--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.22

感謝の応酬。

こちらの記事に書きましたが、
わたしが退院した9月2日は長女はぁちゃんの誕生日でした。

実はその翌週、次女きぃちゃんの誕生日がありました。
image_201309212214110b0.jpg

我が家の姉妹は2人とも9月生まれの乙女座♡(乙女・・う~ん・・

それはともかく、こんなわけで、今月2人揃ってひとつ歳を重ねました。

きぃちゃんの幼稚園では、月に一度「おたんじょう会」があります。
その月のお誕生日のお友達をみんなでお祝いしましょう、という行事で、お誕生月の子ども達の保護者も招待されます。
園のホールにその保護者と、全園児、先生方が集まって行われます。

わたしも今月参加しました。
そこで、園長先生がお話をしました。
「9月生まれのお友達のみなさん、お誕生日おめでとう。
みんなはひとつ歳が増えて、大きくなるけれど、それはみんなが自分ひとりで大きくなったのではありません。
おうちの人が、いつも皆さんの事を、元気かな?病気じゃないかな?と気をつけてくれるから大きくなれるのです。
だから、みんなはお誕生日に大きくなるとき、おうちの人にありがとうという気持ちで過ごしてください」
と、いうようなお話でした。

わたしは思いました。

「いえいえ、育ってくれてありがとう。」


どんなに心をかけて育ててもらっても、病気になったりもする。
わたしはちょっぴり親不孝。

わたしは、心をかけて育ててるムスメ達が、元気に、無事にひとつ歳を重ねてくれたことに感謝したいと思いました。

クリスチャンではないけれど、お誕生日に歌われる子ども賛美歌を思い出しました。

「生まれる前から神様に 守られてきたともだちの
たんじょうびです  おめでとう
生まれて今日までみんなから 愛されてきたともだちの
たんじょうびです おめでとう」


生まれる前からも、生まれてきてからも、守られて、愛されて、生きている。

だから、守って、愛して生きていく。

そうやって続いていく。


おたんじょう会では、誕生日を迎える子どもが、毎年おうちの人の顔を書き、ペンダントにしておうちの人にプレゼントします。
今年、年長のきぃちゃんは、最後のおたんじょう会。
わたしの顔を書いてくれたペンダントも3つになりました。
image_201309212214099c4.jpg
こうして見ると、どうやら確かにきちんとどうにか、成長しているようです。


誕生日。
育ててくれてありがとう。
育ってくれてありがとう。

歳が増えることってすごいことです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/205-74194c2d
トラックバック
コメント
お誕生日だったのですね。
おめでとうございました(←なんか変な日本語…)
お二人とも9月生まれの乙女座なんですね。
ちなみに私も乙女の乙女座です(笑)

似顔絵を見ても成長が感じられますね。
ぽめさんの温かさが表現されているなーと
感心しちゃいました。
私も、生まれてきてくれてありがとうの気持ちを子ども達に伝えていきたいです。
毎年誕生日を迎えられることは
ホントにありがたいことですね。

あきdot 2013.09.22 17:40 | 編集
あきさんへ

ありがとうございます。
手術後、立て続けにムスメの誕生日がやってきて、出費がかさむわー(笑)
でも、子ども達の喜ぶ姿が嬉しいです。

小さな病気はいくらあってもいいけれど、願わくば、大きな病気や大けがをしないで育ってくれたら、それだけで十分以上ですね。
誕生日にはそんな風に思うのだけど、次の日にはまた小さなことでプリプリ怒るんだけど・・(^_^;)

乙女なあきちゃんも秋生まれだもんね(^-^)/暦の上ではSeptemberではないけれど~

改めて3枚の絵を並べてみると、成長が分かっておもしろいです。
小さい頃の3年間って大きいですね。
ぽめdot 2013.09.23 17:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。