--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
03.30

乳がんの位置づけ

乳がんはどんな病気でしょうか。

一口に「乳がん」と言っても、それぞれ、みんな違います。
たぶん乳がんに限らず、どんな病気でもそうかもしれませんが・・・

病期や、グレード、タイプ次第で、ガンの状態も治療も違ってきます。


ただ、乳がんは珍しい病気ではないという意識は一般的になってきている気がします。

女性の16人に1人の割合で、一生のうちに乳がんに罹患すると言われています。
小学校のひとクラス人数を40人とすると、4クラスの子どもたちのお母さん達のうち、10人は乳がんになる、という計算です。(単純すぎる上、だいぶ乱暴な気もしますが、あくまでも数の上で・・ということで。ちなみに我がムスメの学年はちょうど4クラス。)
全学年集めたらちょっとしたママさんサークルができそうです。((-_-メ)オイ、だから、乱暴だって。)
当然、小学生のママさん世代に乳がんになる人はそれほど多くないでしょうが。

乳がんの話題では、自分が罹患していなくても、「うちのオバが・・」「わたしの母が・・」「知人が・・」はたまた「ご近所さんが・・」など、身近に患った人いるという人も多いようです。


けれど、反面、どうしても「ガン」というだけで、
重篤で、余命が限られる病だという意識もまた、未だ一般的な気もします。

乳がんでも、ステージや悪性度の幅は広く、誰もがその知識を持っているわけではありません。
乳であろうが、それ以外の部位であろうが、「がん」といえば「ガーーン(゚д゚lll)である。=もうすぐ死んじゃうのでは!?と思う人も多いでしょう。


本当に一概には言えませんが、
あくまでも、今の時点での、わたしの場合の乳がんは、
わたし自身としては「ちょっと厄介で、長い治療が必要な病気」、という意識です。

けっして珍しい病気ではなく、治らない病気ではないけれど、
放射線治療やホルモン治療を行うことを考えると、治療は長期にわたることが予想されるし、
乳がんの予後は10年と言われ、長く転移や再発の恐れがある病気です。



だから、今のわたしの病気は、付き合いが長くなるものではありますが、わたしの中では「重く」ないのです。
もちろん楽観し過ぎはよくないのでしょうけれど。。

ただ、やっぱり治療が少し特殊なところはありますよね。
抗がん剤は副作用が強いお薬で、おハゲになってしまうし、いろいろしんどいし・・、お財布もしんどいし・・


これが、現時点での「わたしの乳がん」のわたしなりの位置づけです。




なぜこんなことを考えたのか??というと・・・
この病気のことをどうやって周りの人達に知らせたらいいか、の問題にあたった時。おのずと考えざるを得なかったと言いますか・・・

ここに至って、わたしがどのように周りの人に知らせているか、についてはまた後日記録したいと思います。













スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/37-1a3acb88
トラックバック
コメント
こんにちは。

本当にね、「がん」と宣告されただけで十分奈落の底に
落とされましたよね。私は看護師をしていますが、やはり
自分がいざ「がん」になるとダメでした(笑)。仕事が手に
つかなかったですもの。割り切れたのは術後かな。

おかげさまで私は化学療法をしなかったので
洋服を着ていれば周囲からはわからない状況。
職場(これは仕方ない)と仲のいい友人、極々近親者だけ
知らせました。子供達は成人していたのでそのまま
ズバリ伝えました。入院も短かったので近所にも知られずに
済んだようです。

私の中の乳がん・・・。
早期だったという気持ちと、全身疾患で長期にわたり
注意していかなくてはならないちょっと怖いという気持ちが
あります。

気づかなかったら死んでたと思うとありがたいんですけどね。楽しく生きていきたいです。
夢かあさんdot 2013.03.31 09:01 | 編集
こんにちは~(^・^)

乳がんは私の身近にありました。
位置づけか~難しいな~
ただ、母が患っていた乳がんがこんなに大変な病気だって事は、
自分がなってからはっきりと知りました(~_~;)

そして周りの人に伝えるのは本当に難しいことです。
実感していますよ、、、
なので2回目の乳がんはほんとに慎重にしてます(~_~;)

夢かあさんもこちらにいらしていたのですね~!
それともっと驚いたのはyukiminさん!!(^^)
お元気そうで良かった♪
ゆうゆうdot 2013.03.31 11:33 | 編集
夢かあさんへ


実際、自分の身に起きてみないとわからないことっていっぱいありますね。

同じようなことが起きても、人それぞれに受け止め方は違いますし、性格や環境で対処も違いますものね。

わたしも今回このような状況になって、初めて考えさせられることがたくさんあります。
人に伝える時、今のわたしがこの状況、病気をどう捉えるか、によって、話す相手の捉え方も違ってくるんだと思います。


なってしまったことは仕方ありません。

少しでも、明るく楽しく過ごせたらいいなと思います。(^-^)










ぽめdot 2013.03.31 18:44 | 編集
ゆうゆうさんへ


こんにちは(^O^)

ほんとに、どんなに身近にいたとしても、実際に自分がガンになって初めて知る辛さはたくさんありますね。
反対に患ってないからこそ必要以上に怖いと感じることもあるかもしれませんし。。

人それぞれ、乳がんへの意識は違うし、伝えるのはなかなか難しいことですね。。。


夢かあさんからもyukiminさんからも、あたたかい励ましをいただいています~。
それにしてもゆうゆうさん、お顔が広い!!





ぽめdot 2013.03.31 18:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。