--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.30

転移の知らせ*1

Category: 家族のこと。
昨日の記事に
「抗がん剤はよく効いて、ガンは殆ど無くなっているけど、ちょっと残ってる」という内容の主治医からの話を書きました。
「残っていた」のは手術で取ったモノの中に少し残っていた、ということで、もう体には無いんですよね・・・
取っちゃったのですから。
それは本当に幸運で、ありがたい事なのです。

でも、まだ治療が続くので、なんだかその辺りが変な感じです。

ダンナも、「病理が出て、それに沿って、これからの治療をするんでしょ?でも、その病理って、もう、ぽめの体には無いガンの病理なんだよね?」と言っていました。

もう体に存在しない病気への治療・・・う~ん、やっぱりなんか変な感じ。

今のところ、調べ得る限りの検査の範囲では、転移の可能性はないけれど、
極微小なモノが万一あった時の備えや、再発予防の為に受ける治療です。

通院や医療費のことを考えるとちょっとモヤっと感はありますが、ま、それも大事な治療、これも経験。
これまでの順調な経過に感謝して、
笑って過ごそう治療生活!

そんなことを考えながら、病理結果が出た翌日、実家の母に報告の電話をしました。
わたしから取り去られたガンがどういうものだったかをざっくりと話して、
とにかくガンはぜーんぶ取っちゃったから大丈夫、ちょっと長いけど予防のための治療が始まるよ。と。
安心して欲しくて報告しました。

母は、それはよかった、というようなことを言いました。
そしてそのあと、
「お父さん、肝臓に転移があるみたいなんだって」といいました・・・。

なんですと?(@_@;)

再発、転移予防の治療、がんばります。。。

続きます…


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/214-14345b62
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。