--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.14

ひとりにひとつ、大切ないのち。

手術や放射線、大きなイベント(??)が終わるといちいち燃え尽きてタラタラしたいわたし。
怠け者にも程がある。

でも、タラタラする間もなく、放射線が終わってからPTA仕事やら学校の保護者面談やら、幼稚園の参観日やら、ママ友ランチやら、何だかんだあって、タラタラしそびれ、ブログの更新も、家事もおろそかになるわたし。
あ、結局怠け者です。

そんなバタバタの中、
「あれ?去年の今頃もこんな感じだったけ?」と考えて、思い出しました。

去年の事です。
わたしは自分で見つけた胸のしこりんについて、いろいろ調べて、かなり高い確率で「ガンだね」と自覚していました。

ちょうど今頃、クリニックに初診の予約をしたと思います。(そのころ→

自分がほぼガンだと思いつつ、それを誰にも伝えずに年の瀬を迎えていました。

とにかく、子ども達に「普通のこと」がしてあげられなくなるかもしれないと思うと悲しくて、お風呂でひとりで泣いたこともありました。
たとえば、ムスメ達が小学校で遠足に行く時のお弁当、学校に持っていく手縫いの手提げかばん作り、運動会や発表会でのビデオ撮り、提出物の記入・・・小学生や幼稚園児を持つお母さんとして、それまで当たり前だと思ってやってきたこと。
抗がん剤の副作用で出来なくなったら。。。まして、病気で死んでしまったりしたら・・・。

「当たり前」だと思っていたことは、とても特別で、尊いことだったのだ感じた時でした。

生きている、その事こそ、特別なのです。

そのことにおいて、どんな人も同じなのです。

生まれてきたこと、生きていること、それは、みんな同じに特別です。

その特別な時間の中で、何をすることができるか。何を残すことができるか。
母として、娘として、妻として、そして人として、自分の命の意味を。


そんなことを考えていた去年の今頃。
胸にあったしこりんは、それからわたしにいろんな事を教えてくれました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/294-5db5a28d
トラックバック
コメント
ただいま、ぽめさん!
ドセ+α 帰ってきましたぁ

子どもがうまれるってほんっと すごい確率なんですって
自然妊娠って タイミング計っても
いろんなしくみがかみ合わないと っていう
そういう奇跡の積み重ねで 今の自分たちや子供の人生も
いまここにあるんですよね

でも なんか忙しさの中でそういうありがたさを
忘れてたんだなって 最近よく思います

普段していた「あたりまえのこと」
そういったものたちが どんなに特別でありがたくて
大切なものかってこと
今回身に染みてわかった気がします

私は何が残せるかな~
生きる意味 最近の私のテーマです (´ー`A;)
6_augdot 2013.12.15 00:22 | 編集
はじめまして、初めてコメントさせていただきます、おばばママと申します。
ブログ拝見させていただいてました!!

私は6月告知で手術が終わって抗がん剤中です。

本当に病気になって「普通のありがたさ」って感じました。
私も子供に対していままで通りのことしてあげられなくなるのかと思うと怖かったし辛かったです。
でも、治療が進むと同時に意外と大丈夫って思ったのと同時に普通にできることのありがたさをつくづく実感しました。

病気がわかって半年。大変なこともたくさんありましたが、いろいろわかったこともあったし人のやさしさにもいっぱい触れられたし結構これはこれで自分にとっていいこともあったのかな・・なんて思う半年でした。

あ、初コメで自分語りしちゃってすみません(^^ゞ
また、寄らせていただきます!!
おばばママdot 2013.12.15 09:34 | 編集
ぽめさん、こんばんは!
まずは、放射線治療終了おめでございます!お疲れさまでした!!

私も病気になって、これまで当たり前だったことに、とても有り難さを感じます。歩けること、呼吸できること、生きていること、友達と遊べること、美味しくご飯が食べられること、旦那さまや家族が支えてくれていること、何もかもがとても有り難いことだなぁと思います。

これを機に人生を考えてみようなんて思いながらも、私自身はあまり変われず、のんびりゴロゴロしながら時間を浪費していますが、これからは数年間の計画を立てて過ごすようにしてみようかなって思っています。

ぽめさん、1年間お疲れさまでした!これからも、毎年、この時期を楽しく過ごせるようにお祈りしております☆頑張りましょうね〜!!(^^)/
kokodot 2013.12.15 17:54 | 編集
6_augさんへ

おかえりなさい~~(^∇^)

とはいえ、いろいろ精神的に大変だったみたいですね・・・
体調の方はどうですか?

職種は違うけれど、わたしも6_augさんと同じような職場で働いてきて、
生と死、いのち、とかのことを想う機会は多々ありました。

でも、自分がそこに当事者として立つと、そこにはまた違った感情があることを実感しました。

この病気を経て、自分が成長できたらいいな、と思います。

明るい6_augさんの様子はわたしの活力です。
副作用に負けないで、カラダを大事に過ごしてね。
ぽめdot 2013.12.15 18:04 | 編集
おばばママさんへ

こんにちは!
はじめまして。
ご訪問、コメントありがとうございます。とても嬉しいです♡

抗がん剤の副作用や体調はいかがですか?
大事にしてください。

自分は大丈夫、とタカをくくっていたあまちゃんなわたしなので、自分が「普通のこと」を出来なくなるなんて夢にも想像もできなくて。

病気を告知されて、この一年、いろんなことに気づけたと思います。

この気づきに感謝して、これからのも前向きいけたらいいな、と思います。

これから更に寒くなります。
免疫の低下で風邪などひかないように、大事にしてくださいね。




ぽめdot 2013.12.15 18:19 | 編集
kokoさんへ

こんばんは。
放射線、順調に終えることができました。
ありがとうございます。

kokoさんは、いろんな意味で、病気になったことで「当たり前」と思われがちなことから離れて頑張っていまると思います。

それでも、いつも淡々と、落ち着いて頑張っている、お腹ちゃんの成長を喜んで、毎日を喜んで過ごしている。
そんな姿にわたしはとても感動しています。

わたしはそれ程変わりない日常ですか、いろんなことに気づいて感謝する日々は、これまでと違う景色に思えます。

時期的に、風邪など多くなります。お腹ちゃんの為にも大事に過ごしてくださいね。

ぽめdot 2013.12.15 18:47 | 編集
ぽめさん、放射線治療お疲れ様でした。
私と違い、日常の雑務をこなしながらの通院は相当大変だったと思います。
しばらくは、忙しいとは思いますがゆっくり休まれて下さいね。

私もちょうど一年前の今頃、胸のしこりに気づいて、
自分が今まで普通にやってきていたことが何もかも
失ってしまうような気がして絶望的な気分でした。
それが一年たった今もこうして、平和に毎日が遅れていることをあたりまえではなく、
とても幸せな事で、少しぐらい辛い事、嫌なことがあっても
健康で元気なんだからこんなことたいしたことないって
思えるようになったのは、自分にとってとても大きな財産となりました。
自分だけで終わらずに、命の大切さを
娘にも伝えられたらと思っています。
(これは相当難しいのですが)

まだまだこれからが冬本番、お身体に気を付けてくださいね。


himedot 2013.12.16 11:16 | 編集
himeさんへ

コメントありがとうございます。
お互い本当に、てんやわんやな一年でしたね~
(^^;)
でも、病気にたくさんのことを教えてもらった一年でした。
himeさんの言うとおり、「自分だけで終わらずに、伝えたい」、本当にそうですね。

これからの自分の姿勢を通して、伝わってくれたらいいな。

himeさんもカラダ、大事に過ごしてくださいね。
ぽめdot 2013.12.17 02:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。