--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.15

感謝して。

前回の記事で、父のガン転移の経過を書かせていただきました。

本当に多くの仲間から、ご自身の経験や、父のことへのアドバイスなど、メッセージをいただいました。
励ましや、いたわりの言葉で溢れたコメントに胸がいっぱいで、涙が出ました。

本当にありがとうございます。


私ぐらいの年齢になると、親が病気だという話はよくあります。
親が亡くなっている、ということも珍しくありません。

そんな中で、わたしの父(72歳)が多発転移の末期ガンということも、受け入れています。


でも、何かというと「じいちゃんの家に行く」と言って、わたしの実家にいそいそと電話して、迎えに来てもらう娘たち。
そんなじいちゃんが、あと数年で死んでしまうかもしれないんだよ。

いっぱい一緒にお風呂に入ったし、一緒に畑に行って野菜も採ったし、プールにも行ったし・・・
そんなじいちゃんは、あと何年かでいなくなるかもしれないんだって。

孫たちを愛おしそうに見る父を思うと、そんな父を頼っているムスメ達を思うと、

・・・なんだか切なくなるのです。

父の病気のことは子ども達には言えないでいます。


苦しいのは、寂しいのは、悲しいのは、残される者なのです。
無念なのは、辛いのは、残し、逝かなくてはならない者なのです。

どちらの苦しさも、少しでも少なくなればいい。



自分が病気になったことで、父の病気や気持ちへの理解も深くなったと思います。

うまく言えないけれど、自分が病気になって、いろんな事を知って、良かったと思います。
そう言う意味でも、わたしは自分が病気になってよかったと思います。

そして、温かい、力強い励ましの言葉をかけてくれる仲間の存在。
これも病気のおかげ。
リア友に、なんの脈絡もなく
「実は父のガンがあっちこっちに転移してさ~」なんて、世間話普通にできないし。
ここに、自分の気持ちの記録として残すことで、みなさんから励みになるアドバイスや経験を聞くことができます。支えてくれる言葉をもらうことができます。


自分のいのちに感謝して。
病気や治療を経験している今に感謝して。
そして、
支えてくれるすべての人たちに感謝して。

父の病気や自分の治療にがっちりしっかり向き合っていきます。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/235-438674ab
トラックバック
コメント
こんにちわ。
数日間ネットから遠ざかっていた間にそんな事が・・・。

間近で見ている家族は辛いですね。
私の父も一度生死の境をさまよって、
かなり長いあいだ入院、治療していた事があり、
その間のやるせなさは今でも忘れられません。
何度も元気になる父の夢を見ました。
何度も泣きました。

人はいつか必ず旅立つものですが、
分かってはいても身近な人を失う悲しみは癒えませんよね。
残された時間を悔いなく(自分にとって)過ごすこと、
これが全てなんじゃないかと思います。

お子さんたちもいつかは別れを経験します。
そしてより命の大切さを知っていくのだと思います。

まだまだ病後のぽめさんも、まだまだ支えが必要なのに
大きなものを背負ってしまったのですね。
私に何ができるかわかりませんが、
少しでもぽめさんの支えになれたらいいな、と思います。
ちょっとずつでも、元気出してね。
ちゅらりん☆dot 2013.10.15 19:39 | 編集
はじめまして。

乳がん初心者のShihoです。

お父様のこと、辛いですよね。
お子様の気持ちを考えても辛いですよね。。。

いきなりコメントして、お役に立てることなにも言えなくてごめんなさい。
Shihodot 2013.10.16 16:14 | 編集
こんばんは。

そうだね、人に生まれた以上、こうして見送る準備や、「その日」の事を考える事は避けられなくて。

分かっているけど、とてもつらいよね。

何気なく過ごしている毎日だけど、その毎日はこういう本質的な物事の上に成り立っていて、私達はただただ、受け入れて行くしかなくって・・・・。

ぽめちゃんの事も、お父様の事もハグ!!したい気持ちでいっぱいです!(なんて、そんな事言われても困るか、はは(^^ゞ)

頼りないし、聞いてあげることや、ここでコメントしたりするしか出来ないけど、吐き出す事で少しでも慰めになるのであれば、いつでも!

ぽめちゃん一家の心が少しでも穏やかに、悲しい波にのみこまれませんように。

少しでも近い所に心を置いてすごせたら、と思っているので。私でよければ、いつでも、ね。

あまり 無理しないでね。
なろんdot 2013.10.16 17:23 | 編集
ちゅらりんさんへ

コメントありがとうございます。

温かい言葉、とてもうれしいです。

父は何度も入院や手術をしているし、持病もあちこちあるし。。。
近いうちこういうことになるんじゃないかとは思っていたんですけれど。

でも、こうして「その日」への準備ができる、というのも良いことなのかもしれませんね。

ムスメたちにも、父との時間をできるだけ楽しいものとして残してもらいたいと思います。

どうもありがとう。
ぽめdot 2013.10.16 17:51 | 編集
なろんちゃんへ

なろんちゃん、こんにちは。


なろんちゃんは体調どうですか?
術後2週間になるね。

なろんちゃんのハグ、ハートをがっちりしてもらいましたよ(*´ω`*)
本当にあったかい言葉、ありがとう。

こうして「その日」への準備ができる時間があるというのは、ある意味幸運なことかもしれないよね。
大切に過ごそうと思います。
ぽめdot 2013.10.16 18:09 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.10.16 19:47 | 編集
Shihoさんへ

はじめまして。
ご訪問、コメントありがとうございます。

自分のこと、父のこと、いろいろなことがありますが、基本的に「ま、大丈夫。」な感じで過ごしているのですけれど。

こころを配ってくださってありがとうございます。

良かったらまた覗きに来てください。

ぽめdot 2013.10.16 23:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。