--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.27

ランチオフ会企画のお誘い。(追記あり)

Category: オフ会
追記:こちらのオフ会は参加のご希望を締め切らせていただきました。
ありがとうございました。



2月ももうすぐおしまいですね~。
早い。早すぎる。
これではあっという間に年をとってしまう。

さあ、楽しいことをしよう!

と、言うわけで、またいきなりランチオフ会企画です。

実は、離れて暮らす愛しいブロ友・あきさんが、来月東京にいらっしゃる機会があるとのことで、念願かなってお会いすることになりました
普段は遠くてなかなか東京近辺のお仲間に会えないあきさん。
せっかくなので、他の仲間にもお会いできたらいいね、ということになりました。

予定は
3月16日(日)
品川~東京駅の周辺  11:30頃集合予定

です。

さてさて・・・
日曜日の真っ昼間ではありますが。
初めましての方も、お馴染みの方も。
芸人気質の方も、おしとやかなミセスも。
緊張しいの方も、フランクな方も。

気が向いたらメールフォームか鍵コメでご連絡くださいますよう、ハートの底からお待ちしております

よろしければ、お会いして、ご飯食べて、お話しましょ~♪

img_912856_61502887_5[1]


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
Comment:9  Trackback:0
2014
02.24

卒園センチメンタルランチ、着帽で~。

Category: 日記
次女きぃちゃんの卒園まで、あと約3週間となりました。

あと2週間くらいでお弁当も終わって、午前保育になるし、今のうちに、昨年、年中時に役員を一緒にやったママ友とランチしようということに。

全員で6人なのですが、都合が合わなかったり、お子さんがお熱だったりするメンバーもいて、今回は4人で集まりました。
「いや~、もう卒園だね~。卒園しちゃうね~。終わっちゃうね~。」
と終始しみじみするセンチメンタルなおばちゃん4人組。

年少組の頃の子どもは、もうほんっとに何をやっても可愛かったです。
泣いても可愛い。ゴロゴロ転がってるだけでも可愛い。

そんな子ども達も、今では幼稚園で一番のお兄さんお姉さんになっちゃって。
きぃちゃんの入園前後のビデオを見ていると、いちいち可愛くて。
今のきぃちゃんてば、「は~、いつからこんなに生意気になっちゃったんだーーっ」と母はほんの数年前のムスメを遠い目で思うのです

でも、きぃちゃんのおかげで、こうしてランチしながらしみじみ幼稚園生活だとか、役員時代のすっとこどっこいな失敗などを語り合うママ友と知り合えたわけですし。

さて、今日のランチは
若鶏のソテー・マスタードソース・マッシュポテト添え。
サラダとパン(orライス)とドリンクバー付き。
201402242133374da.jpg

長々としみじみするには「ドリンクバー」が大事です(^-^)
幼稚園のお迎えの時間ギリギリまで、たくさんお話しました。

もうすぐ園ママ生活もおしまいだけど、また集まりたいね。


さて、それはともかく。
このランチのあいだ、わたし、ずっと帽子着用してました。

20140224214302fbc.jpg
・・・と、言うのも、だいぶ自毛が伸びてきて、(現在の自毛育成状況はこちら→)おデコや襟足の辺りの髪が、時折ヅラの下から覗いちゃうのです。
危ない危ない。
カツラの髪色と比べて自毛の色が黒いので、ちょっと見えても目立つのです。
怖い怖い。
最近は帽子がないと大変不安。
しかも2日前からインナーキャップが見当たらない。
ダイレクトにヅラをかぶっているので、尚更心配です・・・

うーーん。室内で帽子を被りっぱなし。
しかも、ずう~っとそのままの状態でご飯を食べてお茶飲んでまったりしみじみ話をする。
怪しい?怪しい?
これは、アリでしょうか、ナシでしょうか???
どう?どうなのっ??

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村








Comment:8  Trackback:0
2014
02.22

支えられて、がんばれたから、泣けるのです。

Category: 日記
冬季オリンピック、浅田真央さんのフリー演技の後の涙。
何度見ても、もらい泣きしちゃう。

つらかったから?がんばったから?

彼女の口から出た言葉が印象的でした。
「わたしなりの恩返しができた。」

支えてくれた人たちへ、大切なスケートに、恩返しができたから。


その言葉は、彼女のこれまでの努力や栄光の後ろに、たくさんの人の支えがあったのだと伝えてくれました。
メダルは取れなくても、浅田選手のその想いは、こんなにも多くの人の心を動かすのです。

彼女だけでなく、他のアスリート達も、支えてくれた人達の顔を想い、涙を流すのだろうと思います。
涙の向こうに、そういう存在が感じられるからこそ、わたし達もその涙に感動するのだと思います。


治療も、同じ。
自分だけでは乗り越えられないことも、いろんな支えがあって、乗り越えてきたのです。
家族が支えてくれた。
同病の友達が寄り添ってくれた。

これから精一杯、前向きに生きる中で、
「わたしなりの恩返し」をしていきたいと思います。


わたしと同い年で2個のメダルを獲得した葛西さん。
すごく励まされました~

20120830_2525407[1]


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:2  Trackback:0
2014
02.20

治療で体質変わるのか?とお雛様に問う。

わたしは、結婚する前から「主婦湿疹」的な肌荒れにヒジョーに悩まされてきました。

冬になると指先はひび割れて、女子っぽいつるっとした指先で女の子アピールするのは不可能でした。

結婚してからはその症状は悪化してきました。
毎年10月ごろ、ちょっと寒くなったな~と思うと、あかぎれのようになり、
水泡ができてかゆみも出る状態でした。

保湿治療薬のCMばりのパックリ割れも当たり前。
手指どころか、かかとの方もCMばりの割れっぷりでした。

抗がん剤治療真っ最中の去年もやっぱりひどい手指でした。

去年の状態↓
image39.jpg

image71.jpg

我が事ながら、今見ると、
痛そう~~~
痒そう~~~

そんなわけで、ワタクシ、長年、冬の手荒れ、かかと割れに鬱々に重ね、鬱々していましたわけです。


ところが、ところがっ

ことしはまったくと言っていいいほど症状がないのです。

20140220224151b28.jpg

全然躊躇なく、どなたでも握手できます!
こころなしか、指先はツヤさえ感じられます。


奇跡のようですが・・・

こんなにパックリがないのは20年来の・・・
冬季オリンピックノルディック複合メダルレベルの出来事なのです。
(比較対象が壮大すぎ・・・(^^;)


治療で体質・・肌質が変わったのでしょうか??

そんなことはあるのでしょうか?

わからないけれど、とにかく食器洗いがこんなに辛くないのは主婦として初めてです!!


************************************************************

昨日、ようやくお雛様を出しました~。

20140220224550704.jpg


長女はぁちゃんと次女きぃちゃんが幼稚園で毎年作ってたお雛様も。
幼稚園の頃にしか作れない可愛さがあります。
201402202241522e7.jpg

ひな祭り。
一年一年、感謝して祝っていきたいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:7  Trackback:0
2014
02.19

髪の毛状況報告と、あしたのエール。

最後のドセ+ハーセプチンから半年と少し過ぎました。

髪の状況を。

20140219213241a0b.jpg

201312191111076dc.jpgラストケモ後約4ヶ月半

201310282257078d0.jpgラストケモ後3ヶ月弱

image_20130923232620c38.jpgラストケモ後2ヶ月弱

image94.jpg ドセ+ハーセプチン3クール後


後ろからとか。
2014021921324081b.jpg

これも以前と比較してみます。
20131219111107a24.jpgラストケモ後約4ヶ月半

20131028225706c02.jpgラストケモ後3ヶ月弱

image_20130923232622090.jpgラストケモ後2ヶ月弱

image_20130726230819.jpgドセ+ハーセプチン3クール後


さすがにクセが出てきたようです。
毛がうねうねとうねってます。

そろそろ調整に美容院行かなきゃな~、と思う今日このごろです。


前回の記事で、壮行オフ会でいってらっしゃいをした、ブロ友ちゅらりん☆さん。
いよいよ明日、手術です。
これまで、明るく強く励まし合ってきた大事な仲間です。

いつも前向きに病気と向き合ってきたちゅらりん☆さんだから、
きっときっと大丈夫。

がんばれちゅらりん☆さん。
がんばれ主治医、執刀医。

明日は、いっぱいっぱいの祈りを飛ばします。

20140219213239aab.jpg

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村









Comment:10  Trackback:0
2014
02.17

支えてくれた仲間の激烈・激励・壮行オフ会☆

Category: オフ会
最近ブログの更新が滞ってしまうことが多いです。
治療はひと段落したものの、記録しておきたいこと等はまだ結構あるのですが、なんだか最近忙しいのです。

年度末なので。

卒園、入学の準備もいろいろありますが、なんといっても今一番わたしを追い立てるのは
「PTA役員引き継ぎ資料」の作成であります。

前年度からの引き継ぎ資料がデータ化されてないので新役員に引き継ぎにくい。
わたし、もともとPCはあまり得意じゃないのですが、仕方ないから一からPCで作り直してます。・・・と、ちょっと独り言でした。

てなわけで、他にもあれこれバタバタと要領の悪いわたしは右往左往しております。

と、いうわけで、(え?どんなわけで?)
すっかり記事にするのが遅くなってしまったのですが、10日近くも前の2月7日。
ランチオフ会が行われました~。

お店はこちら→
去年、オフ会で洋食・和食・中華と巡ったので、今回はエスニックチャイナにしてみました~。

201402151508568ed.jpg

サラダは具が選べて(きのこマリネ、バンバンジー、根菜、豆腐と海藻など~)おかわり自由。
前菜も数種の中から選べます。写真はXO醤冷奴。さっぱりピリッと美味しかったです。
メインも多彩なメニューから選べます。わたしは「冷製ビーフンのジェノバ和え」
ビーフンが平打ちの太め。美味しかった~☆

他の方が食べていたガパオごはんも美味しそうでした
20140215150758f53.jpg

今回のオフ会の参加者は
発起人のえださん、ちゅらりん☆さん、みくさん、なごみさん、ひろのさんと、わたしの6人。

実はこの日は、術前抗がん剤を終え、手術日が決定したちゅらりん☆さんの
「手術、いってらっしゃい!熱烈・大壮行会」だったのです。

ちゅらりん☆さんは、ご自身でもブログをお持ちですが、そのブロブを立ち上げる前から、わたしのブログに来てくださって、何度も明るく、優しく話しかけてくださいました。
ご自身のブログでも、常に明るく、柔軟に治療と向き合い、術前治療に励んできた姿を綴っています。
その姿に、わたしも癒され、励まされてきました。

一緒に歩いてきた大好きな、大事な仲間であるちゅらりん☆さん。

そんなちゅらりん☆さんが、いよいよ手術までカウントダウンです。

ちゅらりん☆さんにエールを送りたくて集まったみんな。
そんなみんなの笑顔が、ちゅらりん☆さんを元気づけたらいいね。
大好きなみんなと、楽しい時間を過ごすことが、わたしにとっても大切な大切な力になるから。

2014021515080156c.jpg
ちゅらりん☆さん、あと手術までの数日、心と体と、入院の準備、のんびりしてくださいね。


**************************************

昨日、一日遅れでダンナにブラウニー作りました。
20140216224434791.jpg

で、これ↓がムスメ達の分・・・
2014021622443424c.jpg
ダンナのよりだいぶ大量・・・・


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
Comment:11  Trackback:0
2014
02.15

医療ドラマが前よりわかる。

Category: 日記
昨日朝から雪が降っていて、今季2回目の積雪です。
20140215103057bc2.jpg

この雪のために昨日予定されていた次女きぃちゃんの卒園遠足は中止。
今日予定されていた長女はぁちゃんの土曜参観も延期。
ひきこもり生活です。

去年の土曜参観、記事に書いてました。
あの日もすっごく寒かったけれどお天気はよかったな~。
乳がん告知されて間もなくで、学校で会う他のお母さん達と自分は違うんだ、となんだか不思議な気持ちだったのを思い出します。
あれからもう一年。
この季節になるといつも告知を受けた頃のことを思い出すんだろうな。


昨日まで、昼間「Dr.コトー診療所」の再放送していました。
最近、この時間の枠はなぜか医療ドラマの再放送続きです。

ところで、あのドラマの中の柴○コウが演じてた看護師さんはそういえば乳がんに罹るんですね。
今見ると驚く程ドラマ内の治療や手術のことがわかります。
あの赤いお薬も点滴してました。

「ACの効果が芳しくない。4クールやって腫瘍の収縮が見られない。タキソテールに変えて・・・」
なるほど、なるほど・・・。

「腋窩リンパ節を郭清して、後遺症で浮腫が出たり、腕を動かしにくくなった場合、看護師の仕事を続けられるのでしょうか?」
そうだよね~、看護師も力仕事だものね~。

「生検で陰性ならリンパ節を取らなくてもいい」
そうだそうだ。

「アイソトープ法によるセンチネルリンパ生検を始めます」
これこれ。わたしもやったやつね・・・

「迅速病理検査に出してください」
この結果が出るまでドキドキするわね。(患者は寝てるけど。)

「病理の結果、ネガティブでした。ガンは、ありませんでした!」
よかったよかった。

このドラマ、2006年に放送されていたようで、確かその頃毎週見てました。
当然その時は、なんのことやらわかりませんでした。
いろんな意味で、見方が変わるものですね。
少し前に再放送していた「白い巨塔」を見たときもそう思いました。

・・・ってか、わたし、昼下がり主婦、再放送見すぎ・・・

そういえば、柴○コウの主治医の外科医役は、8年前はそれ程ブレイクしていなかったけれど、「倍返し」のあの方だったのですね~ww


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:4  Trackback:0
2014
02.10

ハーセプチン単独7回目~血管限界か?

2月6日のハーセプチン。
投与の前に腫瘍内科の診察があったのですが、腫瘍内科主治医がお休みで、初めて会う男性のドクターの代打診察でした。
この代打先生、不慣れのせいか、投薬のオーダーをした後、「確認」を押さなきゃいけないらしいのですが、押さずに大学病院に移動しちゃったらしいのです。
この「確認」ひとつで、1時間半も待たされました・・・・
この時点で、ちょっとイライラしちゃってたのですが・・・

いざ投与を始めようとしたら、まず左前腕にルートを取ろうとして失敗。
Ns.:「ごめんなさい、抜きますね~」とあっさり言ってくれる。
すると今度は手首の辺りを探り出しました。

わたし、手首ではこれまで何回か失敗されて、まず、うまく入らないんです。
しかも神経だか腱だかに触れてびっくりするほどイタイ思いをしてるので。
ぽ:「手首は何回かやったことあるんですけど、入らないんです。すごく痛かったから、トラウマなんです・・・」
って言ったんですけど。
Ns.:「トラウマなんですね~」
と言いながら、手首にチャレンジしようという姿勢は変わらず。

ぽ:「針が神経か何かにあたって、すごく痛くてしびれちゃって。。。」って抵抗してみたのですが。
Ns.:「へ~、それは良くないですね~」
とこれも流され、やっぱり頑なに手首に刺そうとしてます。
もう彼女には手首の血管しか見えてません・・・・

観念して刺されることにしました。
言っても仕方ないとは思ったのですが・・・
ぽ:「手首に刺すなら、ぜっっっったい失敗しないでくださいよっ!!!」と2回言っておきました。
Ns.:「はい」って、言いました。
看護師さんは、「はい」って言いましたよ。

そしてわたしの手首に針刺しました。
案の定、刺した後、血管に入らなくてグイグイ探りながら差し込んでます。
Ns.:「大丈夫ですか?痛くないですか~?」
痛いよ。ふつうに。でも、失敗しないって言ったじゃん。
だから痛くても我慢するからちゃんと入れてよ。

Ns.:「抜きますか~?まだ入ってないけど~。無理しないでくださいね~」
なに、このゆるい感じ・・・(ーー;)
我慢するから早く入れてよぉぉぉ

しばらくグリグリ差し込む痛さに耐えていたんですけど・・・
ついに指先の方にむかってビリビリビリビリーーーーっと激痛!

ぽ:「いっ、いったーーーい」
叫ぶと同時に泣けてきちゃいました・・・
痛いのと、「だからあんなに言ったのに!!」っていう悔しいのと、あの代打ドクターの「確認」忘れのためにアホみたいに待たされたやり場のないイライラでなんだか泣けてきちゃいましたよォォォォ
(T_T)

Ns.:「ごねんなさい。ぽめさん」
いやいや、だから手首はイヤだって言ったじゃんーーー。

そのあと、主治医ではないけれど、ドクターが現れて、再度挑戦。
ところが、術前に1回、術後6回の点滴をがんばってきた血管。
やっぱり硬くなっちゃてるみたいで、どうにもこうにも入らないのです。

ドクターは、前腕部に刺してみたけど「おかしいな~。なんで入ってないんだろう?」とかブツブツ呟いて、その針を刺したまま
「もう一本ちょうだい」と、看護師に針を要求。
2本もいっぺんにルート針を腕に刺すという、キテレツな状況。
それでも2本とも血管には入らず。
血管温めたり、手の甲にも2回刺したり・・・

その頃にはわたしもクタクタになってました。

ぽ:「右(術側)はダメですか?」
手術した方の腕は使わないのが通例なのですが・・・

Dr.:「リンパはいっぱい取ったの?」
ぽ:「センチネルだけです・・」
Dr.:「それなら・・・右でもいいかな~」

と、結局右腕にルート取りました・・・

何本も針を刺された左腕は、4日たった今も↓こんな感じです。

20140210222852236.jpg

ハーセプチンまだあと7回残ってるのにな~。
左腕の血管はもう無理なのかな~・・・でも、出来れば右はあまり使いたくないです。

次回はうまくいくといいな・・・


昨日次女きぃちゃんと作った雪だるまうさぎ。
201402102254507fd.jpg
「溶けるのがかなしい」と言って、きぃちゃんが泣くので、小さな雪だるまを、しばらく冷凍庫に住まわすことになりました

20140210222852876.jpg

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村









Comment:10  Trackback:0
2014
02.09

2014年1月の医療費と雪あそび☃(訂正あり)

Category: 医療費
1月は、ハーセプチン単独6回目と、同じ日に放射線科の最後の診察があったのみでした~

1月16日
ハーセプチン単独6回目(通算10回目)
40,870円

同1月16日
放射線科 照射終了後1ヶ月診察
210円


1月分の合計 41,080円
これまでの合計 10,060,744円 1,060,744円・・・一桁間違っていましたありえません。破産します。お友達が気づいておしえてくれました・・・


***************************************************

昨日この辺りではたくさん雪が積もりました。
16年ぶりの積雪記録だそうな。

でも、今日はおひさまが顔を出して、とても暖かかったです。
次女きぃちゃんと雪だるまを作りました。
20140209172414b54.jpg
雪だるまうさぎです。
ん?雪うさぎだるま?
・・・どっちでもいいか・・・。

ちなみに我が家のリアルうさぎです↓
201402091724155a8.jpg
元気です
少し懐いてきたかな~と思います


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2014
02.08

タモキシフェンと卵巣機能抑制の併用をどうするか。

Category: ホルモン治療
わたしの住んでいる地区では、本日、今季初めてのまとまった雪

20140208132307d70.jpg

今季初めての積雪で、なんだか20年に一度の大雪になるらしいです・・・
いきなり過酷(^_^;)。

昨日は、同じクリニックに通っているジュリーさんの手術日でした。
「いってきます!」とメールを下さいました。
目一杯の元気玉、送っておきました〜。
今頃、病室からこの雪を眺めているかな〜。

***********************************************************

さて、2月6日(木)
ハーセプチン単独7回目(通算11回目)。
行ってきました。

ハーセプチンの前に乳腺外科の主治医の診察がありました。

ホルモン治療を始めて約1ヶ月半。
血液検査をして、副作用などの様子を見るとのことで。

診察室に入り挨拶。
Dr:「どうですか?」
ぽ:「あんまり変わりないです」
Dr:「採血の結果で、お腹(肝臓とか腎臓)の方も副作用の値は出てないですね。特に問題はないです。」
と、いつもどおりあっさり終わりそうでしたが、この日はちょっと気になっていたことを聞いてみました。

リュープリンやゾラデックスなどの生理を止める治療(卵巣機能抑制)はしなくていいのか、ということです。
ホルモン受容体が陽性で、閉経前の場合、そういう治療をすることが多いようです。
前回の診察では、主治医のS先生は「生理を止めることまでしなくて良いと思う」と言っていました。

同じような治療を受けているお友達に聞いてみたところ、彼女の主治医は女性ホルモンの値を見ながら、生理が戻ってきそうならば注射をして、生理が止まったところから2年間は止めておくのが重要との考えだそうです。
わたしのように、ホルモン受容体、HER2のいずれも陽性の「トリプルポジティブ乳がん」の場合、生理がHER2遺伝子に影響する可能性があるためだとのこと。
それを聞いて、やっぱり卵巣機能抑制を行ったほうがいいのではないか、と思ったのです。

ぽ:「生理はやっぱり2年は止めておいた方がいいようだと勉強したのですがどうなのでしょう?」
Dr.:「今は生理は?」
ぽ:「まだ来てないんですけど~」
Dr.:「だよね。だから止める必要ないよね。」
ま、今は術前の抗がん剤の影響でまだ戻ってきてないですけど~。

ぽ:「今後来た時は?」
Dr.:「リンパ腺転移がたくさんあって、ホルモン治療がよく効く人は生理を止める治療をすることはあるんですけど、生理を止める薬を2年間追加しても、しなくてもあんまり変わらないとガイドラインが出てます。昔は一生懸命やったんですけど、どうやらあんまり変わらないんですね。」

ぽ:「生理が戻ってきたとしても、それはHER2遺伝子には影響はないんですか?」
Dr.:「HER2の遺伝子の流れとホルモンの遺伝子の流れっていうのは確かに交差している部分があるんですけれど、ぽめさんの場合は手術で取ったところにHER2の陽性のものは無かったので、ハーセプチンがかなり効いているんだと思うんですよね。だから、術後のハーセプチンをダメ押しでやって、それでいいと思います。」

なるほど~・・・
わたしの場合は、リンパに転移がなかったこと、術後病理でHER2が陰性になっていることから、卵巣機能抑制はしなくても良いのかも。

ドクターの話では、リンパ腺に転移していて、それがホルモンの効くタイプのガンならそういう治療をすることもある、ということでした。

自分では、リュープリンやゾラデックスをやった方がリスクが大きく下がるなら、やっておいたほうが安心だと思う気持ちがありました。
反面、術前のFEC、ドセ+ハーセプチン、手術、放射線、術後ハーセプチン、タモキシフェン・・・たくさんの治療でたくさんのお薬を受け入れてきたカラダ、必要でないならこれ以上余計にお薬を入れたくない、という気持ちもありました。

今回のS先生の説明で、納得することができました。

後からまた少し調べたところ、ホルモン治療に関する↓こんな記述も見つけました。

抗がん剤を使用した後に、ゾラデックスまたはリュープリンを使用することで、より再発抑制効果が強くなるかについては、現時点では明らかではありません。40歳未満の人に対しては、効果がありそうなデータはありますが、確定的ではありません。現在大規模な臨床試験が行われているところです。

どういった組み合わせを選択するかは、患者さんの状態や治療の好みによって異なりますので、担当医とよく相談してください。



わたしの場合、40歳を過ぎている、というのもポイントかもしれませんね。
本当に、乳がん治療というのは一人ひとりオーダーメイドだし、まだまだ臨床試験中のモノもたくさんあります。
一つ一つ、不安なことは確認して、納得して受けていくことが大事なんだな~と改めて思いました。


診察を終えて、診察室を出るとき、もう一つ気になったことを行ってみました。
ぽ:「先生・・・」
Dr.:「はい。」

ぽ:「緑茶、珍しいですね」

わたしの知る限り、S先生はいつも近所のコンビニ・ロー○ンのジャスミン茶のペットボトルを机に乗せています。
この日は初めて緑茶のペットボトルがっ

傍らに立ってる看護師さんが頷きながら笑ってました

Dr.:「え、あ、い、いつもロー○ンの一番安いヤツ買ってくるの・・」

いつも無表情な主治医がちょっと恥ずかしそうでした



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
02.05

告知から一年。やってきた新しい家族♪

以前からムスメ達が「動物を飼いたい」と言っていました。
わたしの治療も一段落したし、動物のお世話をするというのは、子ども達にとってもいいことかもしれない、と思い、飼うことにしました~。

犬が飼いたいという気持ちもあったのですが、最終的に落ち着いたのは


20140205174821452.jpg

家族全員一目惚れ。
がっちりハート奪われました。


おとといやってきた新しい家族です。
我が家の長男~

そして、一年前の昨日、2月4日、確定診断で、乳がん告知された日でした。
命のことを否が応にも考えさせられたこの一年。

我が家にやって来てくれた可愛い命。
ムスメ達もきっと大切にしてくれるでしょう。
大事に育てていきます。

ちなみにうちにはもう一匹ペットがいます。
この子

201402051757325db.jpg
ミナミイシガメのくーちゃんです。
この子はもう6~7年一緒に暮らしています。
愛嬌のある目元と鼻の穴がかわいいヤツです

そんなわけで、うちには『ウサギとカメ』がいます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:12  Trackback:0
2014
02.03

デコボコにも程がある。

昨日の夜、わたしの住んでいる地域は濃霧でした~

夜、ダンナから電話がきました。
「霧のせいで電車動かない。途中の駅まではなんとか一本だけ電車が走るみたいだからその駅まで迎えに来て」と。
車もちょっと怖かったです

20140203232358ffa.jpg 20140203232357e31.jpg

娘たちは窓から外を見て「わあ!!外がなんか、もわ~~ってしてるーーー」と興奮してました。
なんだか変な天気です。

今日は桜の咲く頃の陽気でした。
なのに明日は雪が降るかも、と。

暖かかったり寒くなったりで、ますますホルモンの副作用なのか気候のせいなのかわかりにくくなりそう・・・
(^_^;)

********************************************
以前書いた記事で触れた、手の親指の爪。
3週間ちょっと経ってこうなりました。

20140202215038d69.jpg

20140202215037de8.jpg

見事すぎる曲線・・・
特に右は凹凸が大きすぎて「波打ってる」というより大変形レベルです。

ちなみに1月10日の記事の時は
20140110103655f6e.jpg

新しく伸びてきた部分は正常な厚さ、ということでしょうか。
それにしてもイビツすぎです(ノД`)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村







Comment:2  Trackback:0
2014
02.01

ホルモン副作用と片付けられないわたし。

Category: ホルモン治療
2月ですね・・・
わたし、去年の初めに乳がんがわかったので、2013年は一年間たら~りたら~りと生活していまして、家のことがおざなりでした。
今年、2014年は、時間がかかっても去年のグータラでガチャガチャしてしまった家の中を整理整頓しながら過ごそう。
と、密かに思っていました。

ちょっとづつでもいいから・・・と思っていたのですが。
今年も1ヶ月が過ぎ、わたしのお片づけYEARの経過は・・・
進み具合があまりにもちょっとづつ過ぎて、こりゃ何年かかかっちゃうかも、という感じです。

2月からはもうちょっと調子をあげてお片づけ、整理整頓、断捨離、収納、清掃・・・とにかくキチンと取り組んでいきたいです。がんばれわたし。


と、いう訳で、片付けが進まないのを、去年の暮れから始めたホルモン治療で言い訳しようかとも思ったのですが。
これが、大した副作用がないのですww

タモキシフェンを飲み始めて、一番恐れていたのは「ホットフラッシュ」でした。
これに関しては今は感じません。
ただ、カーーっとなる感じでは無くて、ジワ~っと熱くなる感じは時々あります。
これはホトフラじゃないのかな~わからないな~。という感じです。
こんな寒い時期なのですが、寝汗をかいて目が覚めたりします。でも、「厚着しすぎ?」なんて思ったりもするし・・・
なにせ「ホトフラ」なるものがどういう感覚かわからないので、ピンときません。
初産の時、破水しても、陣痛が5分置きに来てても、わからなかったのと同じです~
陣痛って言われてもどれの程度の痛みかわからないし。
「ホトフラ」と言ってもどの程度の火照りかわからないし。
と、いう感じなのです。

次にわたしが気になっていた副作用は「イラつき」です。
更年期の症状のようなものが出るホルモン剤。イライラしたりするとブログに書いている方がいました。
子ども達にイライラして怒っちゃったりするのかな・・・と心配でした。
でも、いつもと変わらないです。
イライラすることはするし、今までイライラしなかったことはしません。
「副作用でイライラして怒鳴ったりしちゃいけない」と、意識してしまったせいか、
むしろ子ども達に優しい母になっちゃった気がします。
いいのか悪いのか。

副作用として一つ気になるのは、
「吹き出物」です。
ホルモン剤を飲み始めてすぐに今までにないペースで吹き出物があちこちに出来始めました。
これも実際副作用かどうかはわかりませんが、ホルモン治療を始める前と比べて気になることです。

そんなこんなで、ホルモン治療始めて1ヶ月と少しです~。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村










Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。