--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.29

新しいいのちに会いに行く~前座。

少し前のことになりますが。

今月の20日に、お友達のkokoちゃんの赤ちゃんが生まれる、という記事を書きました。→

無事に可愛い赤ちゃんがこの世にやってきました。

先日、ブロ友hikari。ちゃんと一緒に、kokoちゃん&赤ちゃんのところへ面会に行きました。

面会時間は午後からなので、hikari。ちゃんとお昼ご飯を食べてから行くことに。
目的地が築地市場の近くなので、
「海鮮など、どうですか?」というhikari。ちゃん。
か・い・せ・ん
どうにもこうにもテンションアガる響きです~

お昼に待ち合わせして築地へGO!
何を隠そう、(隠してないけど)、ワタクシ築地を闊歩(?)するのは初めて。
場外市場は、お昼過ぎてもすごく活気があります。
自然と気分があがっちゃいます。

hikari。ちゃんのよく行く食堂へ連れて行ってもらいました。

そこでオドロキのパフォーマンスを見せていただきました


201403292135074fd.jpg

ウニが板一枚。しかも北海道産バフンウニ。
オレンジ色の~とろとろで~甘くて~めっちゃ濃厚なウニちゃん♫
ウニをこんな食べ方したことないです~~~

201403292135065e8.jpg

おっきなアサリが入った、出汁の効いたお味噌汁もめちゃめちゃ美味しかったです。

これが驚きのランチ価格。

あっぱれ築地。さすが築地。
hikari。ちゃんありがと~~~(^^♪
こんな海鮮体験(?なんじゃそりゃ?)hikari。ちゃんの案内がなかったらできなかったよ~

でも…
わたしもhikari。ちゃんも、ウニだけでなく、これから会える新しいいのち、こころ躍っていたと思います。
がんばってお母さんになったkokoちゃんにもいっぱいお祝いを伝えたい。
そんな気持ちでした。


至福の昼食を終え、いよいよkokoちゃんの病院へ向かいます。

手続して入院している病室へ。。。

そこは幸せと可愛さいっぱいの夢のようなのんびりした空間だったのですが。

もったいないのでまた次回の記事にゆっくり書こうと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2014
03.27

あしたのエール。

先日、ガン友、えみちゃんとお会いして、ご飯を食べました。

えみちゃんは同じ病院に通うお友達です。

初めてお会いした時は、わたしが手術を終えたばかりの入院中で、その頃術前化学療法を受けるかどうか迷っていたえみちゃんとお話しをする機会がありました。
その頃彼女が感じていた抗がん剤への不安など、わたしもとても理解できる気持ちで、話をしました。
わたしの経過を伝えることしかできなかったけれど、わたしの術前化学療法が功を奏した事は、彼女が術前化学療法へ向かう背中を少し押したのかな、と思います。

けれど、術前化学療法を決断したのはえみちゃんの勇気です。
そして、それはとても良く効いたようです。
明るく前向きなえみちゃんは、副作用も明るく乗り越えていました。
本当に強く、明るい人です。

そんなえみちゃん、明日が手術です。
術前治療を乗り越えて、いつも明るくいっしょにがんばってきた彼女。
抗がん剤が効いて、しこりんも小さく小さくなっているのだから、あとはすっきり残りを取ってしまうだけ。

この間お会いしたのは、手術の直後に使うこちら↓を差し上げるためです。

image_20130915144929dc9.jpg

術後1~2日しか使わないのに、結構なお値段。わたしは金輪際使わない(はず)なのに、もったいない。
ということで、彼女に使ってもらうことにしました。

そんなわけで、入院の前に会うことにしたのですが、我が家の子どもたちの都合で、わたしの家の近くまで来ていただきました。
我が家の娘たちも連れて、待ち合わせのファミレスへ。

子連れなのであまりゆっくりも出来なかったけれど、彼女の手術の前に、相変わらず明るい顔を見られて嬉しかったです。
しかも、手作りのパンやら、いろんなお土産をもらってしましました。
パンはプロ並みの腕前です。
20140327232751cf0.jpg

ラウンドのキャロットパンとバターブレッド。
これが激うま。
なんという女子力でしょう・・・
ほんとうにありがとう。

ラウンドのパンはそのままでも美味しかったのですが、昨日、春休みの娘たちのおやつにフレンチトースト風にしたのが大好評。
201403272327501f9.jpg

中がふわふわなので、卵液がとっても良くしみ込んで、美味しくなりました
ムスメ達はあっという間に平らげて、残っていたラウンドパンは全部フレンチトースト的になってしまいました。
こういうパンをいただくと、自分も習ってみたいな~と思ったりします。(が、習いませんな。)

ありがとう、えみちゃん。
手術前にこんなに美味しいものをありがとう。

明日、いよいよ悪いものが全部取れて無くなるよ。

がんばれえみちゃん。
がんばれ執刀医。

明日はサイコーの元気玉を送ります!!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:6  Trackback:0
2014
03.26

ハーセプチン単独9回目~初めての一人お料理の顛末

3月20日(木) 
ハーセプチン単独9回目・通算13回目を受けに行きました。

投与前に腫瘍内科の先生の診察…が、めちゃめちゃ混んでる!!
座るところもないくらい。
こんな時、「乳がんの患者っていっぱいいるんだな~」と実感します。

診察室に呼ばれるまで1時間半。
さて、やっと腫瘍内科の先生に会えました。

Dr.:「こんにちは、ごめんなさいね、今日混んじゃって、お待たせしちゃって。」

先生が悪いわけじゃないけど、こんな風に謝られると、やっぱり優しい気持ちになるものです。
お医者さん達も、いっぱい患者さんを抱えて大変なんですよね・・。

Dr.:「爪はどうですか?」
と聞かれたので、最近の爪の状況を報告。

ドクターによると、
「ハーセプチンは副作用がほとんど出ないと言われるけれど、爪の変化を訴える人が時々います」とのことです。
「(ハーセプチンの)有名な副作用というわけではないのですけど・・」と。

前の抗がん剤の影響を引きずることもあるけれど、ラストケモから8ヵ月近く経つことを考えるとそれはあまり考えられないかも、と。

爪が生えかわる経過を見ましょうということになりました。

それから、術後半年のフォロー検診として、マンモグラフィーと、エコーの検査予約を入れてもらいました。

と、ここでわたしの携帯に長女はぁちゃんから電話がかかってきました。

「ホットケーキ作ろうと思うんだけど、作り方教えて。」
・・・・・あーーー、今日から午前授業だったんだ!!!

次女きぃちゃんはもう春休みなので実家にあずけて来たのですが、はぁちゃんのケアをぽっかり忘れてました。
てか、もう給食終わってたのか~(^_^;)

「ホットケーキの作り方は一応パッケージの裏に書いてあるけどね・・・」
と言いながら、丁寧に説明しておきました。

かきまぜ方とか、火の加減とか、火の始末も気をつけるように、とか、細かく伝えて、電話を切りました。

そのあともケモ室が激混みで、だいぶ待ち、ようやくハーセプチンが始まりました。
スマホを見るとはぁちゃんからメールが入っています。
タイトルは「ホットケーキ」

メール開けてみたら・・・

一作目丸こげ
20140326093104bca.jpg

二作目ぐちゃぐちゃ
201403260931053c6.jpg

・・・・・(@_@;)

もう6年生になりますからね・・・
ちょっとは教えておかなきゃね・・・・
でも、午前授業ってこと、忘れてて、ごめんね。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





Comment:6  Trackback:0
2014
03.23

おかしな涙腺*2 ただの傍観者のはずが。

Category: 日記
次女きぃちゃんの卒園式の翌日、長女はぁちゃんの通う小学校で卒業式がありました。

と、いってもはぁちゃんはまだ卒業しません。5年生なので。

でも、これまで度々書いていますが、わたくし、今年度PTA役員のため、卒業式、参列してきました。
おこがましくも「来賓席」。

ひとりひとり、卒業証書を壇上で受け取る6年生。
みんな所作がパリッとしていて立派です。

人前ではほとんど泣かないわたし。
まして、この卒業式は「観覧者」。
なのに、また、不覚にも泣いてしまった。

実は、ガン友さんのお子さんが卒業生だったのです。

そのお子さんは、とってもキリッと立派に証書を受け取っていました。
その姿に胸がいっぱいになりました。

お母さんの病気で、お子さんは大変なこともいっぱいあったでしょう。
お母さんは、自分の病気と、お子さんのことを想って、苦しく辛い時もたくさんあったでしょう。
お母さんも、お子さんもがんばってがんばって、こんなにたくましく卒業式を迎えている。

そう感じるとわたしの涙腺はどうにもこうにもゆるゆるになってしましました。

周りの人はから見れば、
「えっ?ぽめさん、泣くの?ただの来賓なのに?」
だったかもしれません。

ま。いいや。

しかし、わたしの涙腺ゆるゆる、この後さらに加速しました。
卒業生のとてもしっかりした言葉の数々。歌。「旅立ちの歌」とか。知らない曲も何曲か歌ってました。
最近は「仰げば尊し」とかは歌わないのね。

そんな時、卒業生の担任以外の先生がびっくりするほど涙を流している姿。

あ~、先生たち、みんな、生徒を見ていてくれてるんだな~。

なんとなく、昨今の学校の先生というのは、ドライなイメージがありました。
今年役員をやって、学校の先生方との関わりも多くあり、校長も、副校長も、他の先生も、生徒のことをたくさんたくさん考えて、心を砕いて力を尽くしてくれているのだと知りました。

先生方が卒業生の姿に涙を流す姿に、いろんな想いがわいてきて、また泣けちゃいました。

なんだろう。
病気になってから、図らずも、涙もろくなってしまったようです。

あたしも年取ったな~、なんて感じです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:4  Trackback:0
2014
03.21

おかしな涙腺*1 なんでここで泣くのか?

Category: 日記
次女きぃちゃんの卒園式を前回の記事にUPしました。

卒園式の1週間くらい前に、最後の保護者会がありました。

この場で、お母様方がひとりひとりコメントします。
自分の子どもの成長振り返って涙を流すお母さん方がいっぱいいて、なんだかしんみりするのが最後の保護者会の特徴でもあります。

そんなお母様方の姿にちょっともらい泣きしそうにになりながらも、その辺りは案外感傷的になりにくい現実楽観思考のわたし。
「人前で涙を見せないのが美徳」的な潜在的価値観もあり、涙は我慢するタイプです。

そんなわたしが、隣に座っていたママ友が話し始めた途端に涙があふれて、不覚にも嗚咽するくらい泣いてしまいました。


隣に座っていたママ友。
長女はぁちゃんが幼稚園の時からのお友達のママでした。

母同士も一緒のお料理教室に通っていて、お付き合いさせてもらっています。

次女きぃちゃんと同じ年にもお子さんがいて、一緒に幼稚園に通っていました。

そんなお友達の家には、今はパパがいません。


とても優しくて、子どもたちをとても大事にしていたパパでした。
幼稚園の行事にもたくさん協力して、参加してくれるパパでした。
お子さん達も、パパが大好きで、お仕事に行くパパを泣きながら追いかけるのだと聞いたことがありました。

そんなパパが、突然病気になりました。
ずっと具合が悪かったらしいのですが、なかなか原因がわからず、病名がわかった時には、もう手の施し様がなかったとのことです。

きぃちゃんと同じ年のお子さんが入園するとき、パパは入院中でした。
そのことを知っていながら、そのママ友や、お子さんに、かける言葉もうまく見つけられず、胸が詰まる気持ちになったこと、今でも思い出します。

その入園の数週間後、パパは亡くなりました。
本当はもっと早くに余命宣告の期限は来ていたのですが。
お子さんの入園を見届けて、逝かれたように。


そのママ友さんが保護者会で話し始めた途端にわたしの涙腺がぶっ壊れました。
あの入園式、お母さんとお子さんの姿にすごく切なくなったこと。
その数週間後、パパが亡くなったことを聞いてとてもとても悲しくなったこと。
あれから3年。
彼女にとっても、お子さんたちにとっても、ほんとうに大変な日々だっただろうと思った。


そんな想いで、いっぱいになって、隣に座っていた彼女のコメントにしゃくりあげるほど泣いてしまいました。

周りの人から見たら、
「ぽめさん、なんで今泣く!?しかも号泣!?」と思われたでしょう。


ま。いいや。

今までうまく声をかけられなかったけど、「あなたのご主人のことを思い出して泣けてしまった」と、彼女にメールで伝えました。
「いろいろ大変だったなあ、とわたしも涙が止まらなくなった」と返信がありました。

大変な3年間だったよね。
でも、わたし、思うんだけど。
あなたのお子さん達、本当に素敵に育っている。
優しいし、強いし、元気だもの。

パパはきっと、こんなお子さんに育って欲しかったはず。
3年間がんばってきたね。

これからも、一緒にがんばっていきたいです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:4  Trackback:0
2014
03.20

いっぱい、いっぱい、ありがとう。

Category: 日記
3月18日(火)

次女きぃちゃんの卒園式でした。

きぃちゃんの卒園とともに、わたしの幼稚園とのお付き合いも卒業です。
子どもがいちばん子どもらしいのは幼児期だと思う。
生意気になってきたと思う年長でも、振り返れば可愛いものです。
終わっちゃうんだな~としみじみします。

20140320200115379.jpg

あの、「おもいでのアルバム」っていう歌には、どうにもこうにも涙腺やられちゃいますね。。
「い~つの~こと~だか~ 
思い出してご~らん~
あんなこと~こんなこと~あったでしょ~♪」

うん、うん、あったね~、あんなこと、こんなこと。

やっぱり泣けちゃいました。

わたしの病気のせいでムスメ達には随分負担をかけてしまったと思います。
でも、治療ですったもんだしていたわたしを助けてくれるかのように、ムスメ達はいつも元気でした。

そんなわけで、きぃちゃんは・・・
201403202001171ec.jpg
今年1日しかお休みせず、精勤賞。
しかもこの1日の欠席もちょっとずる休み的な感じでして。
ずる休みはともかく、精勤賞もらうほど元気にがんばってくれたきぃちゃんに感謝です。
おかげでかあちゃんは治療がんばれたよ。

幼稚園にも随分お世話になりました。
特に主事である園長の奥様の顔を見ると、壊れたように涙が出ちゃう。

抗がん剤のための通院に時間がかかってお迎えに遅れた時も、気持ちが悪くなってバス停に行けなくなった時も、
「大丈夫ですよ~」「いいんですよ~」「気にしないでください」
と、優しい声で言ってくれました。

卒園で、園長と奥様にごあいさつしようとして、声を詰まらせたわたしに
「お大事にね」と言ってくださいました。

本当に、本当に、わたしは、先生方にも、ムスメにも、助けられてがんばってきたんだな、と実感します。

20140320200116041.jpg
下のコサージュは子どもの為に母・わたしが作ったもの。
上の紙のお花は子ども・きぃちゃんが、母に作ってくれたもの。

こんなふうに親子で手をかけ合うのも、きっと幼稚園時代までなのだろうな、と思います。

わたしを支えてくれたムスメ達、ムスメとわたしを支えてくれた幼稚園の先生。
本当に本当にありがとうございました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





Comment:6  Trackback:0
2014
03.20

フレフレ・出産。

今日はお友達の出産予定日。

帝王切開で大切な赤ちゃんが生れてくる日です。

遠いご自宅から、治療のために東京で一人暮らししながらの妊婦生活。
「私、バカだからあんまり辛くないんです~」
そんなわけがない。
いくら前向きで、明るい彼女でも、ご家族と離れて、赤ちゃんと抗がん剤治療を抱えての生活は、不安な時もしんどい時もあったはず。

先日のオフ会にも出産4日前の大きなお腹ちゃんを連れて参加してくれて嬉しかったです。

やっとやっと、大切な赤ちゃんに会えるね。

目一杯の元気玉、送ります!

がんばれkokoちゃん。
がんばれ赤ちゃん。

早く会いたいです。

yjimageCAC6BXYL.jpg

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
03.19

ランチオフ会in大都会丸の内~

Category: オフ会
前回の記事で、念願叶ってブロ友あきちゃんとの対面を果たしたワタクシ。

2人でお茶した後はランチオフ会へ向かいました。

このオフ会は、あきちゃんの東京遠征に合わせて、せっかくなのでたくさんの仲間と会えたらいいな、ということで企画しました。
この日の参加者は全部で10名。

集合の5分くらい前に行ってみると、もう5人の方が待っていてくれました。
早々に集合していざお店へ・・・
しかーし!ネットで調べて予約したものの、なにしろ「おのぼりさん」なわたし。
土地勘ゼロ。
むやみに歩き始めたけど、
「ぽめちゃん、あっちだよ」
「あのビルの5階だよ」
と、参加者のHikari。ちゃんに連れて行ってもらう。
あれ?わたしって幹事だっけ?
あれ?確か幹事だったかも。

今回のお店はこちら→
半個室です。

メニューはイタリアンのコース~
パスタは3種の中から選べます。写真はシラスと旬野菜のスパゲッティ フキノトウの香り。
他のパスタも、「桜チップ」だとか「新玉ねぎ」だとか「桜風味の桃色仕立て」だとか、春感満載でした

20140317233147aab.jpg

メインはお魚とお肉からチョイス。
白身のお魚、さっぱりして美味しかったです~
2014031723314707c.jpg

初めまして同士の方も多かったのですが、みなさん明るくて朗らかで、会話も弾みまくりました☆
ちょっとびっくりだったのが、今回集まった10人のうち、7人が「トリプルポジティブ乳がん」だということです。
まあ、今回はこのブログを通して参加の呼びかけをさせていただいたので、読んでくださっている方は同じタイプの人が多いのだと思いますが。
それにしても、乳がん全体の10%にも満たないとされるトリポジが、ここでは70%。
なんだか心強くなりますね~。
お金も期間もたくさん費やすトリポジ治療も、同じ大変さを抱えている仲間がいることは、とても励みになります。

東北のあきちゃん(注:東北であきちゃんといっても、海女でもなければ岩手でもありません。)、東京、横浜、東海地方。本当にいろんなところから集まってくれた仲間。
みんなと過ごせた時間は、とてもとても嬉しいものでした。
ほんとうにどうもありがとう。

あきちゃん、MAKI☆ちゃん、みつさん、えみちゃん、6_augさん、ひろのさん、Hikari。ちゃん、kokoちゃん、ちゅらりん☆さん・・・
元気をくれてありがとう。
また会えるのを楽しみにしてます。
これからも、一緒にがんばりましょう。

20140317233148241.jpg

ランチの後は、駅の改札近くまでみんなであきちゃんを見送り、お時間が許すメンバーでお茶して、17時ごろ解散となりました。
今回のオフ会、予想以上にたくさんの方からご連絡をいただき、勝手ながら突然慌てて締め切ってしまって申し訳ありませんでした。
締め切り後も数人の方からご連絡があり、何とかならないかとジタバタしたものの、参加の希望にお応えすることが出来ず、本当に残念でした。
今回ご一緒できなかった方も、きっといつかお会いしたいです


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:6  Trackback:0
2014
03.18

ブロ友さんがやってきた!

3月16日(日)、めちゃめちゃ久しぶりに「東京駅」へ行きました。
東京駅なんて、新幹線乗りに行ったことしかありません。

駅前で高いビル見上げて「おのぼりさん」なわたし。

さて、そんなわたしが東京駅、何をしに行ったかといいますと。

愛しいブロ友あきちゃんに会うため。
そして、あきちゃんを含めたお仲間との、
「大都会丸の内・ランチオフ会」のため。

ランチの前にあきちゃんと2人で待ち合わせ。
遠い東北からやってきたあきちゃん。
ず~っとブログのコメントやメールで励まして、支え続けてくれた大好きなブロ友さんです。
去年の7月、このブログに、「緊張します」と、人生初のコメントを書いてくれてから、たくさんのやり取りを重ねてきました。
ずっとずっと会いたかったから、わくわくしてどきどきして、張り切って行ったのに。
待ち合わせ場所を間違えた「おのぼりさん」なわたし・・・
広すぎるわ、東京・・。

間違えに気づいて急いで本来の待ち合わせ場所に行くと、ちょっとはなれた所から、
「あ、あの人かな?」ってすぐわかりました。
「あきちゃん!!」て呼んでみたら・・・ほらね、正解。

お茶しながら、最近の体調や、お互いの子どもたちのこと、今回の2泊3日のあきちゃん上京物語いろいろ・・など、途切れることなくお話しました。
あきちゃんの住んでいるところは、わたしの両親の故郷。
だから、あきちゃんの言葉のイントネーションはなんだか馴染み深いのです。

もうずっと前からのお友達みたい。
会ったのは初めてだし、初めてコメントやりとりしてからだって、まだ8ヵ月しか経ってないのにね。


術前と術後の違いはあれど、同じ日に抗がん剤を始めたあきちゃん。
同じ日に、同じような気持ちで治療を迎えていた仲間がいたと思うと、本当に励みになった。
ありがと。

さて、この後、いよいよランチオフ会へと向かうのです。

そちらは次回に~

それにしても、お茶する場所を探すにも、軽く彷徨ってしまいました。
広すぎるぞ、東京。(しつこい!)

83ce236a[1]_convert_20140318003048


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:6  Trackback:0
2014
03.14

第二波がやってきた?~爪の経過

今年になってから気になっている両手親指の爪の変形。

前回の記録が2月3日だったので、一か月以上たちました。
現在の右手親指の様子は

20140313130032300.jpg

1ヶ月前はこれ↓
20140202215038d69.jpg

あれ?・・・・あれ?
元に戻ってきてるのかと思ってたけれど…
爪の根元の方がまた凹んでる気がします。。。
というか、凹んでますよね?
第2のくぼみが爪の根元にありますよね・・??
このまま谷・山・谷・山・・・・と続くというのでしょうかっ???

左手親指も見てみましょう。
20140313130034b94.jpg

1ヶ月前は・・・
20140202215037de8.jpg

右手ほど凹凸は大きくないものの、やはりまた根元の方が凹んで伸びてきてるような…

なんでしょう?これは??
最後の術前化学療法からもう7ヶ月。
ハーセプチンは爪への影響はない(もしくは小さい)はずなんですが。

このまま波打つ爪が定着したらいやだな~

気になる爪を頻繁になでなでしたり、まじまじと眺めたりする今日この頃です。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:4  Trackback:0
2014
03.13

2014年2月の医療費

Category: 医療費
2月6日
ハーセプチン単独7回目(通算11回目)
血液検査(ホルモン剤の影響の有無)
42,650円
薬局
タモキシフェン
2,490円

2月27日
ハーセプチン単独8回目(通算12回目)
40,870円

2月分の合計 86,010円
これまでの合計 1,146,754円


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
03.11

一年前は、抗がん剤を始めた頃だった。

去年の今日は初めての抗がん剤(FEC)、5日目でした。

始める前、抗がん剤で自分がへなちょこになってしまったらどうしよう・・・と、副作用への不安と、でも、副作用になんて負けないって気持ちと、抗がん剤の効果への期待と、ごちゃごちゃだったあの頃。

時折不安がわ~~っと大きくなりそうな時もありました。
でも、大事な人たちが笑顔でいてくれるように、一緒にがんばって歩いてくれるように、無理にでも笑っていようと必死だったかもしれません。
あのときはそんな「必死」加減に、自分でも気づかなかったのですが。
振り返ると、やっぱり無理してた感はあったかもしれないと思ったりします。

でも、やっぱり、自分の不安を自覚した上で、それでも無理やり笑ってみる、前向いてみる、それがいつの間にかチカラになった気がします。
「大丈夫」「きっとうまくいく」この呪文はわたしには必要だったと思うのです。

そもそも単純なので、思い込むとそうなるタイプ
まあ、元々能天気ですし。

これからも自分に呪文をかけながら、元気の歩んでいくのです。

抗がん剤が始まった1年前、副作用で毎日の幼稚園弁当作りが出来なくなるかも、との不安に襲われましたが、結果、一度も休まず作ることが出来ました。
かなり手抜き弁当になりましたが。
成せば成るもんだと思ったものです。

そんなお弁当作りも昨日で最後でした。

20140310235848dfe.jpg


長女はぁちゃん、次女きぃちゃん、合わせて6年間作った幼稚園弁当も卒業です。
ちょっとしんみりしますが、来年の4月から、長女はぁちゃんが中学校に持っていくお弁当作りのボリュームが今からちょっと心配....


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:4  Trackback:0
2014
03.09

自毛のカットに行ってみた。

3月5日(水)
術前化学療法が終わって7か月ちょっと。
自毛をカットするため、ヅラを購入した美容院へ行ってきました。

先日こんな有り様となったヅラも、是非ともプロの技でフォローしてもらいましょう。
20140305112048e9f.jpg


無残な前髪に「ぎゃっ!」と多少の動揺を見せた美容師Yさんでしたが、がんばって修正してくれました~。
20140308235104374.jpg
ありがとうございます
これでまた日常生活が送れます~~~。

自毛のカットは後ろを中心にしてもらいました。
201403082351055b8.jpg
襟足のあたりをすっきりさせて、全体的に丸みをもたせて形作っていって卒ヅラへ向かっていくのだそうです。

「しっかりといい感じに伸びてきてますね~」みたいなことを言ってもらって、褒められた気分

同じお店でウィッグを作ったお友達が何人かいます。
一緒にお店に行ったことがある方もいます。
乳がんの先輩から教えてもらったお店で、初めからとても安心してお願いしていました。

美容師Yさんが
「○○さんは、もうきれいな髪が伸びて、この前いらした日にそのままウィッグを外して帰られましたよ~」
「◎◎さんは、脱ヅラしましたってメールをくれて、写真も送ってくれたんですよ~」
と、嬉しそうに話してくださいました。

「そういう風に脱ヅラしていく姿を報告してもらうと嬉しいです」というようなことをおっしゃっていました。

医療用のウィッグ専門の美容院。
一般の美容院の美容師さんとは少し違った想いがあるんだろうな~としみじみ感じました。

そういう美容師さんにもわたしは守られて、支えられているんだな。

卒ヅラっていうのも初めてなので、まだしばらくご指導いただかなければなりません~~。
美容師さん、よろしくお願いいたします


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:12  Trackback:0
2014
03.06

命日。

Category: 家族のこと。
今日は、ふたつ年下の妹の命日です。
26年前の今日でした。
妹のことは以前にも記事の書いています。→

その日、朝から外出していたわたしが帰宅したのは夜でした。
当時はもちろん携帯電話などないので、連絡の取りようもなく、両親は、妹の亡骸と一緒に自宅でわたしを待つことしかできませんでした。
今だったらすぐに連絡がつきますね。便利な世の中です。
こんな便利な世の中を、妹は想像もしなかったでしょう。

あの日、家に帰ると、わたしよりも先に訃報を知った親戚が集まっていて、何が起こったのかわからず、立ち尽くしました。
「あれ?なんだっけ?死んだって、どういうこと?あー、体が弱かったんだっけ・・・あれ?でも今日の朝、いってらっしゃいって言ってたし・・・」
思考がうまく回らない。
あの時の感覚は独特で、あの場でないと感じられない。

当時15歳のわたしは、たぶん生まれて初めて「腰が抜けた」という経験をしました。
膝から崩れて親戚に両脇を抱えられました。
言葉も出ません。
母が、
「死んだんだよ。死んじゃったんだよ。」と言いました。

パチンと何かが弾けたような感じがして大声で泣きました。


あの日から26年。
先日、二十七回忌の法要を行いました。

その時、お坊さんが、
「十三歳でお亡くなりになったということは、きっと無念もあったでしょう。
まだまだやりたいこともあったでしょうし、ご両親やご兄弟も、もっとやってあげたいこともあったでしょう。
でも、生きとし生けるものは、いつか必ず仏様の元へ参る時が来ます。
少し早く仏様の元でお過ごしになられているお嬢さん、妹さんに思いを巡らせて、自分もいつかそこに行くのだということを思いながら手を合わせましょう」
と、いうようなお話をしました。

正直、わたしは妹が亡くなってからずーーっとそう思って過ごしてきたけれど、去年病気になったことで、その思いはまた強くなった気がします。

いつかわたしも行くからね。
それまで、一日一日、がんばって生きるからね。

yjimageCAIBL5WF.jpg

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:4  Trackback:0
2014
03.05

カツラ、燃ゆ。

一昨日。
子どもたちと一緒にバタバタしながら、夕飯にちらし寿司を作りました。

完成してさあ、いただきましょう。
一家団欒・・・
ヅラを外して帽子をかぶって、その外したヅラを見て、じぇじぇっ(@_@;)
前髪がこげてる・・・・
な、なんじゃこりゃ

20140305112048e9f.jpg

料理してるとき、コンロの火、覗きこんだりしたのでしょうか?
地味に引火してたのでしょうか?
いや、全然気が付かなかったです。
どんだけバタバタ料理だったのか・・・

暫しボー然としました。
神様、嘘だと言って。夢だと言って。
と、無理なお願い。

打つ手もなく、チリチリになった部分を慎重にちょっと切ってみました。
ただでさえ前髪はやや切りすぎの感があるわたしのヅラ。
これ以上切ると↓こうなってしまう・・・
image68.jpg

完全に切ることはできない~~~(T_T)
自毛なら、多少切りすぎても、前髪なんてちょっと我慢すればすぐ伸びますが、当然ヅラは伸びません。

悪あがきしてアイロンで伸ばしてみました。
20140305112049041.jpg

ちょっとマシにはなりましたが・・・
やっぱり・・・だめです・・・
しばらく凹んで、お得意の開き直り。

昨日ムスメの学校のPTA総会だったのですが、突っ込まれる前に言いふらしてやりました。
「前髪こげちゃった。」自虐キャラになっちゃった。

みなさまも、バタバタとお料理する時はお気を付けくださいませ。
・・・・こんなのわたしだけか・・・。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:4  Trackback:0
2014
03.04

オフ会参加希望、ありがとうございました。

Category: オフ会
先日お知らせさせていただきました3月16日(日)のランチオフ会について、参加のご希望を下さった皆様、ありがとうございました~

恐縮ではございますが、本日、参加のご希望を締め切らせていただきます。

たくさんの参加のご希望をいただき、うれしく思っています。
ありがとうございました。

参加を予定してくださっている方々。
お会いできるのを楽しみにしております。
今回ご都合がつかなかった方も、きっといつかお会いしましょう

***********************************************************************

昨日はひな祭りでした。

ムスメ達とちらし寿司作りました。
ケーキも食べました。
が、画像撮るの忘れました

幼稚園のお弁当はお雛様弁当でした。

20140304220620321.jpg

幼稚園のデコ弁もあと数回で卒業です・・・

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:0  Trackback:0
2014
03.02

ハーセプチン単独8回目~針刺し上手に感謝♡

2月27日(木)ハーセプチン単独8回目、通算12回目を受けに行きました。

投与前に腫瘍内科の先生の診察。
特に話すこともなく…
Dr.:「変わりありませんか~?」
ぽ:「ありませんね~」

おしまい

Dr.:「8月の手術から半年経ちましたね。なので、まあ、大丈夫だと思いますけど、経過を見る検査をしようと思います。次回のハーセプチンの日に検査の計画を立てましょう。」

半年か~・・・もう随分前のことのようにも感じるし、ついこの間のようにも感じるし…
ま、とりあえず今月、検査をするようです。
大丈夫だと思っても、ちょっとドキドキしますね。

さて、いよいよハーセプチン投与。
前回針が入らず、すったもんだで、くたくたになったわたし(詳しくはこちら→
点滴針刺しに憂鬱を抑えられません~~~
血管を必要以上に温めるこのわたし。

この日は看護師Sさんが登場。
Ns.:「熱かったですか?腕が真っ赤になっちゃって・・・」
いやいや、入れやすくしときました・・・

この看護師さん、これまで何度かお世話になってますが、点滴針刺しで失敗なし。
そんなSさんでもこれまでになく血管を見るのに時間がかかっていました。
やっぱり入りにくくなってるんですね~。
でも、そこはさすがSさん♪
いつもよりちょっと痛みはありましたが、ばっちり一発OKでした。

20140302104056d9c.jpg

ブラボーSさん!ありがとうSさん!
ついでにありがとう、わたしの血管。

ハーセプチンあと6回。
2/3が終了しました。
がんばろう血管。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


Comment:4  Trackback:0
2014
03.01

まどさんの詩(うた)

Category: 日記
詩人のまど・みちおさんが亡くなられました。

104歳。老衰だそうです。

まどさんの詩がとてもとても好きです。
日本人なら、彼の詩を知らない人はいないのではないでしょうか。
「ふしぎなポケット」、「いちねんせいになったら」、「やぎさんゆうびん」・・・・

まどさんの、いろんな目線から世界を見つめられる感性に憧れていました。
いつまでも、純粋に世界を感じられるこころの柔らかさに感動していました。

まどさんのいちばん有名な詩かもしれない「ぞうさん」

『ぞうさん ぞうさん
 おはながながいのね
 そうよ かあさんもながいのよ

 ぞうさん ぞうさん
 だれがすきなの
 そうね かあさんがすきなのよ』

わたしはこの詩が大好きです。
お鼻が長い。それは自慢の個性かもしれない。逆にちょっとコンプレックスかもしれない。
でも、かあさんと同じなんです。
大好きなかあさんと、同じ長いお鼻。
それは、大好きなお母さんを、そして自分自身を愛おしむ気持ちをうたっているように思います。

小さな小さな子どもでも口ずさめるこの詩に、そんな意味を感じたとき、
まどさんの言葉の凄さに気づきました。


まどさんの詩は、小さな虫や植物のビジョンから書かれたものも多くあります。


「カ」

ほうら わたしが
ごはんをたべに来ましたよ
わたしにたべられないさきに
わたしをたたかなくても
いいのですか
そういいながらでしか
日に一度のごはんを
食べに来られない


この詩についてわたしの敬愛する恩師が言いました。
「私たちの人生には、この蚊のような選択をしなければならないことがどれほど多いでしょうか。
そして、蚊を見れば殺さずにいられない人間と、その人間をささずには生きていけない蚊とのことを考えずにはいられないのではないでしょうか」

わたしは、病気になって、治療に向かうとき、なんとなくこの恩師の言葉がこころに浮かびました。


まど・みちおさんの詩には、本当にいろんなモノをもらってきたと思います。
ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村







Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。