--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.24

あともうちょっと。

今年に入って、軽く二度見されるくらいイビツにぼこぼこしてしまっている手の親指の爪。

初めに大きく凹んでいるのを発見してからもうすぐ5か月。
爪が伸びて、その初めの大きな凹みやっと切ることが出来ました。
・・・というか、凹んでいた薄い部分が爪の先の方に来たら、薄いので脆く、割れちゃったという感じです。
2014042414570058f.jpg  

遡ってみます。3月、2月の爪の様子です。
20140313130032300.jpg  20140202215038d69.jpg
 
左手~
20140423224619cab.jpg
 
20140313130034b94.jpg  20140202215037de8.jpg

ちなみに1月。
20140110103655f6e.jpg

分厚くなってる凸部分がもう少し伸びて切れれば、だいぶ常人の爪に近づきます。
でも、この分厚いところ、かなり厚いので爪切りで切るとき結構力が必要な気がする~
手がプルプルしちゃうかも。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
04.23

医療費の恩恵。

Category: 日記
乳がん告知されてから1年2か月余り。
化学療法に、手術、放射線治療、高額でおなじみのハーセプチン、諸々の検査等々・・・
しこたま治療費を支払ってまいりました~

支払いの多くはクレジットカード払い。
毎回毎回何万円もかかる化学療法や、毎日毎日6千円くらいかかる放射線治療・・・
元来ずぼらなわたしは現金では対応しきれないのでした・・

というわけで、これまであまり気にしていなかったクレジットカードの「永久不滅ポイント」
ただ無目的に、むやみに、貯めてきたポイントを初めて活用してみました。

ポイントで交換してみたのは
20140422221530fd3.jpg

ヨナナスメーカーです。
少し前から気になっていたモノ。

冷凍したフルーツや野菜などで、アイスとシャーベットの合いの子のようなクリーミーな「ヨナナス」なるものが出来ます(らしい)。
20140422222405623.jpg

これから徐々に暖かくなるし、冷たいフルーツで作るヨナナス、美味かな~。美味しいよな~
100%フルーツや野菜のヨナナスはカラダにも良いはず
楽しみ~(^^♪

せっせと通う乳がん治療。
カード払いでポイント貯めよう。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





Comment:6  Trackback:0
2014
04.22

エコーの後、病理検査結果の前のランチオフ。

Category: オフ会
先週の木曜日(4月17日)、お腹のエコー検査がありました。

術前の検査で肝臓にしこりのようなものがあったので、念のため調べるためです。

前日は22時以降は食事をとらず、当日の朝食は軽めに、と検査の注意事項がありましたが、「水分の制限はありません」と書いてありました。

いざ検査を始めてしばらくすると、技師さんが
「何か水分摂りましたか?」と。
「はい。お茶飲んでます。」と答えると、
「一口二口ではないですよね?」

なんかわたし責められてる?
叱られてる?
飲んじゃいけなかった??
えっ?それともなにか悪いモノうつってるのかーーーーーっ???

ぽ:「車で来る間ずっと飲んでました。飲み物の制限はないって聞いていたので」
技師:「飲んだのはお茶だけですか?」
へ?種類も関係あるの?
と、思ったら、
「ミルクとかだと脾臓が縮んだりするのでね。水分を摂っていたとすると胃が膨らんでいても矛盾がないってことのなるので問題ないです」

そうか、そうか。
食べたり飲んだりするものが、すぐ検査に影響するってこと、いろいろあるんだな~と思いました。


検査の後、同じクリニックに通うお友達のえみちゃんとランチしました。
行ったのは、以前から気になっていたこちらのお店

ここは「生姜料理」のお店。
薬味の類が好きなワタクシ。このお店行ってみたかったのです~

ランチは、まずサラダが食べ放題。

20140422001237c44.jpg

そして、7~8種ほどの副菜の中から2種を選べ、メインのおかずと、雑穀米、ポタージュスープ。
どのお料理にも生姜が使われています。
20140419215727122.jpg
っつーか、副菜選び、迷いすぎて、何を頼んだのか忘れてしまいました・・。

でも、なんだかんだで、とってもおいしかったです。(感想雑すぎ。オイ(-.-))

おいしいランチの後、近くのタ○ーズでお茶しながらいろんなお話をしました。
3週間くらい前に手術を受けたえみちゃん。
術後脇に炎症が起きたり、液が溜まってしまって注射で抜いたりとトラブルがありながらも、明るく過ごしています。
この日は、午後、えみちゃんの病理結果が出る日でした。

いつも明るく強くたくましく(何かのキャッチコピーみたい)、がんばってきたえみちゃん。
きっと病理の結果も良いはず。

わたしは次女きぃちゃんのお迎えの時間があって、一足先にカフェを出て、帰りました。
えみちゃんの病理の結果が良いことを祈りながら。


その日の夜、LINEで報告がありました。
ほらね、やっぱり病理、良い結果だったね。
安心しました。

わたしと同じトリポジなので、まだまだ治療は続くけれど、一緒にがんばりましょう。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




Comment:4  Trackback:0
2014
04.20

2014年3月の医療費

Category: 医療費
3月はハーセプチン単独が1回、のみでした~。

3月20日
ハーセプチン単独9回目(通算13回目)
40,870円

3月分の合計 40,870円
これまでの合計 1,187,624円


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2014
04.18

またいつか。きっと会おう。

明日、仲良くしてもらっているガン友のkokoさんが、地元へ帰ります。

妊娠しながら、抗がん剤治療を受けるため、遠いご自宅から東京で単身赴任(?)。
出産を無事乗り越えて、とうとうご家族が待つ場所へ帰ります。

kokoさんと初めてお会いしたのは去年の10月のオフ会→
わたしとお友達のまっちゃんで企画したオフ会にkokoちゃんが参加してくれて出会いました。
それ以来、
12月の忘年オフ会で豆腐料理食べたり、
年忘れオフ会で中華料理食べたり(忘年と年忘れ、どう違うかは気にせず
同じトリプルポジティブの仲間ってことで、チームトリポジオフ会でご一緒したり、
ガン友さんのお家へ一緒にお呼ばれして遊びに行ったり、
先月企画した東京でのオフ会にも、出産4日前のおっきなお腹ちゃんを抱えて参加してくれました。

いや~、いっぱい食べた 交流したね~

初めて会ってからほんの半年。
でも、本当にたくさん元気をもらったお友達です。

「妊婦でがん治療、大変だね、って言われるけれど、あんまり大変じゃなかった」と、kokoちゃんはいつも言います。
そんな彼女を見ていると、病気との向き合い方を改めて考えさせられます。
同じ状況でも、向き合い方、とらえ方で、気持ちは全然変わってきます。

kokoちゃん自身は自覚がないかもしれないけれど、
kokoちゃんの強さ、柔軟さ、適応力、フットワークの軽さ、勤勉さ、ポジティブ思考がこの状況を自身の人生のプラスにしたんのだと思うのです。
そうやって、尊い赤ちゃんをこの世に迎え、治療も順調に進めているのだと思います。

年下だけれど、そんなkokoちゃんを、わたしはとてもとても尊敬しています。

先日、最後にもう一度お会いしたいと思い、kokoちゃんの単身赴任(?)しているお家へ行ってきました。
お友達のえださん、みくさん、なごみさん、えみちゃんと一緒に。

ベッドにちょこんと転がっているかわいい赤ちゃん
20140417090810f53.jpg
この間面会した時(生後5日目)よりは少し大きくなっているけれど、まだまだ、ちっちゃい。
う~ん、寝てるだけでかわいい。

まだかかとがガサガサしてないのが羨ましい。
201404170908101cb.jpg
足の指もかわいい

しばらく会えなくなるけれど、あなたのお母さんはとてもとても強い人だから。
見かけによらず肝の据わった、大ざっぱ おおらかな人だから。
安心して大きくなってね。

kokoちゃん。
あなたと出会ったみんなは、あなたにいっぱい元気と勇気をもらいました。
そして、きっと、同じような状況にある人たちの希望の星になってると思います。

ほんとうにありがとう。
また、きっと会いましょう。

治療も、育児も、一緒にがんばろうね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:4  Trackback:0
2014
04.14

ハーセプチン単独10回目~ムスメ、急成長。

4月10日(木)ハーセプチン単独10回目投与のため、クリニックに行ってきました。
通算14回目のハーセプチン。
これを終えれば残りは4回。いよいよカウントダウン、残りわずかです!

この日は術後半年過ぎての経過を見るための検査もしました。

 採血
 ↓
マンモグラフィー
 ↓
胸部エコー
 ↓
腫瘍内科の医師の診察
 ↓
ハーセプチン投与

というスケジュールでした。
久々に盛りだくさんです。

マンモとエコーは同じ人がとってくれました。
初めての若い女性の技師さん。

エコーの時何度も同じところを念入りに見ている気配があると、やっぱりなんだかビクビクしちゃいますね

検査っていうのはもちろん必要ですが、一度がんを経験してしまうと、検査のたびにドキドキして、精神衛生上良くない気がする…

採血や検査を終えて腫瘍内科の先生の診察。
おめめくりくり先生、わたしが診察室に入ると
Dr.:「こんにちは。お子さん達はもう春休み終わりましたか~?」と。
そして、
Dr。:「この間、ホットケーキの作り方を教えてって電話ありましたよね?大丈夫でしたか?」
そうそう。そうでした。
前回のハーセプチンの時くりくり先生の診察を受けていたとき、長女はぁちゃんから電話がかかっていたのでした。
ぽ:「いや~、あの後、すごい画像が送られてきましたよ~」
と、はぁちゃんシェフの力作の写真を見せました。

一作目丸焦げ。
20140326093104bca.jpg
二作目ぐちゃぐちゃ。
201403260931053c6.jpg

ぽ:「これなんです」
Dr.:「。。。え、え”--っっ(◎o◎)!。
先生、いいリアクションです

Dr.:「な、何年生ですか?女子ですか?」
6年生なんです。女子なんです。
今後ちゃんと仕込みます・・・(^_^;)
でも、一応、今はもう少しうまく焼けるようになったんですよ。いやホントに。

さて、本題ですが、
Dr.:「検査の結果が上がってきてるんですが・・・特に問題ないですね。マンモとエコーでは再発はありません」
よかったよかった。

ではまた次回。

ハーセプチンも無事終了して帰宅。

この日は、次女きぃちゃんは学童クラブへ行っていました。
学校の中で設けられている学童で、一年生はこの日からスタート。
初めてでちょっと心配だったので、長女はぁちゃんが下校するときにお迎えに行ってもらって一緒に帰ってきてくれるようにお願いしておきました。

でも、きぃちゃん、学童クラブがめっちゃ楽しかったようで、「もっと遊びたかった」と。
やっぱり第二子って強いです。
長女はぁちゃんは、たまには手抜き 気分転換したい母の気も知らず、一年生になってからしばらくは学童に行きたくないと言っていました。
お友達の影響でやっと「学童に行ってみる」と言ったのは一年生の10月頃でした。

そんな長女と比べると、次女というのは親離れ早いな~・・・。

朝の登校時も、初日に近くの道路まで送っていったら、いつまで送ってくるんだ、と。
不要らしい。
下校の時も、2日間、途中まで迎えに行ったが、もうひとりで帰れる、と言われちゃいました。

一気に大きくなっちゃったみたいです。

もうちょっとイチャイチャしようよ~なんて思ってしまいます

まぁ、でも。
手がかかると「ちょっとは自立してくれ」と思い、甘えなくなってくると「もうちょっと世話をさせろ」と思う。
親というのも勝手なものです


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:4  Trackback:0
2014
04.10

入学式に副作用。

Category: ホルモン治療
前回の記事、次女きぃちゃんの小学校入学にお祝いのコメントいただき、ありがとうございました。

入学式当日、4月7日は、ちょっと寒かったけれど、お天気も良くて、穏やかに過ごすことが出来ました。
サクラもまだ残っていました。

20140409235624060.jpg

学校生活をとっても楽しみにしているきぃちゃん。
入学式の日、「もうお友達2人もできた!天才じゃない??」と自分の社交性を自画自賛。
そうだね。
お友達、いっぱいになるといいね。
わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい~~~(知ってる人は知ってる、昔のハムのCMのキャッチコピー


わたしも一応、入学生の保護者として、礼服にお化粧して、ヅラきっちりかっつり、キツメにかぶって(飛んだりズレたりしちゃいけないので。)参加してきたのですが…
ホルモン治療を始めてから、最初に気になり始めた「吹き出物」

ホルモン治療が原因かはわかりませんが、確かにホルモンを始めてからポツポツと吹き出物が増え始め、次々と増殖しております・・・

このままでは思春期ニキビ世代の人たちのようになってしまう。

ホルモン治療の副作用に、吹き出物って、やっぱあるのかな~・・


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Comment:8  Trackback:0
2014
04.07

ホルモン治療・人並みに副作用あり。

Category: ホルモン治療
ばったばたの春休み。ついに今日が最終日でした。

ホルモン治療を始めてから3ヶ月と10日ほど。
当初はピンと来なかった副作用ですが、どうやらご多分に漏れず、わたしにもきっちりやって来ているようです

治療開始から2ヶ月ほど経って、普段じわっと汗ばむような時があって、
「これはナチュラルに暑いのか、ホットフラッシュというものなのか??」
とにわかに混乱しておりました。

一緒にいる人が病気のことを知っている人や、家族の時は、
「ねーねー、今、暑い?」と確認してみたりします。
自分だけが暑ければ、これはやっぱりホットフラッシュなんだろうと。

すると、どうやら、やっぱり他の人が感じない暑さを感じてるようだ、ということが判明。
周りが快適と感じている中、わたし一人が汗かいてたり。

それでも、「いやいや、わたしにはホトフラなど来ない!」
と、しばらく現実逃避していたのですが。

「カーっと熱くなる」というのが、ひと月前ぐらいからわかるようになった気がします。

夜も大抵、数回は、汗をかいて起きます。
寝ているときはなぜか上半身より足の方が汗が出ます。なぜだ?

それにしても、まだ涼しい時期だから良いものの、これから夏に向けて、「ホットフラッシュ」はちょっと憂鬱です。


まあ、現実を受け入れてホトフラとうまく付き合っていくようがんばります。
なにせ、5年間のホルモン治療ですからね~。


さて、今、この記事を書いている途中で日付が変わり、4月7日になりました。
春休みも終わり、今日は始業式。
そして、次女きぃちゃんの入学式。

20140406232950f21.jpg
長女はぁちゃんも5年前の入学式に着たピンクの洋服。
わたしが塾で教えていた頃の教え子からもらったもので、たぶん15年以上前のモノです。
イマドキは、AKBみたいなチェックとかが多いみたいで、そういう服を貸してくれるっていうお友達もいたのですが、
きぃちゃんはこっちのピンクが着たいんだそうな。

いつの時代も女の子ってピンクにこころ躍るのかもしれません。

あしたはきぃちゃんにとって、一生に一度の小学校の入学式。
わたしは2回目の「ヅラ着用」での入学式。
去年はヅラにマスクでPTA来賓席に座ってました~。
なんだか懐かしいです。

去年のあの時とは違う気持ちと席で、入学式、出席します。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村







Comment:8  Trackback:0
2014
04.02

ホルモン治療3ヶ月の憂鬱と反省と。

Category: ホルモン治療
一週間前のことです。

ホルモン治療始めて3ヶ月。

その副作用か、はたまた春休みで毎日ムスメ達がドタバタと家にいるせいか、
イライライライライライライラ~~~~~となった時に、窓に八つ当たり。

思いっきり閉めた窓に左中指を挟まれましたーーーー
これまでにないくらいのパワーで叩き閉めた窓のサッシにバッチーーン挟まれ・・・
めちゃめちゃ痛いような、感覚が麻痺するようなとにかくサッシに挟まれた類の傷にしては、重傷だったかも

かなりの流血ーーー
わたしを怒らせたとちょっと神妙にしていたムスメ達も血を見て
「やーーーっ!!だいじょうぶ!!??」
大丈夫じゃないし。

はぁちゃんがボソッと言いました。
「あんなに思いっきり閉めるからだよ・・・」

・・・・ごもっとも。

イライラをモノに当たってもいいことないです。
ちゃんとムスメ達に自分の気持ちを話せばよかったのです。

こんなイライラな自分、そして自分が閉めた窓に指挟まるドンくささ、これはタモキシフェンのせいなのか~~?

指の方は、一週間たってやっと少し肉がもり上がってきて痛みが少なくなってきました。
指先の方はまだ感覚が鈍いです。

ぎゃーぎゃー、バタバタケンカして、一日だらだら過ごすムスメ達を横目に
心穏やかに紅茶でも飲みながら、イライラを飼い慣らしつつ過ごしたいもんです。


********************************************************

明日、ブロ友の6_augさんの手術です。
午後の手術だそうです。

今頃病院のベッドで明日に向けてのこころの準備をしているかもね。

精一杯の元気玉、送ります。

がんばれ、6_augさん。
がんばれ、主治医。

元気なあなたに会えるのを楽しみにしています。

辟。鬘・-+繧ウ繝斐・_convert_20140402233651

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:6  Trackback:0
2014
04.01

新しいいのちに会いに行く~ご対面。

お友達のhikari。ちゃんとの「あっぱれ築地、ウニ贅沢食いランチ」を終え、産後入院中のkokoちゃんの病院へ。

おっと、ここで目の保養に(?)前回の記事に載せたウニちゃんをもう一回。
201403292135065e8.jpg
う~ん、幸せ。

さて、ウニはさておき、いよいよこの日のメインイベント。
kokoちゃんと、生まれて5日の天使ちゃんに会いに行きます。

kokoちゃんの入院している病院のハイテクさ加減にやたらと感心しつつ(病棟の入り口の扉横の機械に、受付で渡される面会者証みたいなものに付いてるQRコードをかざすと開く、とか。わぁ~)、産科の病室に到着。

個室に入るとベッドの真ん中にちっちゃい、ちっちゃい赤ちゃんが眠っていました~。

可愛い可愛い。
ちっちゃいというだけで、かわいい。

kokoちゃんのお腹から出てきて、まだほんの5日。
この世の空気をまだ5日分しか吸っていない。
無事にやってきた大切な命です。

眠っていながらむにゅむにゅ、くにゃくにゃと動く赤ちゃん。
いつまで見ていても飽きません。

kokoちゃんもすっかりお母さんの顔です。
「親バカです。」と言いながら、「かわいい~かわいい~」と赤ちゃんを見つめています。
いいのいいの、誰よりもお母さんが「かわいい」っていってあげなきゃね。

病室はとても幸せで、穏やかな空間でした。

抗がん剤治療しながら、いつも明るくお腹の赤ちゃんと一緒に過ごしてきたkokoちゃん。
無事にお母さんになれたことへの喜びは、人一倍大きいと思います。
本当によかった。元気に生まれて、本当によかった。

赤ちゃん。無事に生まれてきてくれてありがとう。
kokoちゃんと赤ちゃんは、わたしや、病気と闘う仲間たちに、希望と癒しと元気と明るさと温かさと喜びと・・・・なんだかとにかく、たくさんの幸せ要素を与えてくれました。

ちいさなちいさな赤ちゃん。
大切な大切な命。

kokoちゃん、赤ちゃん。本当におめでとう。
今はまだ小さなその足。大きく歩んで行けるよう、強く強く育ってね。


20140329213508436.jpg

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。