--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.28

ハーセプチン単独5回目・ホルモン始動!~乳腺外科診察編

Category: ホルモン治療
12月26日(木)
年内最後の通院でした。

術後ハーセプチン5回目、通算9回目です。全18回のハーセプチン投与、ようやく半分までたどり着きました~。
この日は
乳腺外科主治医の診察

腫瘍内科主治医の診察

ハーセプチン投与

というスケジュールでした。


まず乳腺外科の主治医S先生と会いました。

Dr.:「こんにちは。放射線終わりましたね。じゃ~、ホルモン剤、始めましょうかね~・・・ということでよろしいですかね?」
相変わらずゆるいですね~。

ぽ:「はい。」

Dr.:「1ヶ月半くらい飲んでもらって、副作用とか調べますので、ハーセプチンのスケジュールに合わせて予約入れますね~」


看護師さんがホルモン治療について書かれているリーフレットみたいなものを持ってきてくれて、
Ns.:「ノルバデックス、一般名はタモキシフェンて言うんですけど、一日一回、朝飲んでください」と。

ぽ:「これは女性ホルモンを抑える薬なんですか?」

Dr.:「うん、そういうことですけど、女性ホルモンを抑える、というよりも女性ホルモンが細胞にくっつくのを阻害する薬ですね。女性ホルモンそのものを減らすのではないです。」

ぽ:「生理を止めるようなものではないのですよね?」

Dr.:「人によって、生理が不順になったりすることはあります。生理を完全に止めるものではありません。」

ぽ:「今はまだ生理は戻ってきてないのですが、(抗がん剤で止まって以来)今後戻ってきたときはそれを止めるお薬を打ったりするのですか?」

Dr.:「それはしないです。生理が戻った時に、それを止めるお薬はあるんですが、その薬を併用した場合に、効果が高くなるっていう証拠はないんですね。なので、ぽめさんの場合はリンパ転移もありませんでしたから、そこまではしません。」

そうなんだ~。じゃあ生理が戻ってきても、生理を止める注射とかはしなんだな~。

Ns.:「このお薬で不正出血があることもありますし、子宮体がんの可能性が少し上がることもあるようなので、年に一回は子宮体がん、頚がんの検査をしてください。」

ぽ:「以前、子宮がん検診に行ったとき、乳がんの事も話して子宮体がんの検査もした方がいいかと伝えたのですが、不正出血がなければ頚がんだけで、と言われたのですが。」

Ns:「通常は頚がんの検査しかしてくれないと思うので、このお薬を飲んでいるから体がんも検査してくださいと言った方がいいと思います。」

Dr.:「(ホルモン剤は)子宮頸がんはあんまり関係なくて、体がんに影響するので、調べてもらってください。」



なるほど、ホルモン剤は子宮頸がんよりも子宮体がんのリスクを高めるものなのですね~。
ホルモン剤を飲み始めたら体がん検査も必須ですね。


というわけで、わたしもいよいよホルモン治療開始と相成りました。。。。


今回S先生と目があったのは2回ぐらいだったかな~

次は腫瘍内科の主治医の診察に続く~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/303-9bfb4a3e
トラックバック
コメント
今年1年間、治療お疲れ様でした。
年内無事終わって良かったですね。
ぽめさんは治療ごとに
主治医がそれぞれ違うのでしたね。
ホルモン療法が始まってどぉですか?
私は今の所、コレと言った副作用は無いみたいです。
飲み忘れはありましたけど…
長い付き合いになるので、
お互い頑張っていきましょうね(^∇^)
あきdot 2013.12.28 18:58 | 編集
あきさんへ

こんにちは!

クリスマスの翌日にハーセプチンのプレゼントでした~(^^;
なんとか終わってほっとしたけれど、ホルモンの副作用がちょっと心配です~~。

ほんと、長い治療、お互いのんびりがんばりましょうね。
ぽめdot 2013.12.29 11:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。