--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.12

シュールな臨床試験の被験者体験

Category: 入院・手術
あいかわらず術後の燃え尽きコンディション継続中のワタクシです。

ポツポツ更新していきます~

さて、話は少しさかのぼり、手術前日。
麻酔科の医師からお話がありました。
麻酔医は俳優の加瀬亮さんを気を弱くさせて25歳くらい老けさせた感じの
つるっとした薄味な感じの人でした。(伝わんないか・・・わかんないか・・・

麻酔に関する注意事項やそれに伴う手続きなどの説明がおわると、
気弱加瀬医師は「次のことは同意してもしなくてもいいんですけれど・・・」と言いました。
これは「臨床試験」のことについてで、
「手術前の不安ストレスの強度と全身麻酔導入後に生じる循環変動の関係」という課題とのこと。

内容を簡単に言うと、
全身麻酔をすると、どんな人でも普段より血圧が下がる。
そして、手術前はどんな人でも普段より緊張する。ただ、緊張の度合いは人それぞれ違う。
この術前の緊張が強い人ほど血圧が下がりやすいのではないかという仮説がある。
それを調べるためのアンケートに答えて欲しい。という内容でした。

まったく問題ないので、協力しました。

まず、今現在の不安緊張度を0~100で表すと、どのくらいですか?と聞かれました。

ここまで来たら、不安も緊張もするだけ損、と思ってきたので、10とか20かな、と思いましたが、術後お腹すいちゃうかも、とか、(そこ?)
さすがに画像に写らないガンの広がりや転移は心配もあったので、+10で「30ぐらいです。」と答えました。

気弱加瀬センセは「まぁ、ま~、そんなに高くない方ですね」と言いました。

そのほかに、今現在の緊張や不安をはかるような質問と、普段の自分がリラックスしやすい性格か、緊張しやすい性格かを調べるような質問、それぞれ20問づつくらいに「直感で答えてください」と渡されました。

最後にこの研究・試験の結果について、
「別に知りたくないですよね?」と気弱加瀬センセが言ったのですが、
「相関があるかどうかってことですよね・・?ちょっと知りたい気もしますけど・・・。」
と言うと、「えっ、じゃ、じゃ、じゃあ、(結果が出たら)電話しますか??」

なんだなんだ、このたどたどしい感じ。
結果を知りたいってういう人は、あまりいないんだな~と思いました。
書面で送ってもらえたりするなら欲しいけど、電話で説明されるのはちょっとわかりにくいし面倒だと思ったので、「いえ。いいです。」と言っときました。



そして、手術当日。
家族とバイバイして手術室の中へ看護師さんに導かれて歩くわたしの前方に、
麻酔医、気弱加瀬センセが気弱な感じで現れ、
スライドする針がついた細長い白い板をさしだして、
「こっち(板の左の方)を0、こっち(右の方)を100とすると今の緊張はどのくらいですか!?」と。
えーーーー、今ぁぁぁ????

「こ、このくらい」と板についた針をスライドさせると、気弱加瀬センセは白い板をくるっと裏返しました。
裏には目もりが付いていて、
「38ですね」と気弱加瀬。

なんだかその状況のシュールさに内心ウケましたが、38か~と、その数字のリアルさが感じられました。
昨日より、ちょっと上がってる。
しかもとっさに示した針の数値。




この臨床試験の仮説が正しければ、多分わたしの血圧の下がり具合は比較的小さいのかな。

普段の血圧は、上が110前後、下が70~80台くらいだと思います。

術後は上が90台、下が60台くらいだった気がします。

わたしは医療知識はあまりないので、その数字がどうなのかわかりませんが。。。



あ~今日ももうお昼になってる~!!

今日こそリビングの掃除をするのか、ワタシ。
今日こそできるのか、ワタシ。。。。

その前にお茶でも飲もうかな。。。はあ~。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/195-dd5a695e
トラックバック
コメント
手術お疲れさまでした。
気弱麻酔科医、なんか笑っちゃいけないけど、笑えますね(*^▽^*)
そのような臨床試験があるんですね。
今まで複数回手術してきた私、
あまり緊張しないと思ってるのですが、一度えらいドキドキしたことがあるのです。

これとこれは、勘弁!みたいなのは具体的にあります(^_^;)

そういう臨床試験は大切と思います。
参加されて意義あると思いますし、今後ぜひ活用してほしいですね。

桃音dot 2013.09.12 19:21 | 編集
こんばんは~!
なんだか興味深い試験だね!
私は自分が思ってるよりも緊張するタチみたいで。
結果、リンパ生検でも、ポート挿入でも血圧下がって、ちょっとした騒ぎになったから、そういうこともあるのかもね~!
なろんdot 2013.09.12 23:19 | 編集
桃音さんへ

はじめまして。
ご訪問、コメントありがとうございます。

抗がん剤治療の時は、副作用を抑えるお薬の治験もありました。
自分が病気になって、いろんなところでいろんな臨床試験が行われているんだな~と、実感しました。

乳がんの治療も数年で大きく進んでいることを知ったし、こういう臨床試験がいい形で活かされればうれしいですね。

「これとこれは、勘弁!」ってどんなことでしょう?ちょっと気になります(*^_^*)

ちなみに気弱センセは、ワタシ個人的には気弱っぽい佇まいに見えるのですが、実際気弱かは不明です~(笑)
ぽめdot 2013.09.13 00:33 | 編集
なろんちゃんへ

こんばんは\(^▽^)/!

なろんちゃん、緊張しいなの??
意外なような、そう言われてみればそんな風にも思えるような~。

手術、リラックスして向かえるといいね。

それにしても、やっぱり結果、ちょっと気になるわ。
ぽめdot 2013.09.13 00:41 | 編集
そんなギリギリにぃ〜w?!
もし本当に緊張する人だったら、思いっきり切れどころだね( ̄▽ ̄)

でも確かに、色々な治験が行われながら今の医学が進歩しているんですもの。
ちゃんと協力しているぽめちゃんは偉いわ♪
hikari。dot 2013.09.13 17:42 | 編集
hikari。ちゃんへ

さすがに「えっ(;゚Д゚)!」と思ったわ。

ほんと、いろんな臨床試験があるものだと勉強になりました~。
ぽめdot 2013.09.15 12:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。