたいです。
ありがたや。

今日も昨日と同じように受付終了時間の少し前に受付へ。
待ち時間10分でした。ナイス



今日は照射の後、放射線科の主治医の診察がありました。
先生、今日もお嬢っぽい!上品!

Dr.:「まだ3回目なので、(照射部分は)なんともないと思いますが・・昨日、放射線治療の方法について、質問があったと聞いています。」
昨日の記事に書いた「2門」「4門」問題ですね。
お嬢先生は話を続けます。

Dr.:「最初のオリエンテーションの時、看護師から”2門”という話があったかもしれないんですが、今は、乳房の照射は基本的に4門でやらせてもらっているんですね。」

・・・先生の話によると、昔は2門というのがスタンダードだったのですが、そうすると、脇の下や乳輪付近、乳房の下など、凹凸のある部分に炎症が出やすくなるらしいです。
全体的に、均一に線量を当てるために調節して4門で照射している、とのことです。

「昔からの看護師は「2門」という知識で伝えたのかもしれないけれど、
患者さんを混乱させる(→わたしみたいなヤツ(^_^;))ので、訂正するように昨日話をしました、すみません。」と謝られてしまいましたなんだか恐縮です。

放射線は「2門というのがキホンのキなんです」って。
他の部位では2門というのがほとんどらしいのですが、乳房は形などの性質上、4門以上になることが今は基本なのだそうです。
「乳がんはお金がかかる」・・・なるほど。

昨日の熊さんドクターの説明では得られなかったスッキリ感でした~。

金額の事は、やはり「詳しい料金は会計の方でないとわからないのですが、数千円単位で変わって来ちゃうかもしれません」と聞いて、どうせ4門なんだから、金額の差を聞いてショックを受けるのも嫌だし、とりあえず今日の説明で納得したので、聞かないでおくことにしました。


最後の会計の時、
「10月31日の治療計画日の時の料金が変更になって、返金があります。」
といって、420円現金で返って来ました。
そんなこともあるんですね~。

10月の医療費、訂正しなくちゃ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:8  Trackback:0
2013
11.06

放射線2回目・門の問題?。

Category: 放射線治療
今朝起きたら、声がでませんでした~~(>_<)
軽く風邪をひいたらしいです。
そういえば、はぁちゃんとダンナがちょっと風邪気味でした。
みんな寝込むほどではないんですけれど。
一日中だるさはありましたが、熱もないし、まだ放射線は始まったばかり!休んでなんていられません

昨日、予約時間帯の5分くらい前に受付したら、50分ほど待ちました。

○時台という予約の取り方でその時間帯の30分迄に受付を済ませれば良い、というシステムになっています。
例えば「9時台」の予約なら、受付は9:30迄に、という具合です。
予約時間帯の5分前に行って40〜50分待つなら、いっそ受付時間ギリギリに行ってみようと思い立ち、25分くらいに受付したら、なんと10分待ち。
なんだか得した気分です。

しかし、この得した気分もあっけなく一転。
治療内容が書かれた伝票みたいな物を見ると、わたしの放射線、「4門以上」と書いてあります。
「門」とはなんぞや?どうやら放射線を当てる箇所の数のようです。
最初の看護師さんからの説明があった時、かなりざっくりと金額の話を聞き、「2門」と「4門」で4門の方がお高かったのを記憶してます。
その時の看護師さんは「ぽめさんの場合、多分2門になると思います。」というような事を言っていたので、
「そりゃ、良かった♪」と安堵しておりました。
ところが、「4門以上」って書いてある!!
なぜ、なぜなのッ!?

受付の人に聞いてみたら、ドクターに話してくれました。

でも、放射線の主治医は今日は不在で、知らない銀ブチめがねの熊みたいなおじさん(この人もドクターらしい)に呼ばれて、診察室で説明をされたのですが、なんだかよくわからなかったです。
忙しそうだったので、分からないまま、明日主治医に聞くことにしました。

わからなかったなりに、なんとなく伝わったのは、2門より4門の方が放射線が分散されるので、副作用は少なくなる的なこと。
金額は「ちょっと正確にはわからないなー、倍まではいかないけど、倍近いかも」だそうです。
ホントか!?

会計は5,700円でしたが・・・

とにかく銀ブチ熊さんにはちゃんと聞けなかったので、キレカワイイ、お嬢っぽい放射線科の主治医に聞いてみます。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:4  Trackback:0
2013
11.05

放射線1回目~。

Category: 放射線治療
本日、11月5日、25回の放射線治療が始まりました!!

もう、温存手術をした自分には、必須の治療なので、ブツブツ文句を言ったところで放射線は避けられないのです。
毎日通院が面倒とか、放射線が怖いとか、そんなことは言ってられないのです。

同じようにがんばってる人はゴマンといます。


って、ことで、次女のきぃちゃんを幼稚園バスに送って、バタバタと用意をして病院にGO!
そんな中ダンナが洗濯物を干してくれていました

わたしの闘病に、ダンナの存在はつくづく欠かせない、支えられる、代わりのない存在です。
ホントに感謝しています。

さてさて、病院に到着して、受付して、更衣室に案内してもらいました。
更衣室で上半身だけ着替えてくださいと言われ、着替えていた時・・・
ちょっと驚くハプニング!
被るタイプのニットを着ていったわたし。着替えの時にズラが落ちちゃったらしいのです
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
近くにいた方がわたしの肩を叩き、めっちゃヒソヒソ声で、「かつらが・・・・」と教えてくれました。
じぇじぇじぇじぇ(byあまちゃん)
と思いましたが、この期に及んで隠すこともできないし、別に隠す気もないので、「ありがとうございます~!」と言いましたが。

相手の方はなんだか目を合わせず、「いえ、いえ、・・・」みたいな感じでした。

ヅラだったことを気遣って下さったのだと思います。

その方が、何の検査か治療で、更衣室にいたのかわかりません。

でも、わたしのズラに気をつかってくれたのは確かです。

わたし自身はズラが落っこちたところで、たいして気にならないのですけど。
むしろ、それを見て、気をつかわれる人の方に申し訳ないくらい。

自分の病気やヅラ生活にも案外わたし自身はへっちゃらな感じなのですが、周りの方が気を遣う、ってことが多い気がします。
まー、大事にされるのも悪くないのですが、申し訳無い感はわっさわっさしますね。

そんな中、着替えて待合場に行くとわたしと同じ日に手術した方が放射線待ちしていました。
彼女は今日3回目の照射とのこと。
わたしと同じ時間帯で予約していたのですが、先週、お母様が7時から並んで、この時間帯の予約をとったそうで・・・
やっぱり希望の時間を取るのって熾烈なのか。。。。


そんなこんなで、照射の順番が来ました。

消えかかっていたマーキングも問題なし。
剥がれたシールもなんとか大丈夫。
上からマジックで書き足してました。

照射した後、初回のためレントゲンを撮りました。(と、言っても、わたしはずっと同じ場所で寝てるだけ。)

なんだかんだで
病院に到着してから出るまで、1時間30分でした。

この時間をあと24回か~・・・複雑。
ま、やっつけるしかないです!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:12  Trackback:0
2013
11.05

2013年10月の医療費(術後治療、始動!)

Category: 医療費
10月は術後ハーセプチンが始まり、放射線治療の準備も始まり・・・
幼稚園と小学校それぞれの運動会もあり、PTAの活動いろいろと会計監査、参観日にオフ会に友達の結婚式にお芋掘りに、社会科見学に、ええーーっと、えーーっと・・・もういいって?

とにかく盛りだくさんで忙しかったけれど、充実していました。
放射線が始まる前にやっておきたいこともいっぱいあったような気がしますが、もうどうでも良くなってしまいました。(おい、こらっ byみんな)
そして、バタバタしているうちにブロ友さんのブログへの訪問もなかなか思うように行かず、訪問してもいつも読み逃げ・・・すみません。

10月29日のオフ会の記事、参加してくださったブログをお持ちの方は殆どUPしていて、ワタクシ、一応幹事なのに、かなり出遅れました。
皆さんの記事は拝読しているのですが、コメントなどできていなくてすみませ~~~~ん

そんな(どんなだ?)10月の医療費です。

10月1日
放射線治療 放射線科ドクターからの説明
210円

10月3日
術後ハーセプチン 初回(通算5回目)
50,500円

10月24日
心臓エコー検査
術後ハーセプチン 2回目(通算6回目)
43,350円

10月31日
放射線科 治療計画日(マーキング、CT、照射予約)
4,350円 → 3,930円(11月7日、治療費の変更があったと、420円の返金がありました。)

10月の合計 98,410円 →97,990円
これまでの合計 818,569円 →818,149円
 

11月7日 金額訂正しました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村







Comment:2  Trackback:0
2013
11.04

消えちゃったのですけどぉ。

Category: 放射線治療
ワタクシ、明日、11月5日(火)からとうとう、というか、やっと、というか、ついに、というか、放射線治療が始まります。

それに先駆けて10月31日(木)は、治療計画日でした。
マーキングと最初の一週間分の予約を取りました。

マーキングの際には、CTの機械に横になります。
「力抜いてください」
と再三言われましたが・・・

わたし、痛みには比較的強いつもりですが、「くすぐったさ」に弱いことを発見。
線を書くマジックがカラダに触れるたびに「ピクっ」となっちゃう!
技師さんが「力入れないでくださいね~」と言うのですが、身構えちゃってビクビクします…
右胸には全体的にあちこち線が書かれ、左胸も外側に一ヶ所、胸の中心付近に一ヶ所線が書かれ、線がクロスする部分に×の形のシールを上から貼り、消えにくくしてあります。

マーキングが終わると、記録のために写真を何枚か撮りました。
生まれて初めて乳の写真を撮られまして、なんか変な感じでした

それにしても、この日は木曜日。
初回の放射線治療までは中4日空きます。
「消えてしまうのでは?」と言うと、
技師さんが、「もし消えてしまっても、慌てないで大丈夫です」と。
写真や、CTの画像から復元できるそうです。
絶対に自分で書き足したりしないように、と言われました。


放射線の予約は、週末金曜日に翌週一週間分を受付順にとっていく、という形になっています。
●時台、という一時間単位で予約を入れます。
この日は木曜日だったので、基本的にはまだ他の患者さんは予約を入れていない状態です。
そのため、どこの時間帯でも空いていました。

金曜日だけは、翌週の予約入れがあるので、一番早い時間帯に予約してみました。

でも、よく聞いてみると、金曜日は予約のために早い患者さんは7時半くらいから並んだりしているそうです。
は~~、無理・・・
予約争奪戦、予想以上に熾烈かもしれません・・・
始まってみないと分からないです。



というわけで、明日、治療開始なのですが・・・

気づけば、マーキング、結構消えています
鎖骨というか、肩の方に近い、上の方についていた×のシールなど、無意識にポリポリ掻いてしまい、
「はっ!!」と気づいたときには爪に黒いシールがくっつてまして・・・

まあ、技師さんは「消えても慌てないで」って言ってたし。と開き直るこのワタシ。
それにしても2日目くらいにはだいぶ薄くなってたけれど・・・
毎週末、消えちゃいそうでちょっと心配になりました~。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:14  Trackback:0
2013
11.02

遅ればせながら、オフ会報告。

Category: オフ会
少しさかのぼりますが、先日10月29日(火)、ブロ友のまっちゃんとわたしで、うっかり突然企画したオフ会が無事行われました~~

当日は、雨の降る中、新横浜で集合です。

ほとんどの方が治療中で、体調などによってキャンセルがあるのもやむを得ないかな~と思っていたのですが、皆さん笑顔いっぱいで集まってくださって、とってもとっても嬉しかったし安心しました。

いや~、ほんっとに目頭が熱いと申しますか、感無量と申しますか。
わたしも含めて、楽しみにして集まれたことが嬉しくて。

今回集まった仲間は全部で11名。
お店はこちら

個室なので、病気の話も気兼ねせず全開でした

お料理も美味しかったです!

20131101231636e3a.jpg

全員女子ですし。デザートにも気分がアガります
20131101231636d84.jpg


ランチのあとは、カフェでお茶。

みんな話が止まらない!!

家族には、女装だ、コントだと罵られたくるくるロングのヅラで参加したワタシ。
帽子をかぶると案外普通。

みなさん「ぜ~んぜんイケてる」と励ましてくださいました。
せっかくの(?)ズラ生活、ちょっと違う髪型もやってみたいものです。

2013110123163857b.jpg

今回、図らずも、初めて参加希望を募集する形のオフ会を主催しました。
それをきっかけに、これまでわたしのブログにご訪問してくれていたけれど、コメントなどの交流がなかった、という方が改めてコンタクトしてくれました。
少し遠くて、会う機会がなかったかもしれない方も「他にもたくさんの方が集まるなら」と参加してくださったように感じました。

病気の辛さや、ちょっとした苦労を、分かち合える、共感しあえる仲間を求めている人がたくさんいるんだ、ということを実感しました。
そして、今回のオフ会が、そういう方の一つの癒しになっていたら、サイコーだ、と思うのです。
そうだとしたら、まっちゃんと一緒に、思い切って企画して、本当によかったと思うのです。

わたしは、本当に嬉しい時間でした。

みなさんにとっても元気が貯まる時間になっていたらもっと嬉しいです。


一緒に企画してくれたまっちゃん。
お店を紹介してくださったジュリーさん。
写真係をかって出てくれたちゅらりん☆さん。
参加してくださった皆々様。


本当にありがとうございました。

感謝カンゲキの割に、いつもの事とはいえ、主催者なのに、ブログにUPするのが遅すぎ。な、わたしをどうか皆さんお許しください

こんなわたしですが、またきっと、会いましょう。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:16  Trackback:0
2013
11.01

償いの秋。

Category: 日記
「ハロウィンパーティーをやってみたい

少し前から次女きぃちゃんが訴えていました。

わたしが子どもの頃はハロウィンなんて習慣はありませんでした。
ハロウィン商戦に踊らされるのも抵抗があったし、かぼちゃも特別好きでもないので、かぼちゃ味のお菓子も特に好きでもありません。
変装も意味わかんないし。

ハロウィンの意味もよくわからないので、これまで我が家ではこのお祭りに特に何かやるってことはありませんでした。

でも、このハロウィンというのは、ここ10年位の間にかなり日本で市民権を得てきたようですね~
大きなマンションなどでは、マンション中のイベントになっていて、何十件も参加しての一大行事。
そういう話題を幼稚園でキャッチしては羨ましがるきぃちゃん。

わたしもふと、考えました。

わたしが病気になってから、きぃちゃんをお友達と約束をして遊ばせたりする機会もだいぶ少なくなっていました。
ただでさえ、第二子というのは、上の子の都合で引っ張り回され、振り回され、わたしも長女はぁちゃんの時とは
気合の入り方も違って、あまり遊びに連れて行っていません
実に申し訳ない・・・
抗がん剤や、8月30日の手術の準備で、夏休みもあまり遊びに連れて行けませんでした。


ハロウィンに舞い上がらない、といっても、カタイ信念や信仰で避けてるわけではないので。
あっさり「Let'sハロウィンパーティー」~~ってことになりました。

近所の同じ幼稚園のお友達を誘って。
無駄に大はしゃぎなきぃちゃん。
「パーティーで、みんなに素敵な音楽(なんじゃそりゃ)を聞かせてあげたいからお姉ちゃん、ピアノ弾いて」
と交渉してあっさり断られていました


そして、昨日、10月31日、いよいよハロウィン。
この日は雨で延期になっていた幼稚園のお芋ほりもあって、イベントづくし。
20131101162242e43.jpg

帰宅後、お着替えをして、変装(?)して、お友達が来るのを待ちます。
クラッカーを鳴らす準備をして、
「ねえ、ねえ、母ちゃん、”ハロウィンパーティーにようこそ!”と”ようこそハロウィンパーティーへ!”と、どっちがいいと思う?」(どっちでもいいですけど・・・
お友達がきてくれて、何回もクラッカーをパンパン鳴らして、お菓子を食べて・・・
たくさん遊びました。

20131101162241afd.jpg

そんなに派手なものでもないし、「パーティー」と呼べるほどのシロモノでもなかったけれど、お友達も仲良く遊んでくれて、きぃちゃんもすごく嬉しかったようです。

今日は幼稚園がお休みでした。
昨日持ち帰ったサツマイモで一緒にお芋のケーキを作りました。
201311011622442f0.jpg

このような些細なことで、今まで病気を理由にほったらかした のためにお世話を怠った穴埋めをしようとする浅はかな 母です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:10  Trackback:0
2013
11.01

抗がん剤副作用のその後。

前回の記事では、髪の毛など、毛周り(変な言葉。。)のことを書きましたが、
術前に投与した抗がん剤の副作用は他にもいろいろありました。
FEC最終回から6ヶ月弱。ドセ+ハーセプチン最終回から約3ヶ月。
今の状況は。。。

FECの副作用。

色素沈着。
手な平や、指の関節、手の甲。足の指や裏に黒いシミのようなものや黒ずみがいくつもできました。
いつの間にかほぼ消えていました。
ただ、最近気づいたのですが、右手人差し指に、これまでなかったホクロができました。
副作用と関係あるかは不明ですが。
20131030081416fc7.jpg



爪の様子。
20131030075648166.jpg
抗がん剤を投与していた頃の部分の爪はボコボコしていて、根元の新しく生えてきた部分にはボコボコがありません。こんなにくっきりわかりやすく違いが出るものなんですね~。
副作用が残っている爪の先の方は爪が柔らかくて弱いので、ちょっとアタマを掻いただけで、へにゃっと折れてしまったり缶のプルタブが開けられなかったり・・・・爪の役割をしみじみ感じる今日このごろです。

足の裏や手の皮むけ。
FECの間、ボロボロとむけた足や手の皮も、一通り向けるとつるっとした状態になり、今はキレイになっています。


ドセタキセルの副作用。

関節痛、筋肉痛。
ドセタキセルの投与が終わって、すっかり消失しました。

倦怠感。
これもスッキリ!でも、このころのダラダラ癖が未だ消えず ←これは副作用にあらず。シャキっとしたいものです。

手足の痺れ。
それ程重くはないのですが、残っています。
全く感じないこともありますが、地味に顔を出すこともあります。
腫瘍内科の先生から、月単位ではなく、年単位で付き合っていく位に思ってください、との事でした。

浮腫み。
最後のドセタキセル投与後1ヶ月後くらいにはほぼ消失していました。
むくみに伴い、増加していた体重も、少しづつ戻ってきています。
むくみがあった頃はムスメ達がわたしの足をギュ~~っと押して
「きゃーーーっ!」と変な悲鳴というか歓声というか・・をあげてました。
その頃は抜けなくなるのがこわくて結婚指輪もしていなかったのですが、下心はありません。(そりゃそうだ)
最近は指輪もはめられるようになりました~


というわけで、地味にいろいろ見られていた副作用は、僅かな痺れと爪の先に残っているくらいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村







Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。