--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.11

病院をさがそう。

自分のしこりが、ほぼガンに違いないだろうと自覚し始めたわたし。

まず始めたのは、「でも、良性かもしれないし。」というお気楽思考と、乳がんについて調べることでした。

良性かもしれない可能性はありました。
が、自分の中ではいろんなことを総合的に判断して、ガンの可能性の方がが高いと思いました。
でも、乳がんについての知識や情報があまりにもない状態で、受診して、治療をはじめるのはかえってリスクがあるように思ったのです。

と、言うのも、乳がんは比較的進行が遅いガンなので、落ち着いて、自分にあった治療方針を考えて臨むべきと知ったからです。


まず病院選び。
近隣の乳がんを看てくれるところを探します。
ここで、乳がんは「乳腺外科」で受診することを知ります。

胸のしこりをおっぱいのトラブルと思い、産婦人科にかけこむ人は少なくないのではないでしょうか。

乳腺科のある病院は案外限られます。
わたしの家から一番近い大学病院は乳腺外科がありませんし。。

それに大きな病院は、待ち時間が長そうで、子ども達の都合を考えると予約制の小さめの「クリニック」的なところの方がよさそうな気がしました。



乳がん自体についてもいろいろ調べてみました。
検査方法、グレードやステージやタイプについて、手術方法、再建術、再発や転移について。。
にわかに乳がんのいろーんなことを知りました。



乳がんを知れば知るほど、どうやら自分のしこりはガンだなぁとの自覚を高めました。

さあ、いつ受診しよう。


年末年始のバタバタが済んでからにしようかな。。。
1月になったら、病院に行こう。


比較的近くで、乳腺の専門のクリニックで、予約制のところに電話してみた。
12月のはじめでした。

予約専用の電話番号にかけると、「今どうしても気になる症状がありますか?」みたいなことを聞いてくれたけど、「しこりとくぼみはありますが、受診は急がない」と伝えて、年明け半ばに予約を入れました。


あとは、日常を普通に過ごし、受診日を待つだけ。

年末の大掃除をして、子どもたちの冬休みを迎え、お正月を過ごし、新学期を迎えました。

さて、もうすぐ乳腺外科、受診です。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/4-0f05f67a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。