--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.29

ハーセプチン単独5回目・ホルモン始動!~腫瘍内科編

Category: ホルモン治療
前回の記事の中で、乳腺外科の主治医の診察により、ホルモン治療が始まるんだって、という状況になったわたし。

次はハーセプチンを受けるための腫瘍内科の主治医の診察です。


こちらのドクターはくりくりおめめが可愛い女性のくりくり先生。

Dr.:「外科の方先に行っていただいて・・・ホルモン剤ですね?」
ぽ:「はい、そうですね。」
Dr.:「生理は(抗がん剤で)止まったままですか?」
ぽ:「そうですね・・」
Dr.:「生理がこのままずうっと戻らなくて、完全に閉経してしまったとなると、ホルモン剤も変わるんですね。」

ドクターの話では、
今回わたしが処方された「タモキシフェン」は閉経前のお薬で、卵巣から出るホルモンの働きを止めるもの。
閉経後は副腎皮質から出るホルモンを止める薬を使うのです。ということです。

Dr.:「なので、抗がん剤が終わってから一年経っても、全然生理が再開しないときは教えてくださいね。」
ぽ:「完全に閉経してるかどうかっていうのは、実際に生理が再開するかどうかでしか判断できないんですか?」
Dr.:「一応血液検査で女性ホルモンを測ってそれを指標にすることもあるんですけど、結構アテにならないこともあるので・・・。まだ年齢的にも生理が再開する可能性が十分あるので、とりあえずこっち(タモキシフェン)からでいいと思います。なかなか生理が再開しないっていうことになったら、その時はホルモンを調べてみるという感じで。」
と、にっこり。

ぽ:「そうですか」と、つられてわたしもにっこり。

わたしと同じくらいの年齢でも、こまめに血液検査でホルモンを調べたり、リュープリン注射を打っている方もいらっしゃるようですが、病院や医師によって違ったり、病理のサブタイプによって変わったりするのかもしてませんね。

ではでは、先生、良いお年を。

というわけで、次にハーセプチンを投与しておしまい。


今回はハーセプチンよりもホルモン開始についての説明で終始終えた感じ。
いよいよわたしも噂のホルモン選手。(うわさ?選手?・・・という疑問は受け付けません
5年間ホルモン剤片手に歩き続けます。

5年後の自分を楽しみに、一歩一歩進んでいきます。

20131229115345fb5.jpg




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/305-fa2fb619
トラックバック
コメント
私も抗がん剤で生理が止まったままなのですが、閉経前のタモキシフェンを飲んでます。
でも、リュープリンの注射も始まって、これから生理が復活することがあるのかなぁ?
閉経かどぉかを見極める検査って、どのタイミングでやるんでしょうね?
先生が、今は様子を見ながらやっていきましょうって事なので、しばらくはタモキシフェンをがんばります(^∇^)
あきdot 2013.12.29 19:46 | 編集
あら~
そういうもんなんだ…
なんか …いろんなブログの記事で
もっとこまめにチェックするのかと
勝手に思ってました~(=´Д`=)ゞ

私はどうやるのかしら…
今度 先生に聞いてみま~す_φ(..)
6_augdot 2013.12.30 10:10 | 編集
あきさんへ

コメントありがと!
うれしいです(^-^)

リュープリン注射始まったんですね~。
わたしはどうやらやらないみたいです・・・

リュープリン注射してるうちはホルモンの値はどうなるのかな?
わたしもホルモン治療についてはわからないことだらけ。

これから勉強しよっと。(^ ^)(遅い?)

ぽめdot 2013.12.31 10:32 | 編集
6_augさんへ

そうなんですよ。
なんかホルモン治療に積極さを感じないんですよね、わたしの主治医。

ま、今のところそれに対して疑問があるわけではないのですが。

でも、他の方々の治療との違いがどこから来るのかはちょっと知りたい気もします。

ぽめdot 2013.12.31 10:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。