--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.19

がん患者になりました。

診察室に入ると主治医が「あ、ひとり?」と言いました。

針生検の結果を待たずに、遠回しに「たぶんガンです」と伝えられてたので、この日は家族と来ると思っていたのだと思います。。
でも、針生検の結果が出るまで、確定と診断されるまで、限りなくガンでも、家族には言えませんでした。

自分がガンだろうと思っても、確定するまで、できるだけ周りの人に心配かけたくなかった。。


確定診断された時、どうやってダンナに伝えようか、そんなことをずっと考えていました。


いざ、確定診断の時。

Dr.「針を刺して、検査した結果、あなたのしこりは、乳がんと、まあ、そういうことがわかりましたね~」

ぽ:「はい。」

主治医のS先生は、検査で分かったことをいくつか教えてくれました。


わたしのしこりは、右乳房 浸潤性乳管癌
乳管で出来たガンが乳管を破って外に出て、しこりを作っている状態だと。

今のところ目立ったリンパへの転移は無いが、それははっきりとは分からない。
ガンの大きさはだいたい2.5センチ。

ホルモン受容体は(+)
 
遺伝子異常(HER2)については
Dr.「まだ100%結果が出てないんですよ。±なんで、追加の検査に出してます。」
2週間経ってもまだ結果が出ないんですね~・・・

Dr.「ただね~、ガンの増えるスピードを表す数値ね、これはね、ものすごくねー、早いタイプだね。ポンポンポンと増えやすいタイプですね」
・・・ポンポンポンッ・・・(^_^;)

ステージは2だそうです。

「それで、何をしなくちゃいけないかって言うと~・・」と今後の治療についての話になりました。
差し当たっては大きく分けると

1・化学療法(抗がん剤)→ 手術(温存術)
2・手術(温存術)→化学療法(抗がん剤)

をどちらか選択しなければなりません。と。

Dr.「どうしましょうか。一度お持ち帰りしますか。。」

ということで、今日は、診察室にひとりで来てるので、家族と話してきます。ということにしてもらいました。


それから反対側の左の乳にもエコー、CTでしこりがあり、これをこの後もう一度エコーで詳しく見てもらって帰ってください、とのこと。
このエコーの検査の前に一度、会計受付ロビーに出たので、車で待っているダンナにメールしました。
なんて送ったらいいかちょっと迷ったけど。。

件名 ごめんね~
本文 やっぱガンだった。これからもう一個検査するって

と打ちました。

するとまもなく、車からダンナが次女のきぃちゃんを連れて病院の受付にやってきました。

ダンナ「どうだった~??」
ぽ:「・・・さっきメールしたけど・・」

で、いそいそとポッケから携帯を出して読んでましたよ(ーー;)


わたしはその後、検査着に着替えて、もう一度超音波室へ。

前回は女性の技師さんでしたが、今回は男性。
最初のエコー検査の時念入りに見ていた鎖骨のあたりは、今回もよく見ていたけど。。
「うん、形が・・違うな。大丈夫だ。」みたいな事をつぶやいてました。
そうかそうか、大丈夫か。。。

反対の左の胸のしこりも「大丈夫」でありますように。。。


ダンナの顔を見るのはちょっと辛かったけど、子ども達が一緒だったので、救われました。
ダンナは普通にしてるようでしたが、多分頭の中では、いろいろ考えていただろうと思います。
なんだかんだ言っても多分良性のしこりだと信じていたと思うし。

ふぅ・・わたし、ほんとにガンになっちゃったんだな~。



その日は、はぁちゃんときぃちゃんの希望により、近所の焼肉屋さんで夕飯を食べて帰りました。
おいしかったよ







スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harikari759211.blog.fc2.com/tb.php/9-275f2ffb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。