--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
01.18

ハーセプチン単独6回目~生理食塩水のゆくえ。

1月16日(木)ハーセプチン単独6回目、通算10回目。

この日は珍しく診察待ちの患者さんもいなくて、サクっと呼ばれました。

お目々くりくり先生の診察。
「あけましておめでとうございます」とにっこり。

まだまだ続くハーセプチン。今年もよろしくお願いいたします

この日、気になっていて聞いてみたかったことが2つありました。
ひとつは先日記事にもかいた→手の親指の爪の凹み。

8月の最後の術前抗がん剤からだいぶ日も経ってから伸びてきた部分に凹みが出ているのが不思議なのですが、と言うと、
Dr.:「ほんとですね、ちょっと爪が変形していますね・・ハーセプチンは爪の変化、無くはないですけれど、ここまでガタガタ来ることはないと思いますね~。」

ですよね~。。。

Dr.:「ドセタキセルとかの影響が今更出てきてもおかしくはないので、ちょっと様子を見ましょうか。この後生えてくるのがどうかってことで。」

ということで、スッキリは分かりませんが経過を見るということで。

あともう一点気になっていたことは、点滴のことなのですが。
先日がん友さん達とお話していた時、ハーセプチン単独投与の際、みなさん
「生理食塩水(生食)→ハーセプチン→生食」
という順番で点滴するらしいのです。
最初の生食は点滴の針が血管にキチンと入っているかの確認のため。
最後の生食はお薬を流すためなのだそうで。

でも、わたしは点滴の時パックひとつでおしまいなのです。
生食はどこに行っちゃてるのか!?
投薬伝票には生理食塩水も書いてあるんですが・・・
で、聞いてみたところ・・・

ハーセプチンの前に点滴する最初の生食については、
ハーセプチンはもし万が一漏れちゃったとしても、そんなに強く炎症の出るものではないので、針を指して逆血があって、針が入っていそうだということならハーセプチンを流し始めて問題ないです、と。

ハーセプチンの後の最後の生食については、
生食にハーセプチンを入れて溶かして流しています。
じぇじぇっ(‘jj’)そんなやり方もあるのか!

くりくり先生によると、投薬の仕方は病院によって色々あるのだそうです。
このクリニックでは必要最小限でやってるのです、なのだそうです。

なるほど。

この後、ハーセプチン(生食入り)を点滴して終了。

この日は病院はしごの日で、クリニックの後大学病院へ続くのです~

**************************************************

昨日1月17日、乳腺外科クリニック初受診記念日でした。
一年前の1月17日。
なんだかもっともっと前のような気がします。

盛りだくさんの一年間だったものね・・・
としみじみ。

そんな昨日は、がん友のhikari。ちゃんから先日頂いたアロマキャンドルで癒されて休みました~


201401180958383ec.jpg
ありがと〜♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/325-c1381532
トラックバック
コメント
こんにちは~ポメちゃん(#^.^#)

そっかぁ、木曜日…同じ日に ハーセプチンを受けていたんだね。私は 単独10回目(合計で16回)。ふぅ~んσ(^_^;)?病院によって投与の仕方は 色々なのか~。
私もね、こんなに何回も受けてるのに、一昨日 初めて 30分で薬を流したんだよ。今迄 ずっと長~い時間掛けてたにさぁ。もっと前からやってくれても良かったのになぁ('ε'*)
さくら色dot 2014.01.18 14:28 | 編集
さくら色さんへ

さくら色さん、体調はいかがですか?
子宮がんの検診、お疲れ様でした。

元気なさくら色さん、問題ないとは思いますが、検査って、やっぱりモヤっとしますよね。
無事の知らせを待っています。

治療も、投薬の仕方も、病院によって色々違いがあるようです。

一つ一つ、納得しながら治療を受けていきたいです。



ぽめdot 2014.01.18 21:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。