--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.14

針生検とやら

初受診から数日後の1月21日。

胸のしこりに針を刺して、組織を取って、詳しく調べるための検査、そう、「針生検」を受けました。

わたしが、自分のしこりを見つけて以来、あっちこっちのブログ等で目にした「針生検」という記述。
おお、ついにそれを受ける時が来たのですね。。。とドキドキしました。

・・・というのも、この検査、ボールペンの芯くらいの太さ(わたしの通っている病院の看護師さん談)の針を乳にさして、バチンバチンと、けたたましい音を響かせてガンの組織を奪取する。。。というような大変物々しいイメージがわたしにはありました。(勝手な想像(^^;)
人それぞれに、局所麻酔でほとんど痛みがなかったという方もいれば、麻酔しても全然効かなくて、すっごく痛かったという方もいて、とにかく得体の知れない検査だと、恐れておりました

さて、結果から言うと、わたしは局所麻酔がよく効いて、ほとんど痛くない派でした。。

初めに看護師さんが、針を見せてくれて、「麻酔をするのですが、組織を取る時にバチンと音がして、振動があります。麻酔しても振動は感じてしまうので、びっくりしてしまうかもしれません。ちょっと音だけ今鳴らしてみますね」と言って、バチンバチンを聞かせてくれました。事前に聞かせてもらったので、本番ではそんなに度肝を抜かれることもなく、落ち着いて受けられました。

医師も「歯医者の麻酔みたいなものを打ってからやりますね」とゆるーい調子。
麻酔の時も、太い針を刺す時も、バチンの時も、「痛みがありますか?」「これ、大丈夫ですか?」と丁寧に聞いてくれて、安心して受けられました。「うまく(組織が)取れました」みたいなことを言われ、なんとなく自分が褒められたみたいな気分でした


10分くらいで終わり、検査着を着ていると、Dr.がカーテン越しに話し始めました。
「ぽめさん、今話せますぅ?」
ぽ;「え、はい」
Dr.「今回の検査の結果が出るまで2週間あるんで、その間にいろいろ検査しようと思うんだけど、来れる日ある?」

ということで、CT検査とMRI検査の日をその場で決めました。MRIは生理直後が上手く撮れるとのことで、翌月(2月)ということに。。

その後、検査着を着終わると、前回のマンモの画像を見ながらDr.はまた話し始めました。
「(しこりの)形もゴツゴツしているし、まあ、乳がんを考えますね。。あと、しこりの近くにもう一個小さいの(ガン)があるみたいだね。」
そうですか、やっぱりありましたか・・・・(´・_・`)

Dr.「ガンと言うことになったら、まず抗がん剤をやって、手術。温存でいけるでしょう。抗がん剤はだいたい半年だから、手術は夏頃かな」

ぽ;「大きさはどのくらいですか?」
Dr.「えっと、2.1センチ」
ぽ;「そうですか~」
Dr.「抗がん剤をやると、90%から95%の場合ガンが小さくなるから、、ま、稀に大きくなっちゃう人もいるけど、先に小さくして、手術して取る、と。今日の検査でホルモンの薬が効くとか、遺伝子の異常とか、わかるから。」
ぽ;「わかりました」
Dr.「じゃあ、そういうことで、がんばりましょう!」

・・・あれ?これはかるく、うっすらと「告知」されたのかな???
「がんばりましょう」って言われちゃったし。。。(-。-;


診察室を出て、受付ロビーに戻る時、看護師さんが、「2月4日(針生検の結果が分かる日)は今日の結果と、これからの治療方針なんかの説明があるので、出来ればでいいのですが、ご家族といらして下さい」と言いました。

これは本格的に告知に向けた心づもりを促されてますねー。

でも、自分でもかなりの自覚があって受診してるので、ある程度の心的準備はもう出来てたのですが。。

「家族」に言うことはできませんでした。やっぱり針生検の結果が出るまでの2週間、不安なまま過ごすのは、きっとダンナも辛いだろう。
2月4日の結果が出るまで、黙っていよう。と決めました。


この針生検の日は、ダンナの仕事が休みだったので、やっぱり一緒に病院に行っていました。
幼稚園児の次女、きぃちゃんも前の日の日曜参観の代休でお休みだったので、2人が付き添って来てくれていました。でも、2人とも病院には入らず、車の中で待っていました。
わたしの病院が終わると、その後のきぃちゃんの習い事に、時間ギリギリ!!大急ぎで車を走らせました。
その車中で、ダンナには、
「検査結果は2週間後。念のため、いい機会だから他の検査もするみたい。まあ、多分大丈夫だよ。」と、言いました。ダンナは、「ふーん、(検査を)ずいぶんちゃんとやるんだな。」と言いました。



きぃちゃんの習い事には、遅刻しました。。。。(^_^;)



****************************
今日は2月14日、バレンタインデーでした。
この甘い日にわたしたち夫婦は、にがいガンの話をしに、病院に行ってきました。
実は今日、初めてダンナが主治医と会って、話を聞きました。
詳しくは、また順を追って記事にします。


今日はいいお天気だったな。
明日、2月15日はセカンドオピニオンに行く予定。。。

いいお天気だといいな。



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/7-b24d8c09
トラックバック
コメント
はじめまして。
明日に針生検を控えている39歳、4歳と来週で1歳になる娘たちの母です。
先月中旬に受けた乳がん検診のエコーで左乳房に腫瘤が見つかり再検査となり、マンモではカテゴリー3でした。大きさは6-7ミリです。
マンモの後の診察では1年後の検査でいいよーというノリでしたが、写っているものの説明がないので不安になり、専門外来のあるクリニックへ。
再びエコーをし、授乳由来かもねと言われつつ、針生検をすることに。
白黒つくので良いのですが、不安です。世界が違って見えます。
ぽめさんの体調はいかがですか?ブログ、とても参考になります。ありがとうございます!娘たち、家族のために、頑張ります!
Belldot 2016.01.12 00:27 | 編集
Bellさんへ

はじめまして。
ご訪問コメントありがとうございます(^^♪
リコメが遅くなってしまい申し訳ありません。

針生検は無事にお受けになれましたか?
結果がわかるまでの間、心配と不安の中でお過ごしのことと思います。
まだ小さなお子さん達のためにも、悪性の物でないことを祈っています。

わたしは術後2年3ヶ月を迎えようとしていますが、毎日元気にムスメ達とバタバタ過ごしております。
病気を患ったことで、自分自身の事や家族の事などを考え直す機会が多くありました。
日々、感謝して大切に過ごしていきましょうね。
よかったらまた結果お知らせください。
ぽめdot 2016.01.18 09:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。